NYの地下鉄でお悩み相談をする、11歳の小学生。1回2ドル。

誰だって人に言えない、だけど本当は人に聞いてほしい悩みを持っているもの。ニューヨークの小学生、Ciroくんもそんな悩みを抱えていた経験があるそうです。

11歳の彼は学校でいじめを受けていました。そのとき「人に相談することはとても大切なことなんだ」と感じたCiroくんは、自分も人の相談に乗ってあげる立場になろう、と決意。

そして彼は、ブルックリンの地下鉄のホームで日曜日の12時から14時までの2時間、カウンセリングデスクを開くことにしたのです。

EMOTIONAL ADVICE
(心のお悩み相談)

1回5分で相談料は2ドル(約200円)。 地下鉄利用者の悩みを聞いてアドバイスを送るのが彼の仕事。

段ボールに「EMOTIONAL ADVICE(心のお悩み相談)」と書かれた看板を掲げ、机と椅子を用意。ここでCiroくんは大人の相談に乗るのです。

ある日、Ciroくんはある夫婦から相談を受けました。夫は、妻が極度のベジタリアン主義であることを不満に思っていたのです。そこで、Ciroくんはこんなアドバイスをしました。

「奥さんは、あなたが肉を食べることに腹を立ててはいないのでしょう?彼女は彼女の好きなものを食べて、あなたはあなたの好きなものを何でも食べられるのだから、そうしてやっていくしかないですよ」

「素晴らしい人たちに
会ったんだ!」

だからと言って、Ciroくんも初めから自分のやっていることに自信を持っていたわけではありません。いじめられていた過去があるCiroくんのことを、お母さんのJasmineさんは「とっても繊細な子で、とてもつらい時期もあった」と語ります。カウンセリングデスクを開いたばかりの頃も、最初はまったく自信がなかったそうです。

でも、何週間か経ったある日、帰ってきてこんなふうに言ったそうです。

「今日、素晴らしい人たちにたくさん会ったんだ!最後にはみんなと友達になったんだよ!」

地下鉄は決して治安がいいとは言えず、子どもがひとりで出歩くのが難しいNYでは、彼のやっていることは特に珍しいことでもあります。そんな彼をいつも応援しているのが、彼の両親。

ちなみに、お悩み相談で一番多いのは「変化への恐れ」なんだとか。それについては、こうアドバイス。

「僕たちは変化を受け入れなければいけない。人生はつねに変化しているんだ。それが何であれその変化に慣れるべきだし、過去を振り返って『今より良かったね』なんて言うのはやめるべきだよ」

Licensed material used with permission by emotionaladvicekid
ニューヨークを舞台にImprovEverywhere.comによって企画されたのは、地下鉄で友人のサプライズ誕生日パーティーを開こうというもの。ある女性は...
2016年1月10日、NYの地下鉄に突如、ズボンやスカートを身につけずパンツ姿の集団が現れた。外は真冬の寒さ。寒くない訳がないし、履き忘れて家を出ちゃった...
無人運転を想定した、ブダペスト地下鉄1号線用の新車両デザインです。
事が起きたのは8月20日のブルックリン。
この4種類をデスクに常備しています。
ひとつで複数の機能をもつ「マルチツール」は、乱雑になりがちなデスク周りをシンプル&クリーンに保ってくれるオフィスワーカーの強い味方。今回は「レザーマン」か...
“100人の100歳越えによる100歳になるアドバイス”をまとめたウェブサイトの紹介です。
NYを走る地下鉄に出現したのは、図書館風にデコレーションされたラッピング車両。移動中も無料Wi-Fiに接続すれば、図書館の本をバーチャルで閲覧することがで...
将来についての悩みや不安を誰かに相談したいとき、脳裏に浮かぶ人たちの中に両親の顔が思い浮かぶことでしょう。でも、子どもの幸せを誰よりも考えているはずの彼ら...
それは1月のこと。27歳の若さで、癌によりこの世を去ったオーストラリア出身のHolly Butcherさん。彼女が死の宣告を受けたのは、26歳のときです。...
自信を持って推せる台湾雑貨のお土産を選びたい。行ってみたいのが『物外設計』という文具ブランドのお店。なかでも「Y STUDIO」シリーズは、女性の手にも映...
このおじさんの声と表情に注目して欲しいのです。これまでどんな人生を送ってきたのかわからないけれど、なにかが伝わってきて胸を打つ。トリハダものの美声の持ち主...
「あなたの人生の目的は何ですか?何のために生きていますか?」そんなことを急に聞かれても、すぐに答えられる人は多くないでしょう。以前「Discover Yo...
小学校へ通学せず、自宅学習という方法を選んだ、10歳の哲学少年こと中島芭旺(ばお)くん。学校でいじめにあっても負けることなく、その小さいカラダからは想像で...
ニューヨークで16年間、一度も休むことなく毎年開催されているイベント、その名も…「ノー・パンツ・サブウェイ・ライド」。2017年も無事(?)1/8に開催さ...
11月22日、『ラルフローレン(Ralph Lauren)』が表参道のフラッグシップに、カフェ『ラルフズ コーヒー(Ralph’s Coffee)』をオー...
自身の恋愛経験を元にアドバイスを送るのは、女性ライターのギギ・アングル。モヤモヤグルグルしたときには、サッパリした彼女の意見が心にスッと入ってくるかも。以...
昨年も紹介したけれどNY在中の『Improv Everywhere』という集団による「No Pants Subway Ride」が今年も開催。簡単にいうと...
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
バレンタインデーの日。NYの地下鉄でちょっと嬉しいサプライズがありました。女性が意中の相手にチョコを渡すのとは、また一味違ったドキドキ感と幸せがここに。ご...
「Elephant Journal」で紹介されたのは、4人の子供を持つ、40歳シングルマザーのリアルなブログでした。「40歳は、20歳の時と同じくらい私の...
31歳ではじめてお見合いした話のvol.4はついに最終回。お見合い当日、現れたお相手の胸にはポシェットがかかっていた。お見合いヴァージン喪失、衝撃の結末とは…。
北欧スウェーデンの首都ストックホルム市内には、赤、青、緑の3本の地下鉄路線がある。3路線の全長は100km以上にもなり、じつに100駅が存在する。その中で...
「Elite Daily」では、当たり前になっているけど感謝をしなければいけない6つのことを紹介しています。少しでも人生を良くしたいなら、身の回りのことか...