言語

複数の言語を扱うことによるメリットが、「I Heart Intelligence」に掲載されているのでご紹介。正直、パッと思いつくことといえば、外国人との...
サザンクイーンズランド大学の准教授Warren Midgley氏が、オーストラリアの子供達が学ぶべき言語を話者数、ビジネス、旅行、貿易などの面から考察。実...
アイスランド語は、発音や活用が複雑なことから「世界で一番難しい言語」と言われることも。もっとアイスランドの言葉に慣れ親しんでほしいと考えた観光局が作ったの...
「コトバの壁さようなら」との謳い文句で発表された翻訳デバイス「ili(イリー)」が話題です。PR動画では、外国人男性が製品を使って次々と日本女性に声をかけ...
ふかしたじゃがいもに乗せるものといえば…。テックスメックスならばチリビーンズにチーズ、イギリスならばハムやベーコンの細切りと、さまざまな料理スタイルが世界...
絶滅危惧種に指定されているジャイアントパンダ。彼らは、少なくとも13種類の鳴き声を使い分け、コミュニケーションを取り合っていることが判明。“パンダ語”を解...
「知能は単一ではなく複数である」。そう説くのはハーバード大学ハワード・ガードナー教授。曰く、人間は誰でも8種類の知能を持って生まれており、その組み合わせに...
「フランス人の女の子と知り合ったとき、アイデアを思いついたんだーー」そう語るのは、リアルタイムで外国語を翻訳してくれるイヤホン「the Pilot」の開発...
失敗するのが怖いーー。外国語の勉強をしている人なら、一度は感じたことがある悩みでしょう。でも、遅かれ早かれ、いつかは必ず失敗するものなのです。だったら最初...
言語研究サイト「Ethnologue」(2015年度版)によると、世界には実に「7,457」もの言語が存在するそう。想像をはるかに上回る数字だけれど、英語...
おやすみ前の絵本は、小さい子どもにとってその日最後の特別な時間。この読み聞かせをママではなく、パパがしてあげる方が「子どもの能力向上につながる」という、新...
世界を旅するとき「コトバの壁」は無視できない。たとえ初めて訪れた国でも、その国の人とコミュニケーションが取れれば取れるほど、楽しめるものだと思う。僕もウク...
世界には大小様々な国が存在する。ロシアのような広大な国土を持つ国家がある一方で、極めて小さな国土しか持たない「ミニ国家」も存在する。モナコ公国も、そんなミ...
彼女が何で怒っているのかわからない、妻が急に不機嫌になる…。女心がわからず苦労している男性諸君、彼女たちは理不尽に怒っているのではありません。女性には女性...
うまく言葉にできない気持ちってありますよね。一生懸命頭の中で考えるけど、うまく表現できない…。でも、今から紹介する3つの外国語を使えば、説明できるようにな...
社会人になって数年。英語を学ぼうとするたびに、必ずネックになっていたことが2つある。1つ目は、定期的にレッスンや勉強の時間がとれないこと。2つ目は、実生活...
ボストン在住のあるネット民のつぶやきから、ツイートを二分するような論争を巻き起こしている「スパゲッティ問題」。もし、spagettiを1本だけフォークです...
「ドイツ人」と聞いて、どんな人をイメージしますか?まじめ、几帳面、仕事熱心…。もちろん性格は人それぞれですが、こういった単語が思い浮かんだ人が多いのではな...
世界のさまざまな言語には、日本語と同じように「比喩」が存在しています。それぞれの国で独自の表現をするため、よその国の人が聞くと「ナニソレ?」となるのは当然...
フォトグラファーOmar Redaの写真に映るのは、サドゥーと呼ばれるヒンドゥー教徒の修行者たち。彼らの顔に施された装飾をみるとユニークなものばかりで、日...