米谷真人

米谷真人

TABI LABO ライター

サッカーライターとして某Jリーグクラブに密着し、オフィシャルHPのコンテンツ制作を担当。TABI LABOにジョインした現在も、可能な限り国内外のスタジアムに足を運んでいます。趣味は一人旅で、特に東欧が好き。
確かに、ボディの一部に木を用いたヘッドホンはこれまでにもありました。が、ここで紹介する「Konohazuk H3」は、ボディ全体が国産ブナ材で形作られたも...
端的に言いましょう。DeNAとヤマト運輸が実用化を目指すこの「ロボネコデリバリー」は、スマホで受け取り先と時間を自由に設定できるサービス。欲しいときに欲し...
パナソニックが開発した、その名も「レジロボ(R)」が設置されたのは「ローソン パナソニック前店」。同社のお膝元、大阪府守口市にあるこの店舗は、次世代型コン...
今月中旬。ある男性がチャレンジした世界初の試みは、ドローンで自身の体を吊り上げ、はるか上空から落下するスカイダイビング。その様はむしろ、ダイブというより「...
私たち人間は、とどまることなくゆらゆらと漂うものに、自然に惹かれてしまうのかもしれない。だからこそ、なのだろうか。こうした「浮遊系インテリア」を、最近はよ...
このサービスを見て、従来のモーニングコールの盲点に気づいてしまった。当たり前のことだが、家族や恋人という慣れ親しんだ関係の人からしか電話がかかってこないの...
「ネズミ」と「テーマパーク」。こんな2つのワードが並んだら、万国共通、老若男女、問答無用に“アレ”が思い浮かぶはず。そりゃあもう、仕方ない。でもでも、そん...
高校を卒業するまでの18年間を瀬戸内地方で過ごした僕は、この頃かなり困惑している。だって、当該エリアの近年の脚光の浴び方は、ハッキリ言って異様。一歩引いた...
フィンセント・ファン・ゴッホにフランシスコ・デ・ゴヤ、ジャン=フランソワ・ミレー。美術史にそれほど造詣が深くなくとも、彼らの名は一度くらい聞いたことがある...
ご存知の通り、「本の虫」とは読書が好きで好きでたまらない人を指す言葉。コレ、てっきり日本独特の言い回しだと思っていたけれど、調べてみたら英語でも「book...
自宅や映画館は言うに及ばず、ビルの屋上やビーチ、森の中、さらには無人島まで。近年は、上映イベントの充実もあり、さまざまな場所で映画を楽しめるようになってい...
自宅のクローゼットの中を思い出してみる。1枚、2枚、3枚……プリントTも合わせると、ちゃんと使えるレベルのものが計9枚あった。すでに一週間まるまる過ごせる...
取材やミーティングを除くと、基本的に1日中デスクワークのぼく。弊社はフリーアドレスを採用しているから、ちょっと業務が行き詰まると席を変えて気分転換するのだ...
Exeter Internationalがインフォグラフィックでまとめたのは、世界中の人たちがGoogleで「ある国」を検索する時に、あわせて「何を」検索...
大事な場面のセリフを一字一句違わず記憶しているほど、お気に入りの映画。それくらい何度も見返した一本でも、ツンと空気の澄んだ「夜の森の中」で鑑賞すると、また...
普段何気なく暮らしている東京の街を、外国人が見るとどう感じるのか?こうしたコンテンツは、文化の違いが見てとれるのでかなり好物。「そんなものに興味を示すの?...
普段はほとんど使わないサングラスも、海外を旅するときは不思議とかけたくなる。日本よりも強い日差しがそうさせるのかもしれないし、海外に来たという解放感が自分...
「ありがとう、ダンカン・ショットンさん」。このプロダクトを見て、思わず生みの親を検索してしまった。そして、イギリス人デザイナーに感謝した。あなたのおかげで...
旅行や職場で使う「携帯用歯ブラシ」は、すでに存在している。とはいえ、普通の歯ブラシにキャップを付けて、小さな歯磨き粉と一緒に細長いケースに入れただけなんだ...
ワイドショーなどで、ジャスティン・ビーバーが彼らと格闘している映像をよく目にする。そう、パパラッチのことだ。僕みたいな一般人はな〜んの被害もないから問題な...