子どもの絵本からオトナ♡の春画へ。イラストレーターの華麗なる転身

先日にひきつづき、台湾エロスの世界を紹介。

絵本の挿絵を専門に描くイラストレーター、だった台北在住のPing Lin。ところが鳴かず飛ばずで廃業、時計メーカーへと転職。まあここまではよくある話。

それでも絵だけはあきらめきれず、働きながらコツコツ描きためていたというのが、このアニメ風の春画。

ベクトルを真逆に振り切っちゃった結果、ブレイクスルー。人生って、本当にわからないものですね。

「アブノーマル?最高じゃない」

Pigo Linさん(@pigolin)がシェアした投稿 -

Pigo Linさん(@pigolin)がシェアした投稿 -

Pigo Linさん(@pigolin)がシェアした投稿 -

「“アブノーマル”って、模範から逸脱することの象徴じゃないですか。なにがノーマルで、なにがそうではないかなんて、国から国が変わるようなもの。結局は歴史が文化をつくりあげていくんですよ。下品だって揶揄されたって別に気にもならないな」

こと性にまつわる話題については、まだまだオープンとはいかない台湾。それでもLinは、タブーの垣根を取っぱらい、人々が人生の究極的な喜びを享受できる社会であるべきと、アヴァンギャルドな春画制作に意欲的。

今では、台湾のみならず好色大人たちにに大ウケ。新作をアップすればたちどころに買い手がつく、売れっ子イラストレーターに。

野暮ったくない、エロってところがいいじゃない。

Licensed material used with permission by Pigo Lin, (Instagram)
ここに紹介する台湾人アーティストPigo Lin(皮哥)も、「多分に日本のカルチャーに影響を受けた」人物。ユーモアとちょいエロ、それ自体は日本の春画(笑い...
フォロワー70万人を超えるインスタアカウント「Petites Luxures」。フレンチエロスをポップなイラストで表現している。性の解放、快楽を大いに楽し...
オーストラリアで活躍するアーティストのAndrew Archerが、3年間アジアを旅して気がついたことがある。それは、国も宗教も言葉も関係なく、バスケット...
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
天気とともに毎日を過ごしているような感覚になれる、不思議な水槽。
絵本の中の女の子たちは、昔から王子様が迎えに来てくれるのを待つプリンセスばかり。「女の子が自分の手で夢を掴む絵本を作りたい」という思いから作られたのが「G...
全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
去る2月6日深夜に起きた台湾地震。いま僕たちには何ができるのだろうか。
おやすみ前の絵本は、小さい子どもにとってその日最後の特別な時間。この読み聞かせをママではなく、パパがしてあげる方が「子どもの能力向上につながる」という、新...
可愛いからってついつい買ってしまうマスキングテープ。でもその使い道に困ってしまうこともあるのでは?そこで、台湾のイラストレーターが意外な使い方を教えてくれ...
「Sofi」を購入する一番のメリットは余計な出費を抑えられるところだ。しかも、30秒で組み立てられる。
自分にとって最高の家族の生前を子孫へと受け継ぐために、亡くなった人の人生を絵本にすることを思いついたJuliette Eame。彼女の場合は、小さい頃によ...
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
ギリシャ神話に見るエロスとは、愛と性欲の神。でも、現代においては「エッチがしたくてしょうがないカップルを描写する言葉」だと、ど直球に訴えかけるのはライター...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第4回は、台湾の老舗ホテル・圓山大飯店の地下に存在する「秘密のトンネル」をご紹介。
どれだけ指南書にそれらしいことが書いてあったとしても、結局のところセックスは心と心、カラダとカラダのコミュニケーション。お互いに満足できれば、もうこれに越...
フォトグラファー・Derrick Linさんは、オフィスで働いく日々の「あるある」を、ミニチュアの世界で表現しています。中身のない定例ミーティングが億劫だ...
用途もデザインも、両方兼ね備えていないとダメっていう、うるさい(めんどくさい)料理男子たちへ。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第8回は、言わずと知れた台湾一のパワースポット「龍山寺(ロンシャンスー)」について。
ベストなセックスとは何か?私たちは、このドラマで学んだはず。
『富嶽三十六景』といえば、かの有名な浮世絵師、葛飾北斎の代表作。その中でも『神奈川沖浪裏』は、世界でもっとも有名な日本美術作品の一つだと言われています。描...
「未来って数日前のことでしょ?」と勘違いしてしまうほど小さい子どもたち。「今この瞬間から先はすべて未来だよ。明日も100年後も」と丁寧に教えるイラストレー...
「陽が傾き、潮が満ちはじめると、志摩半島の英虞湾に華麗な黄昏が訪れる。」これは、山崎豊子が小説『華麗なる一族』に書いた冒頭文。その後、寄稿文にもこんな一節...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第6回は、台湾中に店舗がある人気ドリンクスタンド「50嵐(ウーシーラン)」での、通なオーダ...