飲酒運転で有罪判決が下ったオーストラリアの男性。痛み止めにジンを飲んでまで、病院に急行した理由とは?

オーストラリアで、飲酒運転などの罪に問われていた男性が、最高裁で行われた上訴審で敗訴し、話題になっている。

ただの飲酒運転ならば、これほどまでの騒ぎにはもちろんならないだろう。が、この男性なんと、「チェーンソーで手を負傷した後に、自分で傷を縫合し、痛み止めにジンを飲んで、運転して病院に向かっていた」ときに警察に捕まったのだ。

驚嘆すべきサバイバル精神

23e0259e2fa4a1a45fd49fbe089c707e810d8415

この逞しき男性はオーストラリア南部、ポート・ウィランガ在住のTimothy Withrowさん。

昨年の2月、自宅でチェーンソーを使用している際に、誤って手を負傷してしまった。
Withrowさんは、2つの病院の救急病棟に電話したが、「混み合っているため、処置を受けるには10時間以上待つ必要がある」と言われた。

痛みに耐えながら彼は、普通の人ならきっと二の足を踏んでしまう、次善の策を展開する。
太い縫い針と釣り糸を使って、自ら傷を縫合。傷跡をジンで消毒し、痛み止めとしてさらにジンをあおった。

その後、妻とも連絡が取れず、さらに救急車の料金を支払うこともできないWithrowさんは、やむを得ず自分で運転して病院に向かうことを決心した(※オーストラリアの救急車は、日本と異なり有料である)。

だが飲酒運転で捕まる・・・

C355d953dfa51adbfdd805fd67a9d9bbe21c18b9

Withrowさんは、一時停止の標識を無視した所で、警察に止められた。彼は飲酒運転を含む複数の運転違反の罪に問われ、また即座に免許停止処分を受けた。

彼は裁判で罪状を認めたものの、違反行為は「ささいなこと」とであるとして量刑の軽減を求めて上訴していた。
だが最高裁のKevin Nicholson判事は、第一審の判決は妥当であるとして、彼の訴えを退けた。

第一審の判決では、彼には救急車もしくはタクシーを呼ぶか、近隣の人々に助けを求めるなど、自ら運転する以外の手段があったとされていた。

Nicholson判事は地元メディアに対して、判決について次のように語った。

彼は自身だけでなく、他の道路利用者たちを、明らかな危険にさらした。彼の勇気、そして痛みに対する忍耐は尊敬に値するが、彼の下した判断は尊敬できないものだ。

なるほど、言われてみれば確かに妥当な見解。それでも必死に頑張ったWithrowさんには、なかなか酷な判決ではないだろうか?

Reference:BBC
飲酒運転が、ゼロになる日が!?アメリカで開発が進む「DADSS(Driver Alcohol Detection System for Safety)」。...
3月17日は、聖パトリックデーだった。そんなお酒が進んでしまいそうな祝祭日の夜、とあるBARでスッと出されたコースターには、こう書かれていた。THIS C...
カナダ在住のPaula Grzelak-Schultzさんは、夫と一緒に「オリジナル・ジョー」というレストランで食事をしたあと、車を置いてUberで帰りま...
ここ数年、イギリスでもジンの消費が増えているなど、ネクストトレンドとして火がつきそうなスピリッツ。注目している人も多いのではないでしょうか。このタイミング...
去る6月13日、上海に世界初の次世代スーパーがオープンしました。なんと、自動運転するとのこと。今まで「行く場所」だったスーパーが、「来るもの」になる時代が...
お酒を飲む人にとっては、飲み過ぎて記憶をなくした経験は誰もが一度は持っているかもしれない・・・。人間関係を潤滑にしたり、ストレスを発散したり、適量を飲んで...
ときには心の癒しとなり、ときにはコミュニケーションを円滑にしてくれる、お酒。1万年以上の歴史を誇るだけあって、文化的にも重要な存在であることは言うまでもあ...
健康な体は健康な食事から。を本格的に病院の対応として取り入れている医師が話題になっています。なんと、野菜やフルーツを薬の代わりに処方し始めたのだというから...
ドライバーに代わって人工知能(AI)がハンドルやブレーキを操作して、目的地までたどり着く「自動運転」。近い将来、急速に市場が拡大することはもはや自明の理だ...
「エコノミスト」は、毎年「世界で最も住みやすい都市ランキング」を発表していますが、その上位10都市のうち6都市を、オーストラリアとカナダの2国が占めている...
ここは、ロサンゼルスのとあるバー。いつものように、酒を飲んで上機嫌な客たちで賑わっている。客のひとりがトイレで手を洗っていると、目の前の鏡に異変が…。自分...
留学と言ったら、もちろんまずは勉強が大事だけど、その国の文化やライフスタイルに溶け込んで、日本じゃできない経験もしてこそ、本当の留学と言えるんじゃないかと...
日本の法律では、まだ私有地しか走行ができない自動運転車ですが、フィンランドの首都ヘルシンキでは、昨年より実用化に向けた自動運転による無人バスの導入テストを...
突然ですが、みなさんは親孝行をしているでしょうか?経営コンサルタントの小宮一慶さん曰く「タクシー運転手さんには、親孝行な方が多い」ということで、彼らと話を...
タフで、ストイックで、屈強。オーストラリアでは、男たちは生まれながらにしてこうした男性像が付いて回るそうだ。恐怖を前にしても笑顔を絶やさず、人生がぐらつく...
農業ブームなんて言葉もありましたが、いまだに「大変そう」「汚れそう」といったイメージを持っている人も多いかもしれません。でも、そういったイメージを覆して「...
東日本大震災による津波で被災した、宮城県南三陸町の公立病院が「南三陸病院・総合ケアセンター南三陸」として、4年9ヶ月ぶりに開業されました。再建に向けて、こ...
実用化が進む自動運転は、自家用車に限った話ではありません。すでに欧州では専用レーンを自走するバスが人々の足となり、東京でも2020年五輪開催に合わせたテス...
タクシーの運転手さんにはさまざまな経歴を持つ人が多く、じっくり話を聞くと、面白い人、勉強になる人、じつにバラエティに富んでいます。経営コンサルタントを営む...
とある交差点の様子を写した写真が、Twitterで話題です。なんでも、自動車の運転が苦手な人は、なかなかこの“違和感”に気付けないのだとか。さすがにみなさ...