無愛想のススメ 人間関係が劇的に改善する唯一の方法

いつも誰にでもニコニコしていて「愛想の良い人」は、一見すごく人付き合いがうまそうに見えます。でも、その笑顔のウラには「人に嫌われたくない」という恐怖や不安...
「愛想が良い人」は人付き合いがうまく、誰にでも好かれる印象があります。でも実際には誰にも嫌われないように生きているため、次第に自分を見失ってしまい、誰にも...
「愛想の良い人」は、ただのいい人で終わってしまうことが多く、恋人にも親友にも恵まれないことが多いものです。仕事の上でも割りを食ってばかりで、なかなか目立っ...
人間関係の悩みは、いつの時代もつきものです。どこに行ってもすぐに人と仲良くなれる人を見ると、羨ましい気持ちにもなります。「The Smart Dating...
声が小さいことで損をしたり、コンプレックスに感じている人は多いことでしょう。声が小さいことには大きく分けて身体的な要因と、精神的な要因とがあります。声が小...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
人間関係は、日常生活を送る上でも欠かすことができないものですが、何かのきっかけで人を信じることができない、人間不信に陥ることがあります。人間不信のまま楽し...
人は得てして自分をよく見せようとするので、自分の短所や弱い部分をすすんで明かしたりはしないでしょう。口に出すのは大体、自分の長所や成功談になるのではないで...
ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとし...
職場でもプライベートでも、人間関係は難しいもの。最近はSNSの登場でさらにその関係は特殊になってきました。そんな中、人と人との関わりあいを円滑にするのが「...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
複雑な人間関係ーー。自分に本当に必要な人と、そうでない人間がいるとライターPaul Hudson氏は豪語する。もしも、彼の主張するような“関係を見直すべき...
人間の感情や、心理学に関する本を14冊も書いている作家のRobert Augustus Masters氏。彼が書いたセックス以外に恋人との関係を近づける7...
もともとせっかちな性格で、なんだか自分は損をしていると感じることはありませんか。もし、自分でも変わりたいと思っているのであれば、できることから順番に試して...
無意識というものは、脳の90%を支配しています。「感情」「思考」など意識を司る部分は、脳のたった1割の部分で行われているだけです。だから「無意識」の動きを...
三浦将さんの著書『相手を変える習慣力』では、「部下の考えていることが分からない」「結婚していた当初のように夫婦関係を良好にしたい」と、人間関係がうまくいか...
コミュニケーションにおける、勘違いポイントのひとつがボディタッチ。さり気なくサラッと決められてしまうと、嫌とも思わないのに、ぎこちなさが体温を通して伝わっ...
大勢の場で、話を始めるのが苦手。友だちの輪を広げたいけど、なかなか自分から動けないーー。そんな悩みを抱えながらも、社交性を磨くことを望むすべての人に知って...