【衝撃映像】おばぁちゃん3人がマリファナを吸ってみた「なんていうか、その・・・アハハハ(笑)」

日本では絶対にあり得ない、衝撃的な映像が「Cut.com」に取り上げられ、話題を呼んでいます。なんと、マリファナを3人のおばあちゃんが吸引し、談笑(というより高笑い)しているではありませんか!?

やだ…こんな感覚、初めて。

スクリーンショット 2015-09-21 15.21.47

この動画は、2014年7月に大麻使用が合法化となったワシントン州で撮影されたもの。登場する3人のおばちゃん(写真左からPaula、Dorothea、Deirdre)は、誰ひとり今まで一度もマリファナを吸ったことがありません。
Cut.comスタッフがこう尋ねます。それはどうして?

Paulaさん:「子供を育てるのが忙しくて、そんな暇がなかったからよ」

田舎暮らしだったDorotheaさんの理由は、「お酒やタバコで十分楽しめたから」だそう。

そして、彼らの目の前に人生初のマリファナが登場しました。「ちょっと緊張するわね」「ドキドキしてきた」

スクリーンショット 2015-09-21 15.21.27

スクリーンショット 2015-09-21 15.21.07

スクリーンショット 2015-09-21 15.20.55

Paulaさん:「思っていたよりも簡単。でも脳がズキズキする感じしない?」Dorotheaさん:「なんだか、笑っちゃってどうしようもないわ」

スクリーンショット 2015-09-21 16.26.52

すると、15分後、Cutのスタッフから別の吸引器が渡されます。

Paulaさん:「あらやだ、ディルド(バイブレーター)かと思ったじゃない(笑)!」Deirdreさん:「あなた、それじゃ完全なスモーカーよ(笑)」

スクリーンショット 2015-09-21 15.24.59

45分経過…

Paulaさん:「やってみて思うんだけど…、首のコリがほぐれた感じがするのよね。なんだかいいことが他にもたくさんありそう」Dorotheaさん:「アタシは…二人が何を言っていたか、ほとんど記憶にないってのが正直なところ。…もう、『どうでもいい』って感じなの(笑)」Deirdreさん:「私は二人ほど吸ってないから、見た目ほどイッてないわ。なんていうか、その…アハハハ(笑)」

撮影の後、彼女たちは口を揃えて、今回のチャレンジに「後悔なんてしていない」と答えたそう。

アメリカで沸き起こる
合法化のうねり

2013年以降、アメリカでは州によってレクリエーション用の大麻を合法化する動きが盛んです。観光や税収が見込めるとする推進派の一方で、未成年者による使用や犯罪率増加を懸念する声も、当然ながら少なくありません。例えばワシントンD.C.では、レストランやバー、ホテルなど公共の場でのマリファナ喫煙を禁ずる条例も定められています。
善悪の物差しは時代によっても変わるもの。麻薬としての規制が一転、合法化に向かう潮流に賛否両論、意見が交わされているのが今のアメリカの現状のようです。

Licensed material used with permission by  Cut.com  ( FacebookTwitter , YouTube )

日本では絶対にあり得ない、「Cut.com」による、あの衝撃映像シリーズが帰ってきた。今回は、マリファナを3人のおじいちゃんが吸引して、会話する様子を収録...
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
アメリカでは大麻の合法化が進んでいますが、実際に吸ってみるとどんな感覚になるのかを女性たちが教えてくれます。彼女たちが話すのはセックス、健康、仕事について。
この街の美しい大聖堂にフォーカスしているのですが、たとえばかの有名なノートルダム大聖堂だって印象が異なります。
いろんなストーリーが浮かんできます。
「Elite Daily」のライターGeorgina Berbariさんは、おそらく自分の経験も踏まえながら、様々な研究を証拠にマリファナと運動の関係を語...
米国のマサチューセッツ州でマリファナ入りのピザが登場した。2017年7月現在、米国でマリファナが合法化されていのは首都ワシントンD.C.及び、28州にも上...
アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコの地方検事局は、マリファナの合法化の動きを受けて、それに関係する犯罪歴を消去すると発表しました。その決断の裏には...
アメリカで広がる大麻合法化の流れをうけて、前回はその税金の使われ方やテクノロジー業界の大麻ビジネスについて紹介した。今回は、急増する大麻サービスに触れつつ...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.43
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
白人至上主義を掲げる「オルタナ右翼」を支持する男性と「ブラック・ライブズ・マター」ムーブメントを支持する女性。一見、意見が合うことがなさそうな印象の2人だ...
オランダのビール会社ハイネケンが所有するカリフォルニア醸造所Lagunitas Brewing Companyが、マリファナを原料としたビール「Super...
過激な社会実験をYouTubeに投稿する「Joysalads」。小さな子を持つすべてのパパママに向けて、今回の動画を発信しています。他人事と思わずに観て欲...
海外の人気動画サイト「CUT」。彼らの人気シリーズ「もしも◯◯と××が一緒にマリファナを吸ったら…」。今回集まったのは、この3人。左:ジム(ユダヤ教の指導...
SNSの危険性を過激な手法で注意喚起する実験動画のご紹介。これは、誘惑される子供たちが悪いというよりも、いかにSNSを介せば、彼ら簡単に誘惑できてしまうか...
ニュージーランドのテ・ウレウェラ国立公園内でハイキングをしていた4人のフランス人観光客。彼らが公園内のつり橋を渡る時に撮影した動画が、大きな反響を呼んでい...
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
久しぶりに「パイ投げ」を見た。僕にとっての「パイ投げ」の原点はドリフ。幼な心ながら、テレビ画面に向かって大笑いしたのを覚えている。調べてみると意外にも「パ...
まさか、こんなことが・・・。シベリアンハスキーのLokiくんが常軌を逸してしまったのには、あるとんでもない理由が。彼は、飼い主が友人とテレビを観ている隙に...
2015年7月、突如メディアに投稿された1本の動画に世界中が目を疑いました。イスラム国(IS)による人質殺害の様子が収められた映像。それが、なんと映画スタ...
囚人たちに対して行われていた危険な実験を紹介する「The Infographics Show」の動画に衝撃を受けました。動画の最後に、「囚人に対して実験し...
〈ROOT CO.〉の「Shock Resist Case Pro.」は、アメリカの耐衝撃テスト(122cmの高さから26方向の製品落下試験)をクリアする...
彼女の顔をぱっと見た瞬間、全身にビリビリと電流が走ったような感覚に。二度見したくないくらいの衝撃、でも……つい見てしまう。奇術のようなメイクを手がける韓国...