ドミニカ国

「ワイルドな頼もしさ」すら感じてしま女性を撮影するのは、フォトグラファーのKarevа Margaritaさん。彼女たちには、白馬に乗った王子の助けなんて...
「次のバケーションには、どこに行こうかな…」なんて考えている、旅行好きのみなさん。次は「フレンドリーさ」で選んでみるのはいかがでしょうか?もちろん観光名所...
子どもの成長は早い。靴のサイズはすぐに合わなくなります。そのため、新しい1足を買う余裕のない途上国の子どもたちは、フィットしていないものを無理やり履き続け...
よりよい暮らしのためには、教育が不可欠。けれど様々な理由で、その機会が与えられていない人もたくさんいます。そのひとつが、電源がないこと。そこでドイツの企業...
太陽の国と称されるスペイン。いっぱいの光を浴びて産声をあげたのが、itt JUICE(イットジュース)です。スーパーフルーツやベジタブルの素材を丸ごと活か...
環境先進国のスウェーデン、国民生活の意識のなかにも「食材をムダにしない」は、浸透しているようです。そんな彼らのアイデンティティをまさに体現しているレシピが...
世界規模でサービスを展開するAMAZONは、2015年に小型無人機を使ったサービスの開始を発表したが、インフラ不足の途上国でも、無人輸送機ドローンへの期待...
今となってはすっかりお馴染みとなったVR。それが何を指すかは、改めて説明する必要もないだろう。ただし、ここで紹介するコンテンツは、少々補足が必要かもしれな...
世界で初めてスーツを着ている競走馬がお披露目されたのは、「Cheltenham Festival」。毎年イギリスで開催している、競馬の障害競走のイベントで...
日本では「湯水のように使う」という言葉もあるように、水は気軽に使えるものの代名詞。でも、世界的に見ればそれはとっても珍しいこと。今回紹介するガーナの村も、...
あらゆるハラハラしたシーンが描かれたイラストは、どれも登場人物たちにちょっとした危険が迫っていて目が離せません。でも、この手に汗にぎる微妙な緊張感がクセに...
旅こそひとりの人間として成長するための良き師であり、インスピレーションの源だ。そして旅という最良のツールとリソースを、より多くの方々に活用してほしい。自著...
高速道路が車でパンパン!それもそのはず。この写真が撮影されたのは、1週間ある中国の大型連休「国慶節」の終盤のこと。つまり、帰省ラッシュで料金所に渋滞が発生...
経済成長(お金)と幸福度は一致する?アメリカのシンクタンク「ピュー・リサーチセンター」が、世界43カ国の市民の幸福度をアンケートを行った。調査期間は、20...
使っているものが壊れたら、修理せずに買い換える。その方が安いし、新品の方が優秀だーー。スウェーデンはそんな“使い捨ての仕組み”を変えようとしている。「修理...
旅と食べ物をこよなく愛するふたり組のアーティスト、Caitlin LevinとHenry Hargraves。彼らが作り上げた世界地図は、その国の特産品や...
「エコノミスト」は、毎年「世界で最も住みやすい都市ランキング」を発表していますが、その上位10都市のうち6都市を、オーストラリアとカナダの2国が占めている...
今まで訪れた中で、一番心に残っている国はどこですか?3年半に渡って世界中を旅してきたJacob Laukaitisさんにとって、それはニュージーランドでし...
SNSやメッセージのやりとりが当たり前になってしまった今、封筒や便箋、そして切手を選んでまで手紙を出す、という人は少ないかもしれません。でも、昔の人たちに...
昔から〈BIC〉ライターが好きで、タバコ屋さんへ行くと、つい手が伸びてしまうんです。アイスキャンディのような、ポップな色合いがかわいいですよね。僕は、買う...