ハッピーが店の外にまであふれ出る「バルーンアート」

誕生日や記念日など、部屋いっぱいに風船が飾られているだけで「特別感」に胸が高鳴る。あの、ふわふわとした丸い形とカラフルな色合いは、私にとってはハッピーの象徴。

2011年以来、JIHAN ZENCIRLIは屋外をバルーンで埋め尽くす『geronimoballoons』プロジェクトに取り組んでいます。世界を今よりもハッピーな場所にするため、バルーンを詰め込んだ「お祝い」を人々に贈るのです。

「誕生日」のような
特別な場所を生み出す

なんでも、友人の誕生日にバルーンを贈ったことが、JIHANがこのプロジェクトを始めるキッカケになったのだとか。

はじまりは、自分の大切な人を楽しませたいという、ささやかな気持ちから。いつしか、その思いはどんどん膨らんでいき、人々に「幸せ」を届けるバルーンアーティストとして、世界中を飛び回るようになりました。

Licensed material used with permission by JIHAN ZENCIRLI
米・ロサンゼルスに拠点を構える「Geronimo Balloons(ジェロニモ・バルーン)」は、その名の通り、バルーンアートで話題になっているスタジオです...
パンダのロゴでおなじみのWWF(World Wide for Nature:世界自然保護基金)のバルーンを使った4枚のプリント広告。どこの広告代理店が仕掛...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
この春、銀座の街を歩く人たちの手にするバルーン(これは透明のもの)を注意深く見てほしい。もしも、膨らんだ中に何やら小さなお菓子を見つけたら、それは「空飛ぶ...
ハッピーな人っているよね?「Elite Daily」のライター Jasmine Vaughn-Hallも同感みたい。彼女によれば、日々の小さな心がけが、結...
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
パリにあるCitéInternationale Universitaireの学生寮は、老朽化対策でリノベーションされることになりました。その取り壊し前に、...
結論から言えば、こちらで紹介するフードは、すべてペーパーアート。しかしながら、それを分かったとしても、精密なクラフトワークには目を見張るばかり。一連のアー...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
モスクワ出身のアーティストevgeny chesさんは、街にあふれるストリートアートを森の中に持ち込みました。しかしそれは、森を汚してしまう「落書き」では...
今年、新たにLGBTの人たちにとって歴史的な一日となった日がある。毎年、世界各地で盛大に開催される性的マイノリティの権利と文化を讃える「プライド・パレード...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...
「マステ」は、株式会社マークスのマスキングテープブランド。現在、これを使ったアート展が東京・表参道ヒルズで開催中。色鮮やかでカワイイ作品に対して...
アートを買うきっかけってどんなとき?購入する背景は様々だし、金額もピンキリ。富裕層とそうでない人で感覚の違いもある。中目黒高架下の並びにあるギャラリーで、...