【怪奇現象】謎のミツバチ大量失踪。その原因は意外なものだった・・・

キミは「蜂群崩壊症候群」を
知っているか?

F7a22cc4f6abe33579712fd4a63ba98aff337918

ある日突然、養蜂業者で飼っていたミツバチが消滅するという奇妙な事件が頻発している。多いときでは巣箱の90%にも及ぶ大量の蜂が、突如として姿を消す・・・。巣箱に残されたのは女王蜂と幼虫だけ。餌の届かない幼虫たち、やがて飢えに教われコロニー全体が崩壊する・・・。

まるで童話『ハメルンの笛吹き』を連想させる、摩訶不思議なこの現象が「蜂群崩壊症候群」の正体で、世界中の養蜂業者が頭を抱える問題となっている。

原因不明の奇怪な現象がついに、最新の研究によって暴かれようとしている。


 

どうやら原因は、
農薬による寄生キノコの蔓延

外を飛び回っているミツバチは、花粉を集めて巣に持ち帰る「働き蜂」。研究では、花粉が農薬で汚染されている場合、「Nosema ceranae」という寄生キノコに感染している個体が多いことが判明した。

農薬の作用によって抵抗力が落ちてしまった蜂にこのキノコが寄生、蜂の帰巣本能を狂わせて巣に戻れなくしている可能性が指摘されている。

しかし、農薬の特定は難航中

96bf5f7f7f90f8ffe6bdffe6a74a1d5b79947523

農薬が発生源であることはおそらく確かであるものの、どの農薬が問題なのかは未だ特定仕切れていない。日本の研究チームはネオニコチノイド系農薬の疑いを指摘し、ヨーロッパで使用禁止とされたのだが、残念ながら劇的な回復には至っていない。

世界的な食料供給に影響も?

1f61d79bfb8a50ba893ecbd1fe1c5daa56bb9e38

蜂が減ることで大きな打撃を受けるのは養蜂業者だけにあらず。もうひとつ重要な影響、それは植物の受粉。穀物や野菜、ナッツの中には、蜂が運ぶ花粉を頼りに受粉を行い、増えるものが数多くある。

蜂が極端に減少してしまうことは、食糧供給にも多大な影響を及ぼす可能性が・・・。経済的な損失はアメリカだけで約12億円にもなると言われている。


自然はさまざまな要素が複雑に絡み合い、絶妙なバランスの上に成り立っている。その均衡を取り戻すことが先決なのかもしれない。

Reference:PLOS ONE
アボカドやトマト、ベリー、ナッツ類など、スーパーフードと呼ばれる日本でも人気の食物たちに加え、さらにはコーヒーまでが近い将来、世界の市場から姿を消すかもし...
農家の人たちは農薬を使う代わりに、花を植えた方がいいかもしれない。これは、フードエディターのWilly Blackmore氏の意見だ。Blackmore氏...
一日30品目──、バランスのいい食事をとることで日々の健康づくりに役立てる。それは、バラエティに富んだ食材があって初めて成立するロジック。もし世の中の食材...
HIV感染から女性を守る。これまでの医療技術とは全く異なる観点から、感染予防を可能にする新たな技術が「Popular Science」で紹介されている。H...
健康な人の便を冷凍し、カプセルに封じ込めた薬が、「クロストリジウム・ディフィシル感染症」の治療に効果を発揮するとの研究結果が米国医師会雑誌(JAMA)に発...
健康を願うなら、食材選びは重要な要素のひとつ。皮まで食べる野菜や果物は無農薬を選びたいところです。とはいえ、これらはコストが高くて毎食取り入れるのは難しい...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
蜂が出てくる夢には、一体どんなメッセージが込められているのでしょう。蜂といっても、蜂そのものが出てくるパターンと、蜂の巣、さらに蜂蜜(ハチミツ)が出てくる...
噂の「スイカドレス」現象。インスタで「#watermelondress」と検索すると、現在6,000件以上のスイカを洋服に見立ててポーズをとる人たちを見る...
和紙や木の薄皮にも見えるこの素材、実は肉!しかも、賞味期限が過ぎたもので作られているんです。これはベルギー人デザイナーのIssac Monteさんが始めた...
スマホ依存が家族に及ぼす影響をシニカルに捉えた広告作品「Phone Wall」を紹介します。中国の心理学研究所が広告会社に制作を依頼したもの。急速に発展す...
約1,000万円でクローン犬を生み出すビジネスを展開している韓国の医師がイギリスのテレビ局「Channel 4」である発言をし、物議を醸している。韓国企業...
NBCに雇用されていたアメリカのフリーランスカメラマンがエボラ出血熱に感染していたことが分かった。フリーランサーのMukpoさん(33歳)は、NBCニュー...
新聞や雑誌の切り抜きを利用した、コラージュ作品を得意とするイギリス人アーティストのJoe Webb氏。パソコンによる加工を一切施さず、ただ切って貼るだけの...
「大人はレストランや料亭で『四季』を感じる食事をしているのに、なぜ赤ちゃんは一年中同じ味の離乳食なのだろう?」「Baby Organic」は、そんな疑問を...
地球の気候変動の原因は人間由来である。というのは国連の専門家の主張としても知られていますが、中には懐疑論も存在し、温暖化現象は自然のものであるという意見や...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
人口およそ12.5億人のインド。国民の約8割がヒンドゥー教徒(外務省調べ)という信仰心の厚いこの国で、あるゴミの始末をめぐって人々が悩んでいた。日用品のパ...