ふたご座の人と付き合ってわかった「10の特徴」【5月22日~6月21日生まれ】

Elite Daily」のRebekah Jakobs氏が綴った、ふたご座と付き合うのが楽しい理由という記事が、ズバリ彼らの特徴を言い当てているとアメリカで話題になっています。その通り!と頷けるものから(?)と思うものまで。
付き合ったことがある人は思い出しながら、ふたご座の人は頷き?ながら読んでみては。


 

th_スクリーンショット 2015-06-05 12.25.10


ふたご座の人とは、どんな人でしょうか?常に変化し続ける彼らを見ているのと、楽しい気持ちになります。
みんな心の中には闇を抱えているものですが、特にふたご座の場合ははっきりとした二面性があります。二重人格ということではありません。自然と、心の中に2つの側面を持っているのです。ある時は優しくあたたかい笑顔で受け入れたかと思えば、次の瞬間には冷たくはねつける…。予想できないふたご座の行動は、人々を惹きつけることも。

01.
ウソがつけない
思ったことをそのまま言う

ふたご座の人の側にいれば、え!?と思うようなおもしろい発言を聞くことができるかも。彼らは思ったことをそのまま言葉にします。ウソをつくなんてもってのほか。何か隠しごとをしている場合は、本当に信頼できる人にだけその秘密を打ち明けます。

02.
好奇心旺盛で
気になることいっぱい

いろいろなことに興味がありすぎて、それを持続させることが難しいほど。彼らの好奇心旺盛な様子は、まわりの人をワクワクさせます。彼らと付き合ったら今まで想像もしなかったような、新しいことに出会える可能性大です。そこから学ぶことも多いはずですよ。

03.
束縛が大嫌いで
自由を楽しみたいth_shutterstock_186862655

興味が移ろいやすいのも、彼らの特徴。変化がないことにあまり興味を持ちません。冒険心があり、多少リスクがあることにも挑戦します。また誰かと付き合っていても、束縛が嫌いで自由を大事にします。だからその相手が必要不可欠というワケではありません。あまり束縛をすると、あなたの元を去っていく可能性も…。

04.
みんなに見せない
秘めた知性を持っている

ふたご座の人は本当に信頼している人にだけ、自分をさらけ出します。むしろそれ以外の人には感情をあまり見せません。付き合っている相手にさえ話さないことも…。
彼らは、知性をもつことがとても好きで、勉強が大好き。ふたご座の人があなたを認め、心を開いて話してくれたとき、彼らのその深い知性に驚いてしまうかも。このような側面を見ることができる人はごくわずか。それほどまでに、信頼されているという証拠なのです。

05.
溢れんばかりの好奇心
一緒にいても飽きない

ふたご座の人と付き合っていれば、退屈することなんてありません。彼らの冒険心や好奇心は人生を楽しくさせてくれるもの。エネルギッシュな姿勢や独特の個性は、いつも驚きを与えてくれます。
ですが、彼らのそのような一面を理解するにはじっくりと付き合う必要があります。長い時間をかけて彼らの本当の魅力を知るのです。

06.
突然いなくなることも…
心変わりが激しい

昨日言っていたことが今日は違う、なんてこともしばしば。のような人と付き合うかも、その時に何を求めているかによって変わっていきます。仮にその人があなたから離れてしまっても、のんびりした気持ちで付き合いましょう。また戻ってくるかもしれません。

07.
頭の回転が速く
口喧嘩が強い!

ふたご座の人とはケンカをしないほうが無難。頭の回転が速い彼らにケンカで勝つのは至難の技。あっという間に言い負かされてしまうかも。

08.
過去を振り返らず
サバサバしているth_shutterstock_208864351

変化こそがふたご座の人の人生。刺激や変化がないコミュニティからは離れていきます。何かを失うことは、彼らにとってはあまり辛いことではありません。
それは恋愛も同じ。終わってしまった恋愛関係は過去のものとして、未練なく昔の話をすることができます。過去の恋愛について何の嫉妬もなく話すことができるのは、ふたご座のいいところ。

09.
お金を貯めるより
人生楽しく!

遊ぶ時に、あなたはお金を支払う必要がないかもしれません。ふたご座の人は、何か楽しいことがあればどんどんお金を使ってくれます。コンサートからお酒、さらにはタヒチに遊びにいく時まで。素敵な時間を過ごすためならお金を出し惜しみません。一度きりの人生を、目一杯楽しもうとしているのです。

10.
後悔しない
一度きりの人生を楽しむth_shutterstock_225115375

この世に、永遠に続くものなんてありません。だからこそ、自由を謳歌しさまざまなことに挑戦するのです。後悔することなんてほとんどありません。彼らが長い間落ち込んでいることは、ごく僅か。昨日までは落ち込んでいても翌日元気なことも。

ひとつ、最後に参考まで。ふたご座の人と付き合えてうれしく思う気持ちも分かりますが、あまりまわりに言いふらさないように。そんなことしたら、彼らはすぐに去ってしまうかもしれません…。

Licensed material used with permission by Elite Daily

 

過去に、5月21日〜6月20日生まれの「ふたご座」と付き合ったことがある人なら、思わず頷いてしまう、あるある。自身もふたご座であるというライターのAlic...
なんでも感情的になる人って、少し面倒…。そう感じる人におすすめなのが、物事に執着せず、自由奔放な「ふたご座」です。(5月22日〜6月21日生まれ)ライター...
「Elite Daily」の女性ライターAlice Panikian氏が書いたふたご座の人に共通する特徴が、アメリカで話題になっています。曰く、5月21日...
ふたご座ほど、人の興味をそそり、相手をワクワクさせる性格の持ち主は他にいません。女性有名人なら、マリリン・モンロー、ナタリー・ポートマン、アンジェリーナ・...
香川照之氏が新たにプロデュースする「草花と昆虫のエシカルブランド Insect Garden」は、再生ペットボトル100%素材などのエコ素材を使用。ブラ...
すべての人に当てはまるというわけではありませんが、「傾向」として気になるこちらの記事。ライターCaithlin Pena氏が「YourTango」にまとめ...
冬は空気が澄んで、夜空がとても美しい季節。なかでも「ふたご座流星群」は、観測できる流星の多さや、肉眼でも観えるほどの明るさで人気を集めています。それではさ...
活動が活発で一晩中観察できることから、非常に人気のある「ふたご座流星群」。しぶんぎ座流星群、ペルセウス座流星群と並ぶ「三大流星群」のひとつであるそ...
ここで紹介するのは「Elite Daily」の女性ライターが綴った、「おうし座の人と付き合うべき理由」。彼女のコラムのなかには、その通り!と膝打つようなも...
男性のみなさん、あなたの彼女は何座ですか?もし「ふたご座」なら、決して手放してはいけませんよ。その理由を、ライターArianna Jeret氏が「Your...
創業130年を超える老舗が作る利便性バツグンのスマート財布。2方向で素早く開閉できる「時短L字型ジップ」や、開けてすぐに取り出せる小銭入れの位置など、財布...
「Elite Daily」のRachel Shapiro氏が綴った、蟹座が最高である10の理由が、ズバリ当たっているとアメリカで話題を呼んでいます。当然蟹...
夜空に、今年ラストから2番目の流星群が訪れるのは12月13日。「ふたご座流星群」。極大は14日の16時頃。明るくてこの時間には見えないけれど、日本ではAM...
『流星電波観測プロジェクト』によると、あまり条件は整っていないけれど、5月6日17時に、みずがめ座η流星群が極大を迎えます。
7月23日〜8月22日生まれの、獅子座の人を恋人にすべきという記事が米で話題になっています。「Elite Daily」で、自身も獅子座であるライターのOl...
12星座の特徴や性格から、どんな仕事に向いているかという星座占い。おひつじ座は自発的に動けるような仕事、おうし座は着々とできる仕事、ふたご座は好奇心を刺激...
10月22日よりAirbnbもGoToトラベルキャンペーンが適用になりました。そこで今回は、Airbnbと協力して、おすすめの宿をピックアップ。泊まりたい...
コスプレイヤーで街がごった返す日本の「ハロウィン」。今年はお家で楽しんでみましょう!お家でハロウィンを楽しむアイデアをまとめてみました!
現在恋愛中の人もこれからの人も、ライターChrissy Stockton氏が「Thought Catalog」にまとめた記事は必見!?というのも、12星座...
乙女座は、星座別の性格診断などによると「細かくて融通が効かない」と思われがちです。でも実際は、もっとも効率的な性格の持ち主なのだとか。8/23-9/22に...
占いを信じるかどうかは別として、どの星座もどことなく納得できる「特徴」を持っていることは誰もが思い当たるふしがあるのでは?その特徴が、じつは「キスの仕方」...
とてもタフで男らしくて、魅力的な男性に出会ったあなた。でも、いまいち扱い方がわからないとしたら…。もしかしたらその男性は「さそり座(10月24日〜11月2...
今のパートナーにいまいち満足できない、本当に幸せなのか分からない、何だか無理をしている気がする…それは、そもそも恋愛へのアプローチ方法が間違っている可能性...
今年もこの日がやって来た。ニャンニャンニャンの語呂合わせから、日本では2月22日を「猫の日」と呼んでいる。いつ誰が制定した?世界猫の日との違いは?などの意...