「今すぐ実行!」自己満足じゃない。本当に喜ばれる親孝行7選

親孝行って難しい。世代も趣味趣向も違う両親に向けて、何をしていいかわからないというのが、偽らざる世間の気持ちなのでは?  というわけで、本当に親が喜ぶ孝行の数々を集めてみました。 ちなみに、世代は限定していません。10代から30代まで、多くの人に役立つ内容になってますよ!

01.
この先、両親と過ごす時間を
計算してみると・・・

まずはマインドセット。両親と過ごす時間をざっくりと計算してみましょう。例えば、現在両親の年齢が50歳だとして、80歳まで健在だとします(少々乱暴な話ですが、あくまで例です)。残り30年。1年に正月と盆の2回、合計10日を親と過ごすとすると、あと両親と直接コミュニケーションが取れるのは、1年間もない計算になります。残念ながら両親と過ごす時間は有限なのです。

02.
電話やメールではなく、
「絵はがき」を送る

離れた場所で暮らす両親に電話する、メールをするというのもいいですが、ここでオススメしたいのは絵はがきです。多くの親世代はケータイやスマホでのコミュニケーションに慣れていません。メールで子どもや孫の画像をもらっても「うれしいけれど、何かもの足りない」と思ってしまうのは想像に難しくありません。 その点、絵はがきなら画像データにはない温もりがあるし、手書きのメッセージをつけることで手紙の役割も果たすので、とても喜んでもらえるはずです。

photoback04_btn_01 img_b

Androidの人はコチラ!

03.
自分が子どもの頃の
アルバムを一緒に見る

両親と一緒にいる時に何をすれば孝行になるのか? その答えのひとつがコレです。思い出を語り合うことは、懐かしい気持ちに浸るだけでなく、自分(子ども)と両親の関係を再確認できる効果も。ついでに、ひと言「ありがとう」という感謝の気持ちも伝えたいですね。

04.
健康診断を
予約してあげる

親世代の一番の心配事は、健康です。とはいえ、なかなか自分から健康診断を受けるというのは億劫だったり、ちょっとこわかったり。簡単なものでもいいので、健康診断や人間ドックなどを予約してあげて「ちょっといってきなよ」と声をかけてあげること。その場では面倒くさがるかもしれませんが、なによりの親孝行になるはずです。

05.
母親と一緒に
台所に立つ(男女問わず!)

得手不得手なんて関係ありません。たまには母親と一緒に台所に立って、料理をしてみましょう。自分が好きだった母親の手料理や学生時代のお弁当のことなど、普段はしないような会話も弾みます。食卓を囲む際には、父親も混じって、家族団らん。ねっ、素敵でしょう?

06 .
親を頼る

ちょっと逆説的ですが、これもとても喜ばれる親孝行。例えば、孫を預けるとか、自宅で好きな料理をおねだりするとか。口では「いくつになっても子どもね」なんて言われるかも。でも、その通り。両親からみれば、あなたは永遠に子どもです。頼られるのは、両親にとって心地よいことだったりします。

07.
子どもの頃に行った
旅先へ、もう一度

m005 自分が子どもの頃に両親に連れて行ってもらった旅行。その思い出の場所をなぞるように、今度はあなたが両親を連れて旅に出るのはどうでしょう? 日常ではできないような会話も、非日常である旅先でならできるし、新しい思い出が作れるはずです。

photoback04_btn_02 img_b

Androidの人はコチラ!

 

Sponsored by コンテンツワークス

旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
愛する人や友達にチョコレートをプレゼントするバレンタインデーは、じつは家族に日頃の感謝を伝えるチャンスでもあります。改まって伝えるのはなんだか照れくさいか...
ふとしたときに故郷にいる親のことが思い浮かび、そろそろ親孝行をしたいなぁと思う人も多いのでは?高級車を買う、ブランド品を買うなど、何も親孝行のために肩肘を...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
旅行の写真って、見返していますか? Instagramにアップしておくだけだったり、撮って満足して1回も見返さない、なんて人もいるかもしれません。旅先で感...
夢の中でする旅行は、少し不思議な気分になるものですよね。一度も行ったことがない場所や絶対に行けないような場所であれば、なおさら。でも、そんな旅行の夢には、...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
GWも中盤に差し掛かりましたが、みなさんいかがお過ごしですか?そろそろ旅行の疲れが出てきた頃でしょうか。痺れを切らすほどの渋滞のなかでこの記事を読んでいる...
にっこりと笑う小さな男の子。大好きなパパとママと一緒に写る幸せいっぱいの一枚は、見ているこちらも微笑ましい気持ちになります。だけど、実は彼の両親は離婚して...
この発想はなかった!いま海外で、想像の斜め上をいく「iPhoneケース」が大きな話題となっています。それは…「EYE」は、Androidのスマートフォンを...
たった1日。スマホを触らずにいるとどうなるのか。ライターのBlair Thillが具体的に自身の体験を記録しました。内容は、電池切れになったときに起きるよ...
人間の皮膚のように、ダメージを負っても自己修復する「飛行機」。そんなにわかには信じ難い技術が発表された。英・ブリストル大学の航空宇宙工学研究チームが開発し...
ところ構わず、SNSで恋人とのラブラブ度合いをアピールする人たちに向けた「Higher Perspective」の記事をご紹介。本当に絆の強いカップルは、...
猫を連れた女性の旅、と聞いて思い出すのは『魔女の宅急便』。キキとジジは空を飛んでいましたが、ここで紹介するのは「海」を旅するリジィと愛猫アメリアです。小さ...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
すべての旅人が陥る「病」があるといいます。旅とは、異文化に飛び込み、そこにある「決定的な違い」を目の当たりにする体験だと言えます。そんな非日常から帰ってき...
「今から20年したら、やったことよりやらなかったことを後悔するだろう。もし迷っているなら、決断せよ。今いる安全な場所から離れて、探検し、発見しよう」ーマー...
照りつける太陽と、歩いていける目の前のビーチ。そんなトロピカルなバケーションに思いを馳せるのは、寒い日が続くこんな季節だからこそ。そんなとき、我慢せずに旅...
少しずつ暖かくなってきた3月は、卒業旅行シーズン。5月にはお待ちかねのゴールデンウィークもあって、春は海外旅行を計画する人も多い季節。かくいう私もその一人...