授業中にラクガキしてたら退学に。「アートの道」を歩みだした少年

ブラジルに住む13歳のMuretzは、絵を描くことが大好きな少年です。勉強中もノートの端にイラストを描くほど、夢中になっていました。しかし、それが災いする日が訪れることに。校則の厳しい学校に通っていた彼は、授業中に描いたラクガキがきっかけで退学になってしまったのです。

でも、どうしても学校を諦められなかったMuretz少年。アーティストの道を歩みながら、学びの場に戻ることを決意しました。

絵で稼ぎながら、大学を目指す

アーティストとして活動を始めたのは15歳の時。ユーモアのある漫画やイラストが得意のため、絵で生計を立てながら過ごしていました。

18歳になった頃、進学していた友人たちや家族の影響もあって、大学に入学することに。しかし、イマイチおもしろみを感じることができず、すぐに辞めてしまったのです。

その後、よりアーティストとしての活動領域を広げるため、ブラジルからロンドンに移住しました。絵を描き続けるために住み始めた新たな土地で、なんと再び大学に挑戦。しかも、セントラル・セント・マーチンズ美術大学で、修士号を取得したというのだから驚きです。

「好きなこと」を極め続ける

芸術のためだったら、どこまででも努力を惜しまないMuretz。大学卒業後は、より腕を磨きながらアーティストの道を歩み続けました。

生まれ故郷のサンパウロに戻ってからは、街でグラフィティを描く仕事をスタート。それからというもの、テレビ番組や雑誌で取り上げられるように。世界でも有名なストリートアーティストとして、その名を轟かせたのです。

Muretzに、働きながらも苦労して行った大学生活はどうだったか聞いてみました。すると、「必死で目指していた大学だったけど、仕事では一度も役に立たなかった」と、意外にもクールな答えが返ってきました。

しかし、「自分にとっての学校は、アーティストとして活動した現場であることに気づけた」という芸術への愛情あふれるコメントも。

アートの道をとことん突き進む彼のパワー。大好きな絵を描き続ける限り、ずっと続くんでしょうね。

Licensed material used with permission by Muretz
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
クリスマスシーズンには4万本以上売れるという、兵庫県・神戸市にある「フロインドリーブ」の絶品シトーレン。教会のパン屋さんが作るシュトレンはたっぷりバターを...
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
アーティストvexx_artことVince Okermanは、大学で経済を学ぶごく普通の18歳。高校時代、勉強の合間に描いた何気ない“ラクガキ”が、友人た...
街で見かけるストリートアートは、誰が描いたかわからないものばかり。そのせいか、美術館の展示作品みたいにマジマジと見たことがないんです。それに多くは、路地裏...
ストリートアーティストPBOYさんは、個人間での送金がラクになるというビットコインの特徴を自身の作品に取りこんでいる。
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
キャビアやトリュフなど、味は全部で12種類銀座で話題の大人のクレープ専門店PÄRLA〒104-0061 東京都中央区銀座5-2-1http://par.la/
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
左は、グチャグチャ〜っと、思いのまま手を動かしてできた子どものラクガキ。この時点では、何を描いているかなんてわかりません。でも、そんな子どもならではの創造...
ウクライナにある少年刑務所の壁に描かれたのは、飛行機を操縦する男の子の巨大なイラスト。アーティストのMilloが描いた壁画には、「罪を償いながらも人生の可...
なんとなく落ち込んでしまいがちな雨の日を「アートの力」で元気に!「Rainworks」は、そんなコンセプトのもと、米・シアトルから発信されているストリート...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
david troquierがスケッチブックに描くのは、スケッチブックのカタチを生かしたマンガです。描かれたものは、命を吹き込まれたように現実世界で、私た...
1990年代から、パリのグラフィティシーンで活躍してきた、ストリートアーティストJulien “Seth” Malland氏。無機質な建造物の壁一面をカラ...
バンコクを中心にストリートアートを通して、人々の意識を覚醒しようとするHeadache Stencilにインタビュー。
歯ブラシって、なぜか高機能そうでシャープなデザインばっかりでつまらない。アートな暮らしに憧れているなら、こんなところまで気を使いたい!
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
ここは、NYブルックリンの街角。ポップでかわいいストリートアートが出現しました。世界中のトラベルスポットも描かれていて、さながら旅行気分でキュートなセルフ...