エネルギー

将来的には水田を発電所と呼ぶようになるのかもしれません。オランダの企業「Plant-e」が開発したのは、植物を植えた湿地から電力を“収穫”する技術。まさに...
高架橋の柱と柱の間に見える時計の針のようなものがついたいくつもの丸い穴。かなり奇抜なデザインだが、それだけではない。その機能性に注目だ。「Solar Wi...
アフリカ、ケニア。あまり日本でニュースになることのない国だが、2011年に地熱発電所建設に際して日本企業が受注したことが話題になった。同国では人口のおよそ...
会期を1日延長して、どうにか採択を迎えたCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締結国会議)。アメリカ、中国、インドなどを含めた196カ国が温室効果ガス削...
「持続可能な社会」に向けて、世界の様々な企業がエコな活動を進めていますが、アメリカのEnGoPLANET社が開発したのは、「太陽光」と「通行人の歩く力」が...
これまでネガティブな印象しかなかった「貧乏ゆすり」を、まさかの逆利用で発電させてしまう、画期的な椅子が登場。あの無意識のストレス発散が、周囲の人にもエネル...
東日本大震災とそれに伴う原発事故発生を目の当たりにした、一人の若きエンジニアが、代替エネルギーに革命をもたらす事業を展開している。彼が目をつけたのは風力。...
生可能エネルギーのひとつとして注目が集まる太陽光発電。起伏に富んだ日本の国土では、あの黒いパネルを無数に設置できる発電所の敷地確保は、意外に困難なんだそう...
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
一家に一台。安くて簡単に使える、そんな淡水化装置のデザインが話題です。「Eliodomestico」は、海水を釜に入れて1日放置しておくだけで、飲める水を...
スペイン・バルセロナの建築家André Broessel氏がデザインした「Rawlemon Solar Energy Generator」は、球体型のソー...
英ウェールズ南部のスウォンジー湾で進んでいる「人工ラグーン」プロジェクトを知っていますか?それによると、潮力エネルギーによって155,000世帯の電力を生...
めがねの街、というイメージが一番強いかもしれません。「Sabae Japan Eyeglasses」と聞けば海外でも有名だし、めがねフレームの国内製造シェ...
塗るだけで水素燃料を生成できるペンキの開発が、オーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学で進んでいます。太陽光や風力といったクリーンエネルギーに続く発電方...
毎日、厳しい冷え込みが続く「冬」。でも「夏」はあんなに暑かったのだから、その熱が今あればいいのに…。誰もが一度は思うものです。四季があるのは素敵だけれど、...
「これさえやっておけば、一生しあわせでいられる」。そんな方法があれば苦労しないのに…と悩んでネガティブになってる間に、またひとつしあわせを見落としているか...
1日の流れ、すべてを決めると言っても過言ではない「朝の過ごし方」。せめて効率的に動けるように、コツを掴んでおきたいところですよね。1日を有効活用するために...
みんながアメリカ人のような暮らしをしたらどうなるのかを、統計を使って調べてくれたのが「AsapSCIENCE」の動画。結果は想像できそうだけど、その数値は...
近年はソーラーパネルを利用した自然由来の電力利用が次々と開発されている。しかし、蓄電機にかかる費用はまだ安いとは言えないのも事実だ。ここで紹介する「Gra...
いまだその全容を解明できずにいる脳の中。まだまだ私たちが知らないことがたくさんあるのです。ここからは米メディア「Higher Perspective」に掲...