SUSHIは食べても太らナ〜イ!欧米人が寿司をこよなく愛する「17のワケ」

寿司のどこが好き?

アメリカのカルチャー誌に掲載されていた、欧米の女子が寿司を好む理由。流行っているとは言うけれど、なんで彼らが大ウケしているかって、確かによく分らないかも・・・。しかも取り憑かれるほどスキなんですって。日本人の目線では気付けないポイントがあるかも。ちょっと興味がわきませんか?


 

01.飲む前の軽食に最適

晩酌の前には何か食べないと、って思いますよね?じゃないと次の朝大惨事です。 飲む前に寿司を食べると気持ちが悪くなると信じている人もいますが、よく考えたら、飲む前に軽食をとった方がいいですよね?

02.どれだけ食べても
時間がたてばまた食べられる

一時的におなかいっぱいになっても、しばらくするとまたすぐに食べられるようになることをご存知ですよね。

03.気分がアガる

おなかいっぱいになり過ぎたときの気分って最悪ですよね。寿司を食べるときは、その心配をすることがありません。1時間も経てば、おなかはリセットされてしまいます。

04.健康的な気分になる

重い食事をとると胃もたれするときがありますよね。寿司を食べた後は、そのような気分になることもなく、元気に帰れます。

05.文化的にみえる

お箸うまく使えますか?よし、それだけであなたは文化的な人間にみえます。スマートに寿司を食べれば尚更。本当はそうじゃなくてもね!

06.早くお腹がいっぱいになる

少なくても、心理的にはそう思うはずです。お箸を使うと必然的に食べ方がゆっくりになるためです。 ゆっくり食べることで、少ない食事でも早くおなかいっぱいにすることが出来ます。

07.比較的安価、しかし・・・

レストランは、雰囲気が良ければ客がお金を払うと知っているので、それに見合った高めの料金を出してきます。けど・・・

08.もっと安い店もある

もちろん、デリの店頭に並んでいるパック寿司もありますよ。まぁ、一度寿司好きになったら、そこへは戻れませんが…。

09.さっと作ってぱっと出てくる

生なので、調理時間が短い!巻きずしならくるっと巻いて、はい、どうぞ!

10.外れない

寿司は素材の味次第でしょ、だから間違いはありません。見た目も華やかで、デートには間違いなし。

11.どこにでもある

もはやスタバと寿司屋、どちらが多いか分からないくらいです。昔からこうでしたっけ?いつからこんなにSUSHIブーム?

12.みんな食べられる

寿司なら、個人的な好き嫌いは問題ありません。なんでもありますからね。

13.「お寿司がいい!」って
わがままには彼氏も怒らない

寿司にケール(青汁に使われる野菜で、嫌いな人が多い)は入ってません。どんどん彼氏を連れて行きましょう。寿司なら彼女も彼氏も意見が合うでしょうから、食事を存分に楽しみましょう。

14.手を使っても良い

え、いいの?やったぁ!これに勝るリアクションはありますでしょうか?ないです!

15.つまみとして最適

寿司屋には日本酒があります。今も一杯飲みたいでしょ?日本酒と寿司の食べ放題に行ったことありますか?ないなら行かないと損しますよ!

16.巻き寿司は
食べても太らない

寿司は健康的なものだと、自分に言い聞かせましょう。

17.デザートいらず

寿司を食べたら、デザートで寿司の味を洗い流したくないですよね!20分もたてば、また寿司が食べたくなりますよ!


突飛すぎて拍子抜けしちゃう部分も大いにありますが、それにしても海外で日本の文化を愛してくれている人がいると言うのは、とても嬉しいことですね。

Licensed material used with permission by ELITE DAILY

2016年1月6日よりTOKYO MXで放送されている5分アニメ『SUSHI POLICE』のアイデアは、実際に起きた騒動が元になっているそう。ホームペー...
20代のリアルカルチャーを発信する「Elite Daily」。食のトレンドを伝える記事は、目新しさ、驚きそして、若者ウケの良さが判断基準だったりして?ライ...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
意識して考えたことはありませんでしたが、言われてみれば確かにそう。すでに知っている人も多いかもしれませんが、海外でも取り上げられることが多い話題のようです...
過去にニューヨークでミシュランの3つ星を獲得した「SUSHI YASUDA」。その元オーナーで、現在は南青山に「SUSHI BAR YASUDA」を構える...
スイーツを中心に日本でも火がつき、今グルメたちの間で高い注目を集めている台湾料理。その中でも歴史と伝統のあるのが「素食」です。素食とは、台湾の精進料理のこ...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
パリやロンドンで、数年前にちょっとした話題となった「スシバーガー」が、今になってアメリカで熱を帯びているらしい。ヘルシーさをウリにするものから、明らかにハ...
『INDIGO LABEL DINER』というイベントにお邪魔してきました。このイベントは、ColemanとMonroという二つのブランドが手を組んだ『I...
空港で注目を集めること間違いなしの「スーツケースカバー」が話題になっています。ビジュアルは、どこからどう見ても“握り寿司”そのもの。きっと、国内はもちろん...
食べながら痩せられる。歌手のアデルやモデルのジョディー・キッドらから火が付き、イギリスで大注目の新ダイエットメソッドがあります。食べる量を減らす必要なく、...
スイカの選別って意外に難しいもの。よく叩いたときの「音」が肝心なんて言いますが、音を確認してもいざ半分に切ってみると中身がスカスカ…なんてことも、ままあり...
本来食べ物が持っている、ビタミンやミネラル、酵素を効率的にカラダに取り入れる食習慣が「ローフード」です。だけど、厳格なルールにこだわらず、個々人のライフス...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
現代人の皆さんへ。仕事に追われて運動不足になってませんか?ストレスで食べ過ぎたりしてませんか?そんな人たちに読んでもらいたいのが『あなたは半年前に食べたも...
大ブームになった低糖質ダイエット。挑戦してみたという人も多いのでは? 「低糖質食=ダイエット」というイメージが強いかと思いますが、ダイエット以外にも注目し...
海外に行くと、日本とは全く別の文化に刺激を受けることがあります。滞在中に現地の人と関われば関わるほど、その驚きや学びはさらに深みのあるものに。でも、多くの...
日本語の「もったいない」の精神は、今や世界中で意識されるものになりつつあります。農林水産相によれば、世界で毎年13億トンもの食料が廃棄され、これは生産量の...
ぼくは、デブだった。健康な食事のことなんて考えたことがなかった。でも、どうしたら変われるのか知らなかったんだ。そして、食を学ぶことにした。これは、「食べる...
カフェ・カンパニー代表の楠本修二郎さんと、TABI LABO代表 久志尚太郎の対談、後編は、「和食のもつ可能性」や「そもそも食べるということ」「瀬戸内の里...