ハッピーが店の外にまであふれ出る「バルーンアート」

誕生日や記念日など、部屋いっぱいに風船が飾られているだけで「特別感」に胸が高鳴る。あの、ふわふわとした丸い形とカラフルな色合いは、私にとってはハッピーの象徴。

2011年以来、JIHAN ZENCIRLIは屋外をバルーンで埋め尽くす『geronimoballoons』プロジェクトに取り組んでいます。世界を今よりもハッピーな場所にするため、バルーンを詰め込んだ「お祝い」を人々に贈るのです。

「誕生日」のような
特別な場所を生み出す

なんでも、友人の誕生日にバルーンを贈ったことが、JIHANがこのプロジェクトを始めるキッカケになったのだとか。

はじまりは、自分の大切な人を楽しませたいという、ささやかな気持ちから。いつしか、その思いはどんどん膨らんでいき、人々に「幸せ」を届けるバルーンアーティストとして、世界中を飛び回るようになりました。

Licensed material used with permission by JIHAN ZENCIRLI
米・ロサンゼルスに拠点を構える「Geronimo Balloons(ジェロニモ・バルーン)」は、その名の通り、バルーンアートで話題になっているスタジオです...
パンダのロゴでおなじみのWWF(World Wide for Nature:世界自然保護基金)のバルーンを使った4枚のプリント広告。どこの広告代理店が仕掛...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
あのカルティエが9月21日〜30日の期間限定でコンビニ「カルチエ」を表参道にオープンしました。
アドレナリン全開だったんでしょうね。
「Ouzville」は見捨てられてしまったベリルートを再度盛り上げよう!というアートプロジェクトです。
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
オーストラリアのビーチスポット、バイロンベイで暮らすジャックとマリーのアウトドアやカフェ、自然が中心のライフスタイルをイメージしたブランド「JACK & ...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
この春、銀座の街を歩く人たちの手にするバルーン(これは透明のもの)を注意深く見てほしい。もしも、膨らんだ中に何やら小さなお菓子を見つけたら、それは「空飛ぶ...
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
ハッピーな人っているよね?「Elite Daily」のライター Jasmine Vaughn-Hallも同感みたい。彼女によれば、日々の小さな心がけが、結...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...