「多様性は美しい」。白人ばかりのモデル産業に声を上げた、ひとりの黒人女性

リベリア出身で、LAを拠点に活動する黒人モデルDeddeh Howardさんは、モデル産業のなかに「多様性」が欠けているということを憂いていました。

街で見かける美しいモデルの姿。そこに出ている多くが白人だということを意識したことはあるでしょうか?

彼女は、そのことに対してもっとみんなにも気づいてほしい、という思いから「Black Mirror」というプロジェクトを立ち上げたのです。それは、大手ブランドの白人モデルのビジュアルを、自分に置き換えて撮影するというもの。

「黒人もアジア人もヒスパニックも、
同じことができるはず」

45aaab0a58d0fe3ad3bb4efdbfc2968e8282ffb4

「雑誌を見ていると、大きなキャンペーンには黒人モデルは採用されていません。GUCCIやCHANELなどの大手ブランドの大規模広告でも、同じことが言えます」

そんなふうに語るDeddehさんは、写真家のRaffael Dickreuter氏と一緒に、「なにかポジティブな取り組みができるのではないか」と考えたそうです。

E53722ce107bd9739c3462c15a2c825c7e4972d4

「黒人女性だって、同じことができるって見せたい」

彼女はこのプロジェクトを通して、アジア人やヒスパニックなど、あらゆる肌の女性の多様性を見せたい、と語ります。

「白人のモデル以外は
“見えない”存在になっている」

D66022c2aa7cefb471ef03bb60d202172163f99b

「ブランド広告は、私たちに語りかけ、若い人のロールモデルにもなり、インスピレーションの源にもなるものです」

白人以外の人種が“見えない”ような状態になっていること、それはもっと議論されるべき問題だ、とDeddehさんは続けます。もちろん、彼女の目的は白人モデルを攻撃することではありません。彼女が大切にしているのは、ほかの人種のモデルに“つなげる”こと。

「多様性は美しいもの。夢への扉は、みんなに開かれたほうがいいわ」

120953a076abed5fecf763f38eeea2da04cb8fcb

この「Black Mirror」プロジェクトは、世界中のメディアで取り上げられ、大きな反響を呼びました。彼女のもとには、このプロジェクトに刺激を受けたたくさんの女性からメールが届いたそうです。

28ba93873e973f5d1d19acd4f033898c4d010d59E7d6636c2f2316f72eb9f9c74bc5b9e516804286Be8679cae61af67f25732337a2eaae19d6492cbb8e20c3b236b09b93a22f07ed943ed9d505cc2d81Faa9b1d0219d8eccb04967803d516519421e76cb

最後に、彼女はこうまとめます。

「このムーブメントが世界を変え、すべての色の女性がもっと“見える”ようになるよう、願いましょう」

Licensed material used with permission by Deddeh Howard
アメリカ、オークランドの黒人女性フォトグラファーCheryl Fauxさんは、イタリアを生き生きと旅行する自分の姿を写真に収め、旅行用宣材写真の有色人種、...
人種差別は未だ失くならない。むしろ、昔と比べてより複雑化している。「StyleLikeU」が制作した動画では、自らの経験を語りつつ服を脱いでいく出演者たち...
監督を務めたのは、黒人女性監督のディー・リース。人種差別や偏見を真正面から描いた本作品は、2017年のサンダンス映画祭でプレミア上映された際に絶賛の嵐だっ...
2017年は、1960年代の公民権運動の原型ともいえる、最初の反人種差別を訴えたデモから、ちょうど100年目。そこで、ライターEmily Beckerはこ...
アメリカに住む黒人たちにとって、毎年2月は大きな意味がある。「Black History Month(黒人歴史月間)」または「African-Americ...
アメリカでは、2月は「黒人歴史月間」に制定されています。毎年、アフリカ系アメリカ人が成し遂げた偉業を振り返ったり、彼らがアメリカの歴史に与えた影響を称えた...
「#BeingBlackandMuslim」。このハッシュタグにインスパイアされたフォトグラファーのBobby Rogersさんは、9人の男女のポートレー...
白人至上主義を掲げる「オルタナ右翼」を支持する男性と「ブラック・ライブズ・マター」ムーブメントを支持する女性。一見、意見が合うことがなさそうな印象の2人だ...
目の見えない人に「あなたはレイシストですか?」と聞く「Cut」の動画。視覚障害者は肌の色が見えないので差別はないのかと思いきや、訛りや話し方で予想するとい...
髪のカールに黒い肌。黒人であるからこその持って生まれた個性や文化がある。それなのに、勝手な“美の基準”により、まだまだ差別視されているのも確かなこと。そこ...
アメリカの女性向け雑誌「O, The Oprah Magazine」。この5月号では、フォトグラファーのChris Buck氏による、3枚の写真が掲載され...
ここ数週間、毎日のように流れるイスラム教徒に対する米入国制限のニュース。アメリカ国内でも賛否が分かれ、その様子は多くの人が肌で感じていることでしょう。ここ...
ブルックリン・ネッツでプレーするジェレミー・リン選手は、元NBAオールスター選手であるケニオン・マーティンから人種差別発言を受けました。でも、彼の機転の効...
ダウン症でありながらもモデルとなった17歳のJackの言葉が心に響く。決して容易ではない夢を叶えた彼は、ファッション業界に“新たなヒカリ”を見せる存在にな...
生まれつき右手の一部がないモデルShaholly Ayersさん。現在は広告モデルになったり、ファッション・ウィークでランウェイを歩いたりと大活躍。だけど...
1年近く前のことだけど、真冬のタイムズスクエアを下着姿で歩いたことで話題となった女性の一人、モデルのkhrystyana。彼女は本当に美しいのは「自分らし...
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
2015年以来、女性の美の基準が変わり始めている。その代表例が「プラスサイズ」。すべての女性の体型を公平に扱おうという動きは、欧米のアパレル業界やメディア...
7月8日に開催された欧州最大のLGBTのパレードとも言われるロンドン・プライド・パレード。7月20日に行われた組織調査によると、マイノリティ人種のLGBT...
最近、ファッション界において「両性モデル」というユニークな現象が起こっている。時にはレディース、時にはメンズ…2つの顔でポーズを決めるファッションモデルた...