おじいちゃん3人がマリファナを吸ってみた「ふわふわしてるよ、もっとやりたいな…」

日本では絶対にあり得ない、「Cut.com」による、あの衝撃映像シリーズが帰ってきた。今回は、マリファナを3人のおじいちゃんが吸引して、会話する様子を収録したもの。三者三様の変わりように注目!

今回、集まったのは、この三人。

左:ロバート
中:マーヴィン
右:グラハム

今まで、マリファナを
吸わなかった理由は?

マーヴィン
「俺の理由は、タブーだったから。教会のある環境だったので、見たこともなかったよ」
グラハム
「特に興味がなかったからね。友人は吸ってたけどあまり関心がなかったんだ」
ロバート
「いい印象を持てなくてね。その世界に踏み込みたいと思うこともなかったなぁ」

マリファナ初トライに向けて、若干、緊張している様子。そこに、スタッフから、ボングという大きなパイプが手渡される。すると…。

グラハム
「死んだスカンクのような匂いがするな。唇はこの中に入れるのか?ポルノみたいだな」

マーヴィン
「俺はタバコの方が慣れてるから、紙で巻いた方で試すぜ。臭いな、んー変な気分だ」

(3人とも咳き込む)

ロバート
「咳止め薬が欲しいな」

10分後、3人は揃って
ハイな状態に

マーヴィン
「水槽の中の魚だな。皆みてる。(中略)もう、たくさんだ。俺は酒を飲む方だけど、こいつは比べものにならないぐらいぶっ飛ぶ」

ロバート
「1・2の3で画面まで泳いで、変顔だ」

グラハム
「試してみなって!わしゃこっちの方が好きだな。少なくとも運転はできるさ」

20分後、スタッフに吸引器具であるヴェポライザーが手渡される。この時の3人の反応がオモロい。

マーヴィン
「最新式
のものか。両サイドが開くんじゃないのか?

ロバート
「どうやらそうらしい。こっちを押すと震えて、おー」

グラハム
「あれ、色が変わってるよ。懐中電灯?色が変わった」

(吸引中)

ロバート
「なるほど。これは、すごいぞ。これ吸ったら、なんだか変わってきたぞ」

32分後
ドンギマリ状態に…

32分後には、右のマーヴィンがドンギマリ状態に…。もう、ほとんどノックダウン。

グラハム
「なんかちょっと…いやなんでもない。何を言おうとしたのか思い出せないや」

マーヴィン
「いいから言ってみろよ」

ロバート
「そうだよしゃべってみろ。そうすれば自然に出てくるさ」

グラハム
「なんだっけ。口の中が、もさもさしてる。ピーナツバターみたいだ」

40分後、スタッフから質問が出される。「死後の世界を信じるかい?」。グラハムはもう、半分寝てる。

マーヴィン
「ああ。6フィート下に埋められるんだ。 俺はそうとしか思わんがね」

ロバート
「魂はあると思うぞ」

グラハム
「(驚きながら)何も聞こえなかったんだけど…」

53分後、ロバートがいきなり饒舌に。話す内容は、何なのかよくわからないが(笑)。マーヴィンは、スタッフからの質問「合法化されるべきだと思うか?」にストレートに答えている。グラハムは、相変わらず夢心地だ。

グラハム
「頭も腕も動かしたくない。眉毛も動かしたくない」

ロバート
「なんだか感覚が変わってきたぞ。たとえば緩い洋服を着なれていたのに、突然ガムテープで全身縛られているみたいな。肌の感覚が違うみたいに。今そんな感じで、脳みそが頭の3倍くらいある感じだ」

マーヴィン
「合法化されるべきだな。違法化されるべきじゃなかったんだ。そう思う。そうだろグラハム?ええ?そう思うだろ?」

グラハム
「超リラックスしてるよ」

さて、三者三様の結論とは?

65分後。ついに、吸引してから1時間以上が経過した。すっかりできあがっている3人。スタッフからは、最後の質問が。「今、マリファナについてどう思う?日常で使用しようと思う?」

マーヴィン
「ノーだな。想像もできねえ。落ち着かないんだ、今起きてることすべてが」

ロバート
「なんとも言えないな。けど、オープンな心を持っていると思うよ。この感覚は変だ。この変な感覚についてどう思うかはわからないけど」

グラハム
「ええっと、吸いたいな。でももっとゆっくりとね。大丈夫。
ただ超リラックスしてるだけ」

スタッフ
「いい意味で?」

グラハム
「もちろん。ふわふわしてるよ、もっとやりたいな…」

Licensed material used with permission by Cut, (YouTube), (Facebook), (Twitter)
日本では絶対にあり得ない、衝撃的な映像が「Cut.com」に取り上げられ、話題を呼んでいます。なんと、マリファナを3人のおばあちゃんが吸引し、談笑(という...
アメリカでは大麻の合法化が進んでいますが、実際に吸ってみるとどんな感覚になるのかを女性たちが教えてくれます。彼女たちが話すのはセックス、健康、仕事について。
メイン州にあるシーフードレストラン「Charlotte’s Legendary Lobster Pound」は、ロブスターを茹でる前にマリファナを吸わせる...
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
スパイシーなコロッケ×8種の野菜×ピタパン中目黒にオープンした、ファラフェルサンド専門店Ballon〒153-0061 東京都目黒区中目黒3丁目2-19 ...
あなたの感情を読み取りブランデーの中にハートマークを投影するグラス。アプリと連動する必要あり。デートで使ったら、クールに振る舞っていても心の中を見透かされ...
トロントの企業「AHLOT」は、マリファナをたくさん吸ってきた経験のある人を募集中です。
「Elite Daily」のライターGeorgina Berbariさんは、おそらく自分の経験も踏まえながら、様々な研究を証拠にマリファナと運動の関係を語...
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
アメリカで広がる大麻合法化の流れをうけて、前回はその税金の使われ方やテクノロジー業界の大麻ビジネスについて紹介した。今回は、急増する大麻サービスに触れつつ...
パリ発の総合美容薬局「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pomm...
アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコの地方検事局は、マリファナの合法化の動きを受けて、それに関係する犯罪歴を消去すると発表しました。その決断の裏には...
大麻に関わる情報を地図を元に提供する「Weedmaps」、大麻版アマゾン「Leafy」、大麻ビジネス版セールスフォース「Baker」、大麻版UberEAT...
米国のマサチューセッツ州でマリファナ入りのピザが登場した。2017年7月現在、米国でマリファナが合法化されていのは首都ワシントンD.C.及び、28州にも上...
オランダのビール会社ハイネケンが所有するカリフォルニア醸造所Lagunitas Brewing Companyが、マリファナを原料としたビール「Super...
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
白人至上主義を掲げる「オルタナ右翼」を支持する男性と「ブラック・ライブズ・マター」ムーブメントを支持する女性。一見、意見が合うことがなさそうな印象の2人だ...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.43
カリフォルニア州の田園風景の中で、ひっそりと大麻を育てている修道女がいる。「Sisters of the Valley」と呼ばれる彼女たちがつくっているの...
海外の人気動画サイト「CUT」。彼らの人気シリーズ「もしも◯◯と××が一緒にマリファナを吸ったら…」。今回集まったのは、この3人。左:ジム(ユダヤ教の指導...
アドレナリン全開だったんでしょうね。
きっと「英語を習得しよう」という動機は、人によってさまざまだと思います。試験のため、世界を自由に旅してみたいから、友人や恋人とのコミュニケーションツールと...
描いているのは、ブラジルに住む韓国人のおじいちゃん。孫たち(12歳のArthur、11歳のAllan、2歳のAstro)は、韓国とニューヨークに住んでいて...
電車内のマナーを見直すように呼びかけるために「ラップ」を披露した、サンフランシスコとロサンゼルスの交通機関の公式Twitterアカウント。これがアメリカの...