ママバッグ

どんなにおもちゃを散らかしても、カンタンに後片付けができる。ゆえに子どもが後片付けを嫌がらないーー。そんな、魔法のようなバッグがノルウェーから登場しました...
コーデュラナイロンで、防水ジッパー、タフでブルックリンを駆け抜ける本格派…。そんなメッセンジャーバッグが多いなかで、ひときわナチュラルな存在感を放つ、リネ...
読書には、どこか知的なイメージが伴います。電車やバスの中で本を読んでいる人がいるとつい気になって見てしまう、なんてこともありますよね。そういう意味ではこの...
〈SUBLiME(サブライム)〉の「POCKETABLE WRAP BAG(ポケッタブル ラップ バッグ)」は斜めがけ、肩掛け、ウエストバッグの3WAYで...
楽しみたいときは、まるで親友のように一緒にショッピングではしゃいで、ゆっくりしたいときは海外ドラマを見ながらグータラ。悲しいときは、黙って胸を貸してくれる...
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...
〈MATATABI(マタタビ)〉の「Paper Clutch Bag」は、キャンバス地のペーパーを貼り合わせることで、封筒のような質感とキャンバスの強度を...
〈SPEEDO(スピード)〉と〈NEUTRALWORKS.(ニュートラルワークス.)〉がコラボした「ウォータープルーフポーチ」が便利です。本来の用途は水着...
女性の中には、努力して美貌を保つ人や年を重ねるごとにもっと美しくなる人がいます。しかし、多くの人の外見的な美しさは薄れていくのが現実かもしれません。それな...
浴室、トイレ、息子の部屋…と家中に落書きをしているのは、ベルギーのイラストレーターJoke Neyrich。「家は私の大きなキャンバス」と言い切る彼女は、...
〈STORAGE.it(ストレージ ドット イット)〉のノート。その最大の特徴はノート自体よりもカバーにあります。スライドジッパーの付いたカバーは、ちゃん...
10代の頃、親の話をきちんと聞かなかった経験は誰にでもあると思います。夢見がちで、両親の話が退屈に聞こえていたのかもしれません。でも20代になって人生経験...
「自分」のアイデンティティが生まれる上で、とても重要な役割を担うのは、母親の存在。Robyn Reischさんが「I Heart Intelligence...
母親にとって、掃除とは子どもとの果てしない闘いのようなもの。片づけても片づけても、端から汚されていく。そんな毎日にうんざりしたひとりの母親がサンクス・ギビ...
「恋人に母性を求めてしまう」なんて話はよく聞きますが、誰にとっても「お母さん」は特別な存在。いつもそばにいてくれて、誰よりも理解してくれて、なんでも受け入...
反抗期まっただ中の10代は、「お母さんはあなたのことを考えて言ってくれているのよ?」なんていうセリフには耳も貸さずに、「ふんっ」と聞き流していたのでは?で...
4人の子どもを女手ひとつで育てることになった母親のカーラさんは、家族で移り住むための新居を探していました。しかし、広い家は高すぎて買えないし、手が届く価格...
ジムでワークアウトをしたあとや、旅行のとき。カバン中に汚れた汗臭い服を入れるのはちょっとイヤですよね。そんな悩みを解決すべく開発され、現在Kickstar...
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
ごめんなさい。これ、今は売ってないんです。3年ほど前に〈かまわぬ〉のみなとみらい店がオープンして、その時に限定で作った商品です。わたし、通勤用のカバンがあ...