サヨナラ大っ嫌いな「ワタシ」!自分の事をもっと好きになれる「20の方法」

自分自身を、好きになれなくて
誰があなたを好きになる?

人生の場面場面で、生き方や考え方に共感し、憧れや感銘を受ける人たちがいます。友人・先生・上司・家族・・・。

今回紹介するElite Dailyの記事も、人生を謳歌し女性らしい生き方を貫いた祖母から、女性ブロガーが学んだ経験が綴られています。自分らしく、人生を前向きに生きるヒントがあるかも知れません。

 


 自分のことをもっと
好きになる20の方法

私のおばあちゃんは自分に絶対の自信がある人でした。彼女はあつかましくも大胆で、怖れることなく流行の最先端を行き、それでいて地に足が付いているんです。もう尊敬するしかない!私は自分自身に迷いがある時、おばあちゃんのことを思い出します。おばあちゃんのように歳を重ねたい。おばあちゃんは気づかないうちに、歳を重ねることは「自分になる」ということなのだと私にを教えてくれました。

私が「自分らしさ」を追い求める一番の理由。それは、おばあちゃんが教えてくれた私にとって大切な感情です。それ以外の部分でも、私は日常の生活に彼女の性格を応用するようにしています。私たちは誰でも愛をもらう権利があります。そして、もし愛を自分に与えることができれば、自分以外の誰かに愛を与えることだって難しくないはず。


 01.自撮りを楽しみまくる!

セルフィー(自撮り)の良いところは、何回でもやり直しが利くこと。アングル、ヘアスタイル、笑顔、編集、すべてあなた次第!恥ずかしがらずにチャンスをものにして、一番のキメ顔で撮影しましょう。気分をアゲるための第一歩です。

02.存分にセクシーアピール!

 

もし、お尻に自信があるなら是非、アピールポイントにすべきです! ヒップラインを強調するデニムを買いましょう。最近カップサイズが上がったのなら、胸元の開いたローカットのシャツを着て大胆に行きましょう!若いうちは上品さも下品さも、両方持ち合わせるくらいで良いんだから。

03.ひとりの時間も満喫する

1人でいることに不安を感じてはダメ。Facebookの友達に頼って暇をつぶしたりせず、お気に入りのカフェで読書をしたり、のんびり思索の散歩を楽しんだり、ひとり映画もオススメです。居心地悪いなんて思わずに、きちんと自分の時間を確保して、1人でも行動出来るようになりましょう!

04.赤い口紅をつけちゃう

赤い口紅をつければ、女の子らしい気分にならないわけがありません!赤い口紅で変身したあなたは、もう1人の自分。彼女はあなたより案外、積極的だったりして。

05.謝ってばかりはダメ
もっと感謝する!

他の人を傷つけたくない気持ちは分かります。でも、周りの人すべてを傷つけないようにしている間に、自分が傷ついたりしていません?寛大である人なら尚更。確かに、謝ることは大事、でも、他人を気にし過ぎてビクビクしてはダメです。もし誰かが傷ついたとしても、そのことをあなたに伝えるか伝えないかは、その人次第なのですから。

06.たまには自分を甘やかそう

たまには、ご褒美で洋服を買ったり自分に投資して高価な鞄を買っちゃったり。自分はこれだけ素敵なものを手に入れることができる!と、自信を持って良いのです。自分で自分を甘やかしてあげることもハッピーのためには必要だったりして!?

07.セクシー下着も
「自分のために」

Victoria’s Secretが既にシークレットじゃないのは皮肉なこと。いまやシークレットとは正反対。官能アピール。セクシー宣言!

それも楽しいけれど私はリアリスト。ときには下着を自分だけの(人には見せない)ジョークとして身につけては? あなたがテイクアウトするデリで働くレジ係の彼は、あなたの下着に「Very Sexy」なんて書かれていること知るはずもない・・・。

08.鏡に映る自分と話そう

毎日、自己暗示をかけるのも良いでしょう。鏡のあなたと向き合って、好きな部分を探してみて。そして、鏡のあなた(その部分)に感謝しましょう。大丈夫、やればやる程バカらしさなんて消えて行くから。これが自分に自信が持てる最善の策なんですから!

09.完璧美女をインスタで
ストーキングしない

 

女子なら、憧れのモデルや有名人などキレイな女性達をSNSでフォローしますよね。スタイル完璧美女に熱をあげるのもいいですが、それより自分のプロフィールページも見てください。

きれいな女性に憧れ、自己嫌悪に陥ったままアプリを閉じないで。自分が過去にアップした写真を見直して、自分もどれだけキレイか、どれだけ楽しい時間を過ごして来たかを思い出す方が有効な時間の使い方ですよ。

10.ポジティブでいられる
仲間を増やそう

プライドを傷つけてくるような人とは縁を切って、周りの友人たちにはポジティブな考えを持てる人を増やしましょう。あなたを褒めることを怖れない人と付き合い、気分を盛り上げましょう。そういう人を探し、手綱を引き、決して離してはいけません。

11.毎日がシャンパン記念日

グラスに入ったシャンパンをかかげれば、素敵な気分にならないはずもありません!記念日だけに取っておく必要なんてありませんよ。

12.乗り気でなくても
目元だけはオシャレ!

2日酔いで頭クラクラ、風邪でヘロヘロ状態だったとしても、どうしても家を出なければいけない用事がある。そんな時でも、マスカラだけは着けて行きましょう。目元で相手の印象は全然変わるし、自分の気分も上がってきます。これ、おばあちゃんからの入れ知恵だけどね。

13.「比較」せずに
「区別」しよう!

 

ブレイク・ライヴリーを見て憧れるのは構いません。だって彼女、完璧ですから!でも、彼女と自分を比較してはダメ。

彼女はスタイル抜群の女優であって、銀幕の世界に暮らしていて、自分の世界を愛しているから輝いて見えるのです。あなたはあなたの世界にいて、あなたの世界を愛しているでしょう?

14.奇抜な洋服にも
大胆チャレンジ!

皮のレギンスを買って、デートに履いてみても良いかも。それを履けちゃう自分の1秒1秒を愛しましょうよ!

15.あえて自分の弱みを
オープンにしよう

自分の嫌いなところってありますよね。それを隠さずにオープンにして、それについて人と話しましょうよ。できれば、上(no.10)で紹介したポジティブな友達と。

もしかしたら、なぜ自分のそこが嫌いなのかが、分かるかもしれませんし。あなたが好きでないあなたの一面。そこを隠すということは、自分自身に恥ずかしい思いをさせているということです。

16.目標を立てて達成する
歓びを味わう!

もし、他人に何かを期待するのに罪悪感を抱くのなら、自分自身に期待しましょう。何でも良いから自分に目標を立てることです。自分の人生にポジティブな変化をもたせるために努力しなきゃ。そして、成功したら歓喜に酔いましょう!

17.つけまつげは、
成功の可能性◎

なぜって、つけまつげをするとすべてが上手く行く!本当に!

18.嫌なコトは
楽しかったコトで相殺

昨日のミスをに悔やむのは簡単です。誰かを会話に無理やり引きずり込んだこと。夜中にピザを食べちゃったこと・・・。はい、そこまで!自己愛の名のもとにストップしてください。

エネルギーの無駄使いです。嫌なことを思い出してしまったら、その分、楽しかったことを思い出しましょう。

19.メーガン・トレイナーを
聴きまくれ!

アヴリル・ラヴィーンもテイラー・スウィフトももう古い!やっぱ、イマドキはメーガン・トレイナーでしょ!「All About That Bass」必聴ですから。

20.恐怖に打ち勝つ
勇気を持とう!

どんなことでも、躊躇せずやってみましょう。たとえ意味がなくたって!知らないことばかりの世界に飛び込むことを怖がらないで。どんな結果だったとしても、以前にも増してあなたには勇気が備わったはずです。それに経験値も。


 

何度転んだとしてもそこから這い上がっていきましょう。あなたなら出来ます。きっとあなたはもう、自分自身を愛することに躊躇いはないはずだから。


Licensed material used with permission by ELITE DAILY

平野 宏枝1981年生まれ、ビューティプロデューサー。これまでのキャリアで美容アドバイスをしてきた女性は14万人を超える。顧客の悩みに合わせた「オーダーメ...
平野 宏枝1981年生まれ、ビューティプロデューサー。これまでのキャリアで美容アドバイスをしてきた女性は14万人を超える。顧客の悩みに合わせた「オーダーメ...
「もっとキレイなりたい」というのは、女の子なら誰もが持っている欲望。でも、彼女たちが求めている美しさって、なんでしょう?そんな定義の難しさについて綴ってい...
20代のうちは誕生日があんなに楽しみだったのに、30歳を超えると「筋肉痛が二日遅れで来た」だの「お肌の曲がり角」だの、何かとマイナスなイメージ。だけど、2...
エネルギッシュで魅力的な女性たちの代表的な「おしゃれ着」といえば黒い服。ライターBrianna Wiest氏の主張はこうです。他人にペースを乱されることな...
「女性の社会進出」とは言っても、まだまだステレオタイプな意見も多いし、自分のやっていることに自信が持てなくなっちゃうときもあります。そんな社会の中でも、し...
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
日本でも「断捨離」や「ミニマリスト」など、物を「捨てる」ことで本来の豊かさを求める人が増えています。しかし、生活を劇的に変化させてしまうと、それ自体がスト...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア1年の6ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月をヨーロッパ、残りをアジアなどへ...
仕事が忙しいとき。人間関係などで嫌なことがあったとき。ああ、気分転換したいなぁと思うことってありますよね。そんなときに使える、おすすめの気分転換の方法をご...
30代になり、ここから自分を変えていくのは難しいだろう...と諦めかけているあなた。ぜひ、読んでもらいたいのは、「Inc.」のライターElle Kapla...
「自分の生きる人生を愛せ。自分の愛する人生を生きろ」とは、ボブ・マーリーの言葉。ビジネス書や恋愛の指南書でも度々、自分を愛することが大切だと言われています...
「私はポジティブな習慣の力を強く信じています」。そう語るのは、「Inc.com」の人気ライター、Nicolas Coleさん。大切なのは、夢の実現に向かっ...
わたしたちが暮らす現代社会は、今大転換期を迎えています。新しい価値観を持った、ライフスタイルとはどのようなものか。日米のベンチャー企業への投資事業を行い、...
今朝、洋服を選ぶのに何分かかりましたか?5分、10分、もしくはそれ以上…?その時間や労力を捨て去ることができれば、人生が大きく変わるかもしれません。世の多...
NYのライフスタイルを中心に情報を発信する「Elite Daily」のライターZara Barrie氏は、30歳を目前にしてさまざまな悪習慣とサヨナラする...
ヨーロッパでポピュラーなLCCのひとつ、ライアンエアーには、世界中から注目されているパイロットがいます。彼女の名は、マリア・ペターソン。Instagram...
「しあわせ」と聞くと、自分の外側にある何かと結びつくことだと感じるかもしれませんが、外的な要因ばかりに求めていたら、自分がすり減っていってしまいます。でも...
長く生きていると、昔の色んな失敗を思い出してはチクッとすることもいっぱいあります。今回紹介するのは、「Elite Daily」に掲載されていた30代女性ブ...
20代って、若さに溢れてキラキラしてるイメージがあるけど、悩み多き世代でもありますよね。いっぱい冒険もするけど痛い目をみたり、怖いものなしに見えていろいろ...