裁縫箱

手のひらにすっぽりおさまる、小さなソーイングセットです。これは、仲良しの友人が「これ、ゆみさんにいいと思って」って、プレゼントしてくれたんですよね。この友...
スニーカーに全く詳しくない私ですら、「Air Force1」や「Air Max」は知っています。一時期よりは少なくなった印象があるけれど、依然として街中で...
マンガやアニメを通じて日本の弁当文化が注目されています。フランスを中心にヨーロッパではブームで、なんでも“BENTO”として辞書に載るほどなんだとか。ここ...
サンドイッチやスナックを持ち歩く時、お弁当箱だとかさばる。でもラップやビニールバックだと心もとないし、なにより可愛くない。だったら「見せたくなる透明バッグ...
柔らかなチュール布を自在に操るアーティストのBenjamin Shineは、筆で描くのでも、縫うのではなく、アイロンを使った絵画を生み出す。アイロンでシワ...
ドイツ出身のSusanna Bauer氏は、自然のものを使って様々なオブジェを生み出すアーティスト。木のかけらや石など、普段はなんとなく見過ごしている素材...
〈フェローズ社〉の「バンカーズボックス」。世界中のオフィスで使われている書類保管箱にミニサイズの「バンカーズボックス101ミニ」が登場しました。デスク上の...
デジタルスケールが付いていて、カロリー計算をすることができる弁当箱MacroPack。これを使えば、栄養バランスの良い食事をとることを助けてくれます。
クラウドファウンディング「Kickstarter」に登場後、わずか半日で目標額を突破し話題をさらった新製品が、この弁当箱。もちろん、ただのそれではありませ...
公共福祉のための寄付や、チャリティーの精神が浸透しているアメリカで、新たにこんなすてきなコミュニティサービスがスタートしました。もちろん、すべてが市民レベ...
街中の電話ボックスや、木の枝にかかる小さな小屋、子ども部屋のような小さな木のおうち。こういったミニサイズの貸出図書館を、世界のあらゆる場所で見かけるように...
いかにもなフォルム。パッと見だけならナチュラルカラーのラップトップや、モバイルガジェットと思っても不思議はないが、その実これは弁当箱。もはやそこにハコとし...
誰にも見られたくない大事なものは、どこにしまっておくか迷うところ。仮に鍵をかけたところで、鍵そのものが見つかってしまえばおしまいです。そんなときに使いたい...
「函館」には、町を内側から元気にしようとしている人たちがいる。リードしているのは、箱バル不動産の代表、蒲生寛之さん。蒲生さんは4年前、地元函館の西部地区に...
アルバムや卒業文集、子どもが育ったあとのベビー用品、趣味で集めた本やCD、フィギュア、シーズンオフの洋服や靴……今すぐ使うワケではないものや、どうしても捨...
予定価格は350万円(税抜き)から。「自然指向のライフスタイル」を提案するアウトドアブランドのSnow Peak(スノーピーク)が、住まいとしての機能をも...
フィンランドでは、妊娠4ヵ月を迎えた家庭にふたつの選択肢が与えられます。ひとつは育児給付金を受け取ること。もう一方は、「ベビーボックス」という段ボール箱を...
10年前の2006年、アメリカのデンバーに誕生した「SAME cafe」。当時、市としては初のNPO(非営利)レストランでした。そんな、募金やボランティア...
250円の段ボール箱の正体、それは寺田倉庫が提供するクラウド収納サービス『minikura MONO』。その名前を聞いたことがある人もいるかも知れません。...