隠し味

冷蔵庫の片隅に、使い切れずに眠ったままのジャムはありませんか?朝食のトーストに毎日使っていても、なかなか減りませんよね。そんなあなたに知っておいてほしいの...
玉ねぎ、セロリ、人にんじんを、それぞれ2:1:1の割合で、にんにくとたっぷりのオリーブオイルで炒め煮にしていくだけ。プロはこの材料で1時間〜1時間半ほど弱...
この夏、まことしやかに囁かれている新たなコーヒーブームがあるそうな。なんでも、ブルックリンにある幾つかのコーヒーショップで、コーヒーとレモネードをカップリ...
「ニョッキ」といえば、おもにジャガイモと小麦粉を練り合わせてつくるパスタの一種。レストランで食べたり、できたものを買ってくることはあっても、“自宅でつくる...
「Nitro Cold Brew」は、専用のサーバーで注がれる窒素ガス入り水出しアイスコーヒー。まるで黒ビールのようなその見た目が、昨年の夏頃に大きな話題...
食卓にすっかり浸透した「ゆず胡椒」。そんなゆず胡椒愛好家の間で、話題になっているのが「かんずり」という調味料。その「かんずり」の魅力や料理がグンとおいしく...
いくら会議しても話が進まない、取引先とのやり取りにも先が見えないーー。新しい閃きが欲しい!そんな時には、ネットや本ではなく「お菓子」を変えてみてはいかが?...
料理スキルに自信はないけれど、気の利いたゴハンは作ってみたい。そんな願望に応えてくれるのが、今回紹介する「ビールごはん」。読んで字のごとく、水の代わりにビ...
チーズ専門店でパルメジャーノ・レッジャーノ(いわゆるパルメザンチーズ)を買うと、焼き印が押された固い外側の皮(外皮)が付いてきますよね。一見「ワックスが塗...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」第9回は、マドリードの家庭の味。
青森県で古くから愛されているご飯のお供と言えば、「味よし」。普通であれば、山菜漬けや、魚介の塩辛をイメージするからもしれませんが、「味よし」は数の子、昆布...
人工知能(A.I)は、手料理までを奪い去ろうとしています。利便性を追求した結果、ロボットアーム付きのシステムキッチンなるものが登場。しかも、あのトップシェ...
オーストラリア・メルボルンは、カフェの街とも言われるくらいコーヒー好きに愛されるおしゃれなお店がたくさんありますが、ちょっと不安になるようなビジュアルイン...
普通のラブホテルで盛り上がらなくなったら「ビンテージ」なラブホテルを ——。大阪在住のフォトグラファーRik Sanchez氏は、妖艶なモデルの女性と共に...
ショッキングなこの動画は、アメリカの動物愛護NPO団体が、ある豚肉処理工場に潜入取材し撮影したものです。欧米で物議を醸している理由は、米の法律で禁止されて...
シンガポール国立大学の研究によって開発された「Vocktail」は、視覚と嗅覚、味覚を操ることで、ただの水でもカクテルを味わったような感覚にさせるのだとか。
ジューシーで柔らかいレストランで食べるようなステーキを自宅で作ることができたら……。そんな願いを叶える「オイルラッピング」を紹介しましょう!使うのは「牛脂...
カレーといえばインドを連想するように、シチューもヨーロッパの国々をイメージするかもしれません。煮込んだソースをパンやお米とともに食べるスタイルが各地にあり...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
今、チョコレート業界でトレンドといえば「ビーントゥーバー」。2007年頃にアメリカの「MAST BROTHERS CHOCOLATE」というメーカーが、ビ...