自動運転技術

ドライバーに代わって人工知能(AI)がハンドルやブレーキを操作して、目的地までたどり着く「自動運転」。近い将来、急速に市場が拡大することはもはや自明の理だ...
安全なクルマの代名詞とも言える、スウェーデン生まれのVOLVO(ボルボ)。「2020年までに、新しいボルボ車での死亡者や重傷者をゼロにする」と目標を掲げる...
2016年8月、ついにアメリカのカリフォルニア州ピッツバーグで、自動運転の車が実際に公道を走り始めました。走っているのはUberが運営するもので、車種はボ...
未来の車はきっとこうなるはず!そんなイメージをそのまま具現化した車両の開発が進められています。これまでにも、いくつか飛行できる車のニュースはありましたが、...
囲碁や将棋で人間が負かされたり、人間と見分けがつかない記事を書いたり最近、何かと話題のAI・人工知能。近い将来人間の出る幕がなくなるのではないかというほど...
日本の法律では、まだ私有地しか走行ができない自動運転車ですが、フィンランドの首都ヘルシンキでは、昨年より実用化に向けた自動運転による無人バスの導入テストを...
人気ラーメン店でも、海外から初上陸したスイーツ店でも、これで長蛇の列は苦にならない!…とまでは言い切れませんが、待ち時間のストレスが軽減されるのは確か。先...
自分の足にぴったりのフィット感にできるところが、ひものついたスニーカーのいいところ。でも、脱ぎ履きするたびにいちいち結び直すのも大変だし、無精してそのまま...
とある交差点の様子を写した写真が、Twitterで話題です。なんでも、自動車の運転が苦手な人は、なかなかこの“違和感”に気付けないのだとか。さすがにみなさ...
しかもこれ、“自転車に乗って走る”ことを動力源として機能するものなので、電気も要らないのです。もちろん空気圧も設定可能。つまり…、ゴムでできたタイヤチュー...
見てください!ぐしゃぐしゃになったベッドの上が…足元にシーツが固定されており、側面からニョキっと出てきたアームによって引っ張って整えます。これなら、もう掛...
2015年11月24日(火)に、ある夜行バスを利用した@tmcwkさん。どうやら、この日担当してくれた運転手はどこか様子が違ったそうで、そのアナウンス内容...
朝、ベッドから起きるのがつらい季節ですね。ぬくぬく、もう少しだけ入っていたい…と思いつつも、意を決してバーン!おそらく布団を整えないまま外出する人もいるで...
経営コンサルタントを営む小宮一慶さんは、仕事柄タクシーに乗る機会が多く、当然運転手さんと話すことも多いそうです。そして、タクシーの運転手さんにはじつにさま...
ベンツが、自動運転のできるトラックを開発した。ベンツが描いた、2025年の車の未来は自動運転トラックだった。「ハイウェイパイロット」というレーダーセンサー...
運転中、センサーやカメラで周囲の状況を認識し、事故発生の危険を知らせる「運転支援システム」。予防安全性能を搭載した新型車は、まさに今のトレンド。とは言え買...
人間は学ぼうと思えば何からでも学ぶことができるし、思わなければどんな教訓だって「馬の耳に念仏」になるでしょう。経営コンサルタントの小宮一慶さんは全国津々浦...
自動運転の実用化がそう遠くない未来に訪れようとしています。ここで紹介する次世代マシンも、スマホを使って操作する完全オートマチックな自走式。ただし、こちらは...
自動運転の開発が進んでいる。国内に限ってみても、2020年の東京オリンピックまでに「ロボットカー」を実現させようという国家戦略特区プロジェクトもある。安全...
取り込んだ洗濯物をすぐにたたまず、バサッと床に置いておくだけでは、せっかくキレイに洗った衣類にまた汚れやシワが付いてしまう。かといってキレイにたたむには、...