おしゃれなお店が続々と!最高のデリバリーサービス『UberEATS』。

日本で「出前」と言ったら、やはり寿司やピザが王道なのだろうか。さいきんでは、イタリアンやフレンチ、エスニックなど、レストランまで足を運ばなければ食べられなかったものまでメニューの幅は広がり、「デリバリー」という言葉も定着してきたように思える。そんな折、最高のデリバリーサービス『UberEATS(ウーバー・イーツ)』がやってきた。スマートフォンひとつで、近くの魅力的なお店から、作りたての美味しい料理が届くのだ。

私たちのお腹もこころも満たしてくれる、
あたらしいサービスがやってきた!

提携されたレストランから食べ物を配送するフードデリバリーサービス『UberEATS』。海外では、すでに、サンフランシスコやパリ、ロンドンなどで提供されていたが、ついに日本でも利用できることになった。サービス開始は、9月29日(木)11:00より。東京都の渋谷区、港区を中心としたエリア(渋谷、恵比寿、青山、赤坂、六本木、麻布)よりスタートし、随時、エリアを拡大していくそうだ。

海外ではこんなふうに。
いろいろな使い方を見てみよう。

写真を見ているだけで、もうその美味しさが確信できてしまう。こちらは、アメリカ・カリフォルニア州にある『Lemonade LA』のメニュー。スイカに似ていることから名付けられたウォーターメロン・ラディッシュと、マグロのたたき、スナップエンドウを組み合わせたサラダである。気のおけない友人たちを集めたホームパーティーで、さらっとテーブルに出して、みんなをあっと驚かせたい。

お次は、フロリダ州・マイアミより。ハワイアンフードが食べられる『Poke 305』のメニュー。「Poke(ポキ)」という言葉は、もともとハワイ語で「スライス、みじん切りする」という意味。多くは、マグロなどの魚を四角くカットして、しょう油やごま油などで味つけするそうだ。いつも外でこってりしたものばかり食べている先輩たちを集めて、たまにはオフィスでヘルシーなランチタイムを。いつも以上に、会話が弾みそうだ。

 

たとえば、こんな日もあるだろう。休日のヨガイベント。瞑想でこころを落ち着かせ、アーサナで身体を動かしたあとのリラックスタイム。あらかじめ注文しておいたアイスを届けてもらい、至福のひとときである。ジョージア州・アトランタで大人気のアイスキャンディー店『KING OF POPS』。日本ではなかなか見かけない珍しい味が揃っていて、なかにはハーブ入りのものもある。写真は、ブルーベリーとレモングラスのフレーバー。ゆっくり伸びをして、新鮮な空気を身体いっぱいに取り込んでから味わいたい。

街の至るところにスイーツショップが並ぶ、カナダのトロント。なかでも、ひと口大のキャンディーのようなケーキ「Cake Pops」が人気の『Bake Sale Toronto』より。お母さんの誕生日には、家族みんなで集まって、サプライズでお祝いしたい。冷蔵庫にしまっておくとバレてしまいそうだから、こっそり注文して。部屋を暗くして、バースデーケーキと一緒に登場させたら、きっとみんな、あふれんばかりの笑顔になるだろう。

今すぐ、アプリを手に入れよう!

食べることは毎日の暮らしに欠かせないし、できればおいしいものをすぐ口にしたい。自炊が大切なんてことは、十分に分かっているが、毎日欠かさず作るというのもなかなかむつかしいだろう。たまには、だらっと家でリラックスして、ピンポーン!玄関の扉を開けたら、作りたてのおいしい料理。最高の瞬間である。
まずは、今すぐ『UberEATS』アプリをダウンロードして、近くのお店をチェックしてみよう。どこのお店にしようか、何を選ぼうか。仲間たちとワイワイ話しながら注文するのも楽しみのひとつだろう。このアプリの登場によって、これまで体験できなかった、あたらしい食との出会いに期待したい。

Licensed material used with permission by Uber Japan
andmore
他の記事を見る
1月3日、セグウェイは配達ロボット「Loomo Delivery」を発表しました。事故や盗難を恐れてのことでしょうが、まずはオフィス内やショッピングモール...
なんでジャンキーな食べ物っておいしそうに感じてしまうのだろう。けれど、涙が出るほどおいしい「ヘルシーな料理」だってあるのです。たとえば、キヌアとケールを使...
春もおいしい赤カブ(ラディッシュ)のサラダレシピ。ドレッシングは、沸かしたオレンジジュースにカレーパウダーを混ぜるという斬新さ!
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
正統派ケバブはトルコ料理専門店で味わってこそ。
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
ここ最近、日本でも注目されている穀物のひとつにファッロ(スパルト小麦)があります。これをサラダに入れて食すと、ヘルシーなだけでなくどうやら腹持ちもいいみたい。
このところ、NYやLAに暮らすミレニアル世代の若者たちを中心に、あるデリバリーサービスが大人気。それが宅配ピザやケータリングのお寿司なら、ここまで大きな話...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
一人で食べるなら、見た目よりもおいしさが重要だけど、だれかに供するならば、やはり美しいひと皿を仕上げたい。タイの伝統芸術「カービング」でお客様をおもてなし...
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
「おやつ」や「間食」と聞くと、罪悪感を感じてしまう人も多いのでは。健康的なものを食べたいけれど、近くに売っている場所もあんまりなくて…。「snaq.me」...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
アフリカ料理を並べたInstagramのアカウント「@kitchensofafrica」。彩りが豊かで、スクロールをしつづけていても飽きない!楽しみながら...
2016年4月東京・中目黒にオープンして以来、美容・健康意識の高い女性たちだけでなく、買い物や街ブラでこの地を訪れる人たちまでもが、「見た瞬間に一目惚れす...
ロメインレタスは破らずにそのまま積み重ねるのが、「料理できる風」なひと皿を仕上げるポイントでもありますよ。
パーティー料理はどれも手が込んだものでなければいけない、こう誤解している人にこそ試してほしい料理があります。ポルトガルのソウルフード「ポルヴォ・アサーダス...