悲しい

悲しいメロディを聞いて感傷に浸るとなんだか癒される、というのも音楽の楽しみの一つかも。でも、なんで人は「悲しい」音楽を好きになるんでしょうか?悲しくなりた...
2005年から韓国に住んでいるドイツ人の映像ディレクター。そこで西洋にはない男女間にある差を感じることに。長く住めば住むほど、その問題は歴史や文化に影響さ...
ドクロや兎、鹿を型どったキャンドル&ホルダーが話題になっています。その理由は、火を灯すと、まるで泣いているように見えるから。演出するのは「切ない」雰囲気!...
ポリ袋に入った乳児の遺体がゴミ捨て場から見つかった、女子高生が自宅のトイレで出産し、生まれたばかりの赤ん坊を窒息死させた…。赤ちゃんの遺棄事件のニュースが...
恋愛で最も大事なのは、お互いの気持ちの「バランス」。自分の「好き度」が、相手の気持ちに圧倒的に勝ってしまうと、のちのち痛い目に遭うかもしれません。たとえば...
いま、世界中で1本の指だけにマニキュアを塗る男性が現れているという。ファッションとしてではなく、どうして男性がそのような行為をするのか?そこには、悲しい理...
今年の秋から、パタゴニアのダウン製品は大きく変わった。例えば、下のダウン・セーター。アルピニストだけでなく、シティユースでも人気の一着を例にチェックしてみ...
ソフトウェア開発の共有ウェブサービス、GitHubで行った調査と研究によると、女性コーダーのコード内容が高評価であっても、プロフィールに性別を女性と登録さ...
これは「リア充っぽい投稿」に見え隠れする影の部分を描いた作品。いつも目にしているフィードと見比べると…思い当たる節があるかも。編集された生活とその結末とは...
英・ウェールズの北西にあるカーナーヴォン城で、あるインスタレーションの展示が行われました。なんと、キャンバスに選ばれたのはお城そのもの。ひとつの窓から何千...
このCMは「国際女性デー」に際して、バングラデシュを拠点とする広告会社が制作したものです。美容院での一コマを切り取ったこの動画は、女性の権利について訴える...
「Higher Perspective」で、繊細で敏感な人が知っておきたい4つのことが紹介されています。繊細であるということは弱いと思われがちですが、さま...
職場での片思いの相手に失恋…。普通の失恋よりもダメージが大きいことは想像に難くないはずです。なんせ、この先も(下手すると毎日)顔を合わせなくてはなりません...
ニューヨークやロンドンの街角で、道路標識に一台の白い自転車が括りつけられているのを見たことがあるだろうか?いつも同じ場所に固定され、薄汚れた姿は、一見する...
涙には、ストレスを体から追い出す効果があります。ストレスを溜め込むと病気の原因にもなるので、その効果は絶大なんです。涙についての研究を進める神経科学者、ウ...
別れてしまった過去のパートナーに、今もなお思いを馳せているあなた。ぜひ読んでほしいのは、「Elite Daily」に掲載されているPaul Hudsonさ...
失恋さえなければ、人生は随分とラクだと思うんです。でも、一度も失恋をせずに一生を終えることなんて、ほとんどの人ができない。だったらせめて、乗り越える術だけ...
どんなに大きな失恋でも3ヶ月で立ち直る!?失恋からどれくらいで立ち直ったか、というのはどの国でもどの年代でも気になる話。一世を風靡した海外ドラマ「セックス...
子どもを育てるうえで周囲の理解が得られず嫌な思いをした人はたくさんいるはずだ。ADHDの子どもを持つある母親も同じ。駄々をこね癇癪を起こす子どもを連れてま...
失恋の傷は、時間と新しい恋でしか癒せません。それは米メディア「Elite Daily」屈指の恋愛マスター、Paul Hudson氏も認めるところ。でも失恋...