LOCAL

行きたくなる、教えたくなる、そして好きになる。日本にまだまだたくさん眠っている「LOCAL(地方)」の魅力を見つけてみませんか?
7月初旬に行われた「Corona Sunsets Festival 2017」。波音に混じって流れるスローテンポなサウンド、自然と音楽が一体となる時間。今...
「暑いときこそ、熱いものとか辛いものを食べればいい」って言われても、正直そう簡単に覚悟できるものではないですよね。汗をかくことでスッキリするのは分かってい...
「森の映画祭2017」のテーマは、しゅわしゅわ。気泡のように、現れては消えてゆく、儚くて切ない世界。夏祭り、学校帰りの夕暮れ、こっそり好きな人と待ち合わせ...
NYの有名ホテルチェーン「ACE HOTEL」のロビーでは、クリエイターやノマドワーカー、スタートアップ企業たちが仕事をしているらしい。日本でもそんな新し...
もちろんディズニーランドは愛しているし、こうして年間たくさんの人が遊びに来てくれるのは、県民としてすごく嬉しいと思っている。でもね、そんな東京との出入り口...
私は体験型のアートが好きだ。かつては瀬戸内国際芸術祭でこえび隊(ボランティアサポーターの総称)をやったこともある。だけど、いつもどこか物足りなかった。それ...
宿泊施設でも観光施設でも、そういったものはたいていの場合、町の「外」に向けて作られる。だけど、今年の冬に函館にオープンする予定の「SMALL TOWN H...
3,000円の“年貢”を納めれば誰でも“村民”になれる村があると聞けば、ちょっと興味本位で納めてみたくなってしまったのは僕だけではないはず。実際、この村=...
今年で4回目になる、京都嵐山の「宙フェス」。読み方は、ソラフェスです。宇宙の魅力を味わえると人気ですが、なぜまた嵐山の法輪寺で? と思う人も多いかもしれま...
ノーベル平和賞を受賞したワンガリ・マータイさんが、世界に向けて「MOTTAINAI」を提唱してはや10年。「MOTTAINAI」のは、何も水や電気だけのこ...
その土地でしか食べられない、おいしい食べものがあること。それは、旅行客にとっては忘れられない思い出になるし、現地の人にとっては誇りになる。ここは、瀬戸内海...
国内の人気雲海スポット、長野県の竜王に、新しいカフェが誕生。その名も「SORA terrace cafe」は、まるで雲の上にいるような感覚を味わいながら、...
小さい頃、絵本で読んだ、無人島。テレビの向こうで芸能人がサバイバルしてる、無人島。今まではどこか遠くの存在だったかもしれませんが、いっそ飛び込んでみましょ...
どんな仕事も最初から好条件が揃っているなんてことはなかなかありませんが、そんな時に「環境が悪い」「タイミングが悪い」と考えるのではなく、マイナスをプラスに...
観光名所ひしめく九州において、近年徐々にその存在感を強めている街。それが、佐賀県武雄市だ。辰野金吾設計の「武雄温泉楼門」やカルチュア・コンビニエンス・クラ...
絶滅危惧種も、文化も方言も、失くなりかけて初めて私たちはあわあわと守り始める。失くなるのは、きっと減点だから。神様みたいな存在がいるとして、その人に出され...
古来にはマラリアが猛威を振るい、琉球王朝時代には何度も移民に失敗。食すれば死を招く植物も多く存在する。亜熱帯に属する西表島は、自然が猛威を振るい続けたがた...
もうすぐ、夏。あらゆる鬱憤を吹き飛ばしてくれるようなあの解放的なムードを待ち焦がれつつ、止めどなく汗の吹き出すウダるような暑さはやっぱり苦手。かといってク...
名古屋育ちの私にとって、喫茶店でコーヒーを頼むとピーナッツが付いてきたり、午前中にコーヒーを頼むとモーニングがついてくることはけっこう普通のことで、逆に何...
私は旅に出ると、必ず現地から絵ハガキを出す。おみやげ屋さんで観光名所の絵ハガキを買って、喫茶店で書いて、現地の郵便局から送る。小さい時に近所のお姉さんがフ...