【スタートレック】あのスポック船長が、カナダの5ドル紙幣となって甦る!?

2月27日に死去した米俳優レイナード・ニモイさん。彼の功績を偲んで、カナダの5ドル紙幣をニモイさんの代表作「スター・トレック」のミスタースポック船長に書き換えようという呼びかけがカナダを中心に広がりを見せている。

 

 

この突然のムーブメント、芸術家団体(カナディアン・デザイン・リソース)が、「尊敬の念を込めて落書きしよう」と呼びかけたのが事の始まり。

現在、5ドル紙幣の肖像画はカナダの第7代連邦首相、ウィルフリッド・ローリエが務めている。どことなく似ていたふたり。髪型と眉を描き加えるだけで、まさにスポック船長そのものに!

あれよあれよという間に5ドル紙幣のスポック化(Spockingと呼ばれている)が進み、SNS上では独特のバルカンカットと尖ったモミアゲ姿が続々、登場した。


事態を重く見たカナダ銀行は、直ちに「Spocking」を中止するようファンたちに向けて異例の声明を発表した。

「紙幣への落書きは違法ではないものの、カナダの象徴であり国の誇りである銀行券上への落書きは看過し難い」と、至ってお固い対応だ。

これに対し、芸術団体の1人でもあるカルガリーのアーティストTom Bagley氏は、「数字さえ見えていればお金はお金だよ、数えられるんだし。スパゲッティソースがお札に飛び散ったってレストランではきちんと受け取ってくれるだろ?」、こちらはユーモアたっぷりに語ったという。

とにもかくにも、偉大な名優の死を惜しむ人々のリスペクトはしばらく終わりそうにない。

Reference:DANGEROUS  MINDS

 

アメリカでいま、初めて女性が紙幣に起用されようとしています。ジェンダーの平等では、日本よりも意識が高いはずのアメリカですが、意外にもこれまで紙幣になった女...
「Change.org」で、あるキャンペーンが始まった。発起人Simon Mitchell氏の主張はこうだ。「来る新しい20ポンド紙幣の顔は、デヴィッド・...
イギリスで2016年9月13日より始まった、新5ポンド札の流通。紙幣に変わるプラスチック製の(合成樹脂幣)ということでも話題になっているけれど、その記念す...
多くの人は、知らないうちに恋愛について勘違いをしています。たとえば相手を変えようとしたり、恋愛に救いを求めたり…。じつはこれ、恋愛で「してはいけない」2つ...
とある先生が教壇に立ち、きれいな20ドル紙幣を掲げてこう問いかけました。「これが欲しい人は?」。生徒たちは一斉に手を挙げます。先生は小さく紙幣を折りたたみ...
人生には、たくさんの挫折がつきものです。ただ「七転び八起き」という言葉があるように、人は失敗をしても諦めず、立ち上がる力を持っています。私たちが知っている...
成功と失敗は、隣り合わせです。どんなことでもまずは失敗から学び、成功への道を模索していくものですし、そこが運命の分かれ道でもあります。なかには諦める人もい...
「政治にお金は必要ないんです」。どの政治家からこのセリフを聞くよりも、現実味があるのは、もしかしたらこの人物をおいて他にいないでしょう。“世界で最も貧しい...
悠長に朝食を摂れる余裕なんて夢のまた夢。乱れた髪は満員電車でさらにグシャグシャ。小走りで息を切らしてはやっとこさオフィスに到着。したかと思えば、デスクトッ...
「お金の貯まる人は収入が多い人」と思い込んでいませんか?実は、収入の多さと貯金の金額とはあまり関係がありません。「お金が貯まる人」とは、お金が自然に貯まる...
米・マサチューセッツ工科大学(以下MIT)が、誰でも無料で単位が取得できるオンライン講座を開始しました。世界中どこにいてもMITの単位が取れる授業スタート...
日本の法律では、まだ私有地しか走行ができない自動運転車ですが、フィンランドの首都ヘルシンキでは、昨年より実用化に向けた自動運転による無人バスの導入テストを...
イラストレーターAndrew DeGraffさんが描くのは、往年のハリウッド映画のロードマップ。じつはこれ、映画に登場するキャラクターたちが移動した軌跡を...
「エコノミスト」は、毎年「世界で最も住みやすい都市ランキング」を発表していますが、その上位10都市のうち6都市を、オーストラリアとカナダの2国が占めている...
お金の夢を見ると、金銭面で何かあるのではないかと思いがちです。しかし、どちらかというと価値観や愛情、時間などを示すケースが多いです。また、お金の夢には逆夢...
これは、米サイト「Mic.com」が行った社会実験動画。「あなたにとって100ドルって、どんな意味がある?」を食料品から紐解いていこうという企画です。もち...
スナップチャット専用のウェアラブル「Spectacles」の販売がはじまりました。それは、ボタンを押すと自分の視点からみた景色を10秒までの動画として撮影...
ある意味、これは“走るイルミネーション”。だけど、単なるクリスマス用のデコレーションを施したお気楽列車な訳ではありません。今年で18年目を迎える、カナダ太...
渡邉賢太郎大学卒業後、日本FP協会、認定AFP(=アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)取得。リーマンショックを機に、三菱UFJモルガン・スタ...
俳優、モデルとして活躍中の尚玄氏。彼にはプロフィールには載らない“旅人”というもうひとつの顔がある。彼にとって、旅とはなんなのか? それは表現にどう役立っ...