アナタが仕事を今すぐにやめて、旅に出るべき「6つの理由」

あなたが今すぐにでも旅に出た方が良い理由を、Elite Dailyのライターが自身の経験から綴っている。今回は彼の経験談から、その理由を紹介する。

「1年間、旅に出る!」

そう決めた時の周りの反応は面白かった。「勇気があるね!」「トチ狂ったのか!?」なんて言う人もいたが、基本的にはこういってくれたひとがほとんどだ。

「最高だね!私もそんな風にできたらなぁ」

実際にやってみた経験からいわせてもらうと、あなたにもできるし、絶対にやるべきだ!ここに今すぐ仕事を辞めて、旅に出るべき6つの理由を書いておく。


 01.
一番大切なこと
「時間」は戻ってこない

9時17時だけが世界じゃない。もしも10年以上同じ会社に勤めていて、人生を奪われているように感じているのなら、即刻辞めるべきだ。お金だけが全てじゃない。お金で買える物は沢山あるが、青春時代は絶対に買えやしない。

ビーチで太陽を浴びて、山の空気を楽しみ、カヤックで河を下る時間の代わりにオフィスで過ごすあなたの時間は、一生戻ってきやしない。給料下がるの覚悟でも、休暇をとってどこかへ行った方が良いよ。

02.
世界は物差し
自分自身を理解できる

チェーン店の快適な椅子じゃなく、ナイトマーケットで紙皿で出される料理にノックアウトされてみた方が良い。アートなコーヒーを楽しむ場所から、誰も"ドリップ"を飲んでない場所へ行ってみた方が良い。

重要なのは自分の中にある境界線に気付くことだ。世界には極端なモノゴトが数えきれない程存在している。そういうものに直に触れて境界線を一つ一つ確かめて行くうちに、自分と言う人間が見えてくる。

03.
未来よりも、過去よりも
"今"の大切さがわかる

スリルジャンキーと言う訳じゃないけど、きっと色んな人に出逢って行く過程で、お金や安全より大切なものがあることに気付く。冒険と体験だ。

明日なんてない、過去の失敗なんてどうだって良い。あるのは今だけ。その時にしか選べないものを摑み取る。そんな人達にたくさん出逢ってきた。自分だってまだまだだと思うけど、出発する前よりはだいぶマシになったって感じてる!

04.
自分をリセット!
可能性が無限に広がる

今までいた空間から出て旅を始めたとき、今までただ知らなかっただけの世界に触れる。新しい視点や感覚が入ってきて既成概念が破壊されていく。大人になると忘れがちだけど、誰にだって自分をリセットすることができるんだ。しかも、旅に出れば何千回と自分のリセットボタンを押すことになる。

今まで写真で見てきた異国の人々に実際に出会い、語り合い、習慣や文化を知る。そうすることで自分自身ももっとオープンにコミュニケーションすることができるようになる。長い付き合いになる海外の友達が増えて、仕事を得た人だっているんだ。

05.
今いる職場が大事?
戻ればいいじゃん

数年間、旅に出て様々な人生経験を手に入れたら、その力を今いる職場の為に貢献すればいい。そして様々な視点を活かして上司の仕事をサポートするんだ。

それよりまずいのは、戻った時に、出発する前と変わらない別の仕事についてしまうこと。でも、それにしたって、あなたが世界を見たと言う事実は変わらないんだけどね!

06.
未来は誰にも読めない
突然行けなくなるかもしれない

多くの場合、出発を妨げるのは得体の知れない不安だ。

「今はまだ行けないな・・・」「恋人との結婚を考えたら、旅になんて出られないな」「・・・妊娠した!?」

何が最後の理由になるのかわからないけど、大切にしたいと思ってるその未来だって、実際いつどうなるかわからないものだ。本当に行けなくなってしまう時がくる前に出発しておいた方が良い。何が起こるかは本当に誰にも予想できない。

だから今すぐ旅に出よう!世界には冒険が溢れてる。必要なのは「出発」だけだ。


今回紹介した「仕事を辞めてでも、旅に出るべき6つの理由」。少し勇気を出して「出発」してみても良いのかも知れません。なんたって、人生は一度だけですから!

Licensed material used with permission by ELITE DAILY

「旅立とう!場所はどこでもいいから、部屋を飛び出そう。幸福と自由の感覚を研ぎ澄ませ、手足を広げよう。目の前に広がる景色を感じ、広く生き生きとした視野を持ち...
今すぐ旅に出たい。じゃあ、日々の仕事や生活を放り出してでも、それを叶えることができるか?と問われれば、なかなか叶えられるものじゃありません。それでも、旅の...
「今から20年したら、やったことよりやらなかったことを後悔するだろう。もし迷っているなら、決断せよ。今いる安全な場所から離れて、探検し、発見しよう」ーマー...
ここで紹介するのは、哲学者・アウグスティヌスの言葉から始まるJeff Goins氏の記事。正直、その言葉を聞くだけでハッとする人も多いのでは?きっと、旅慣...
次の仕事が見つかるまでは、今の仕事をやめちゃいけない──。そんな世間の常識(?)を無視して退職し旅に出た、エイプリル・バークさん夫婦。彼らは、訪れた11ヶ...
「あー、仕事辞めてどっか旅にでも行きたいなー」って思うこと、ありません?ここで紹介するスペイン人のセルジ・バーゾリさんは、3年前に仕事を辞め、故郷のバルセ...
「本当の旅の発見は新しい風景を見ることではなく、新しい目を持つことにある」ーマルセル・プルースト(作家)旅に出る前と帰ってきたあとを比べて、自分が「ちょっ...
今こそ、飛び出すべき。フラれた・・・。失恋はいつだってツラい。学校も仕事も行きたくないし、毛布にくるまって閉じこもっていたい。そんなアナタに、ちょっと荒療...
「人生は旅だ」。なんて使い古された言い回しに聞こえるかもしれません。しかし、文学作家のドクター・スース氏はこう言います。「大人になっても子どものような心を...
西オーストラリア・パースに暮らすライターCamha Pham氏は、ヨーロッパを単独で旅した経験の持ち主。当時、彼女には付き合っていた彼氏がいました。でも、...
ひとりレストラン、ひとり映画。自分では快適なつもりでも、「ひとりで海外旅行に行く」って友だちに言ったら、「なんでひとりなの?」と驚かれることも。でもやっぱ...
「Elite Daily」でライターのPaul Hudson氏が、このサインがでたら、今すぐ仕事を辞めるべきといった記事を書いています。ここで紹介するのは...
一人旅が最高の旅のスタイルであることの理由!「ひとり」であることには、しばしばマイナスイメージが付きまとっている。例えば、1人で食事をしたり、映画を観に行...
永川さんは電通を退社後、世界中の都市の様子をYouTubeで発信する 「WORLD – CRUISE」というプロジェクトをはじめられました。このプロジェク...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
時に写真は残酷だ。そこに莫大な予算を注ぎ込み、いかに時間をかけようとも、撮るべき一瞬が通り過ぎてしまうこともある。写真家は、職業ではなく生き方だ。その写真...
恋人とは、積極的に旅行に出かけましょう。そういう時こそ、普段の生活では見られない一面が良くも悪くも発見できるものだから。「相手のことはなんでも知ってる」な...
大昔に比べれば、海外に行くこと自体はかんたんになりました。実際に現地に行けなくても、インターネットで各国の情報にアクセスできます。ただ、その時・その場所だ...
 本は、新しい知恵を与えてくれる。新しい一歩を踏み出す勇気をくれる。そして、旅に出るきっかけになり得ることだってある。今回紹介するのは、読んだら思わず旅に...
Solen Yucelさんは、誰しもが羨む環境にありながら、すべてを手放して旅に出た。そこには、社会が期待する自分ではなく、自身が望む「本当の自分」を見つ...