あなたには、青と黒が見える?話題になった「白金のドレス」が虐待防止広告に

あなたはこのドレスを知っているだろうか?青と黒に見えるか、白と金に見えるか?で話題になった画像だ。


光の当たり具合で、青と黒にも、白と金にも見えるドレスの写真。ネット上で瞬く間に広がり、世界を巻き込んだ議論になった。その議論に載ってまた一枚の写真が話題になっている。それがこちらの写真だ。  

青と黒(アザ)を見つけることは
難しいのか?

 

 

どうして青と黒(アザの色)を見つけるのは非常に難しいのか?6人に1人の女性が、ドメスティックバイオレンスの被害を受けているというのに・・・。

この写真も瞬く間に世界中で話題となり、こういった情報がバイラルすることは非常に大切であると、SNS上で絶賛されている。

虐待の唯一の勘違いとは、それが彼女が選んだ道であると思うことだ・・・

この広告を作成したのは、The Salvation Armyという団体だ。世界126カ国で伝道事業、社会福祉事業、教育事業、医療事業を推進するキリスト教の教派団体だ。

 Reference:washington post 

「赤ちゃんポスト」に「ゆりかごプロジェクト」。赤ちゃんの虐待死を防ぐため、これまで多くの施策が打たれてきました。しかし、今でも2週間に1人、生まれたばかり...
デビッド・ベッカムは、大のタトゥーフリークでもあります。ただし、その刻まれた数々のタトゥーは、彼の愛する妻や子どもたちの名前、大切な家族を表していると言い...
エネルギッシュで魅力的な女性たちの代表的な「おしゃれ着」といえば黒い服。ライターBrianna Wiest氏の主張はこうです。他人にペースを乱されることな...
物理的な暴力とは違って、なかなか分かりにくいのが心理的な虐待。あなたも知らずの内に、被害者になってるかもしれません…。ここで紹介するのは、精神的な攻撃をし...
ここ数週間、毎日のように流れるイスラム教徒に対する米入国制限のニュース。アメリカ国内でも賛否が分かれ、その様子は多くの人が肌で感じていることでしょう。ここ...
TV番組のオーディションに集まった、数組の親子たち。じつは、この企画には、ある秘密が隠されていました。オーディションで親たちに投げかけられた4つの質問子ど...
いま、世界中で1本の指だけにマニキュアを塗る男性が現れているという。ファッションとしてではなく、どうして男性がそのような行為をするのか?そこには、悲しい理...
アメリカでは約2,000万人の女性が摂食障害に苦しんでいて、女性の約200人に1人が拒食症、100人に1人が過食症だと言われています。摂食障害の治療は道の...
本物のお花を活用した作品を生み出す、マレーシア人アーティスト、LimzyことLim Zhi Weiさん。Instagramにはその多くが投稿されていますが...
リベリア出身で、LAを拠点に活動する黒人モデルDeddeh Howardさんは、モデル産業のなかに「多様性」が欠けているということを憂いていました。街で見...
海外旅行に行った先で「日本人?韓国人?中国人?」とたずねられたこと、一度はあるのではないでしょうか。「だから何?」という気持ちでモヤッとするし、中には不愉...
ある組織内においての多様性を示す「ダイバーシティ」という言葉が世に浸透し始めたのは、ここ10年くらいだと思う。もちろん、そうした考え方自体はそれ以前にもあ...
ここで紹介するのは、あの人気家具店がシンガポールで打ち出したイラスト広告。「愛はフクザツ。IKEAはシンプル」というコピーとともに、左右を対比したアイデア...
キャッチーな壁画やアートを背景に撮影する「ウォール・スカウティング」。インスタグラムの世界では、すっかり定着した感がある。が、それを一歩進化させたのは、女...
福祉国家として有名な北欧の国、デンマーク。消費税率25%、国民負担率約70%(日本は約40%)と、かなりの高納税国である。その一方で、医療費無料、出産費無...
この画像に何が写っているのか、分かるでしょうか?なんと、10人中9人が見えていないのだそう…。どうでしょうか?ちょっと目がチカチカしますが、見えない…とい...
アメリカに住む黒人たちにとって、毎年2月は大きな意味がある。「Black History Month(黒人歴史月間)」または「African-Americ...
20世紀の「使い捨て社会」から循環型の社会へ。いま世界の多くの人々が、そのための努力を続けています。大量生産、大量消費、大量破棄。それらが食品業界にもたら...
ニューヨークに住んでいた時思ったのが、おしゃれな女性が多いということ。ベーシックなアイテムでも、なぜかかっこいい。どうしてかな?と観察していて「その人の身...
海外では、体に貼るだけでいい「2日酔い防止製品」が話題なようです。お酒の席が増えるほど何らかの防止策が必須とはいえ、毎回ドリンクや粉末・錠剤を飲み込むのっ...