風景

イメージしていた景色や匂いと、実際がまったく違っていたとしても、全然OK。なんと言っても、旅は発見があるから素敵です。鎌倉は、とくに関東に住む人にとって身...
「つらくてつらくて、立ち直れないと思う時だってある。でもそれは、未来が良くなっていくことのサインだと信じているんだ」自身のブログでそう力強く述べるのは、ニ...
どこか画一的なイメージを持っていた老人ホーム。でも、海外に目を向けると、こうした発想があることに驚かずにはいられません。舞台は、オハイオ州の老人ホーム「T...
結局のところ、誰かに解釈を求めたところでファインアートのなんたるかが分かるとも思えない。そういう多くの人たちのために、このアーティストデュオが取り組むプロ...
「偶然って、やっぱりあるんだな」って感じた。先に種明かししちゃおう。この記事で紹介する7枚の写真は、イタリア・トスカーナ州で撮影されたモノ。フォトグラファ...
フランス人グラフィックアーティスト(Vahram  Muratyan)は、パリとニューヨーク(NY)を股にかけて活躍する人。一年の半分ずつを2都市で住み分...
トルコ出身のバックパッカーBerk Armaganさんは、紙コップに絵を描いてそれを売ることで、旅の資金集めをしている。1つの作品には30分〜5時間かかる...
Googleマップの「ストリートビュー」が歪んでいるようなこれらの写真。じつは、すべて意図的に撮影されたもの。見ればみるほど平衡感覚が失われていく、違和感...
フランス人風景写真家のBeboyさんは、世界各地をすでに3年以上かけて旅をしている。目的は、世界で一番美しい景色をフレームに収めるため。それを演出する最良...
旅の醍醐味の一つは、自分の日常とは違う、その土地の「リアル」を知れること。だから、民泊をして現地の日常を覗いてみたり、地元のスーパーで食材を調達してお料理...
バレンシアに住んでいるカップルは、メインの仕事をしながらも、趣味で建築物とアートを融合させるプロジェクトを進めている。楽しむことを目的にしていたが大手企業...
スイスと言えば大自然。アルプス山脈を電車で駆け抜けたりするイメージだけど、その自然の中にポツンと建てられた劇場がある。季節ごとにテーマを分けたパフォーマン...
2年前に仕事を辞めて、世界へ旅立ったカップルは、40ヶ国に訪問して14,000枚以上の写真を撮影したそうだ。帰国後、写真をチェックしていたところ、異なる国...
……え、時計だったの?と、思わず心の中で呟いてしまった。このアンティーク調な建物のオブジェ、窓にともる光で時間を知らせてくれるというシロモノ。何時を指し示...
シンガポール生まれ、シンガポール育ち、悪そうなシンガポールのスポットはだいたい撮影に行ってるんじゃないかなっていうフォトグラファー、Yik Keat。彼の...
毛の一本一本まで精緻に描かれた、動物のポートレート。その体の奥に透けるのは、美しい風景…。このイラストレーションは、デンマーク・コペンハーゲンに本拠を置く...
業務用冷蔵庫より、はるかに寒い世界。ロシア連邦東部サハ共和国の首都ヤクーツクは、世界でもっとも寒い大都市だと言われてます。さらに内陸に位置するオイミャコン...
空っぽでも十分イケてるけれど、ビールを注げばより味が出る。実はいま、そんなグラスの注目度がグングン上がっているようなんです。ビールが夕空を演出し、風景がノ...
ファッションと音楽とカウンターカルチャー、そして政治へのメッセージが絡み合い、世界の若者たちがムーブメントを起こした70年代。この時代にファッションを発信...
単体で存在するならば、何の変哲もないペーパーアート。しかし、それらを上手く風景と一体化させて、生命を吹き込んでしまうイギリス人が登場しました。ついつい最後...