動物愛護

その手法に賛否両論あるものの、毎回過激なメッセージングで動物愛護への問題提起を投げかけるPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)。今回も、ロンドンを舞...
今の快適な生活は、誰かの大切なものを奪うことで成り立っているのかもしれない。それを意識しながら日々を過ごしている人は、どれだけいるんだろう。人間同士で思い...
動物愛護や環境保護を考えるのは大切だし、みんなが真剣にそれを考える世の中になればステキ。それは間違いないことなんだけど、人間からすると助けているつもりでも...
最近、「モモンガが地球上で一番キュートな動物だ!」と海外で話題になっている模様。でも、そう言われたところで、普段は写真ですらお目にかかることが少ないですよ...
お金持ちの家で壁に飾られている動物の「剥製」。実際には見たことなくても、映画やドラマの中で象徴的に映し出されているシーンはイメージできるのではないでしょう...
TVや雑誌で一般的な「星座占い」からは一歩離れ、新鮮味のあるネイティブアメリカンの「動物占い」に触れてみてはいかがでしょう?「Higher Perspec...
魔法でもかけたの?メルヘンチックなアニマル・ポートレートの撮影を続けているのは、アメリカのロードアイランド州在住のフォトグラファーRob MacInnis...
「偶然」とは、なんて素敵なのだろうと思わせられる一瞬の数々。2016年の「The Comedy Wildlife Photography Awards」に...
ライオン、ゾウ、バッファロー、ヒョウ、サイ。アフリカのサバンナに生息するこれらの野生動物は、通称「BIG5(ビッグファイブ)」と呼ばれ、狩猟が厳しく禁止さ...
インドのNGO団体が制作した映像が話題になっています。ここで紹介されているのは、ムンバイで生きる野犬にカメラをつけることで彼らが日々どんな生活を送っている...
Facebookに投稿された2匹の犬の写真は、米テキサス州ダラスの道路上で撮影されたもの。息絶えた茶色い犬の側で、ただじっとたたずむ白いグレート・ピレニー...
20世紀の「使い捨て社会」から循環型の社会へ。いま世界の多くの人々が、そのための努力を続けています。大量生産、大量消費、大量破棄。それらが食品業界にもたら...
まっすぐこちらを見つめてくるホッキョクグマの赤ちゃん。その瞳に釘付けです。このかわいすぎる写真の作者は、バルセロナで活躍している写真家、Yago Part...
ファンタジックで鮮烈な色彩が特徴の動物とヒトの写真。両者が、まるで絵画のように寄り添っている姿は、どこか温かい気持ちにさせてくれます。このシリーズはフォト...
ひと際目を引く、動物をモチーフにしたこちらのペーパーランプ。じつはこれら、日本の「折り紙」にインスパイアされているアイテムなんです。この動物ランプを作った...
なんとも海外らしいイベントがある。参加者がほぼ全裸になり走るというチャリティーラン。しかし目的は至って真面目。絶滅してしまうのではと危惧されているトラを守...
ただ壁にかけられた状態ではよく分からない三角のオブジェですが、スイッチをオンにすることで、完成します。なんだかとてもファンタジーですね。このように、羽を広...
青い鳥でお馴染みのTwitterのロゴは、13個の円を組み合わせた「曲線だけ」で描かれている──。そんな話を聞いたことがあるかもしれません。カナダ出身の女...
キュンキュンするほどかわいい、空飛ぶ子猫。ちっちゃな体を目いっぱい使って無邪気に遊ぶ姿に、癒されちゃいます。でもじつはこの写真は、捨て猫たちの保護を呼びか...
自然保護政策の先進国コスタリカ。国土の約1/4を自然保護区に指定するほど、生物多様性を保つ活動に積極的。この“生命の楽園”で、世界に先駆けた新たな計画が進...