「2週間の冒険」がクセになる(消えるタトゥー)

2週間限定のタトゥーなら、試してみるのもアリだなって思ったのだ。来週は音楽フェスに行くし、BBQの予定もあったから、夏をさらに楽しむアイテムとして。

ボディペイントを自分でやるのは難しいし、シールだと偽物感が気になる。本当に彫る勇気もない…となった時に、私が実際に使ってみて予想以上に気に入ったのが「inkbox」。とにかく種類豊富で、簡単に試せるのがポイント。

デザインは400種類以上
どれにビビッとくる?

全部で400種類以上というバリエーションの多さに、どれを選ぼうか結構時間がかかってしまった。頻繁に新作も入ってきているけれど、人気のデザインはすぐに売り切れてしまうため、気になったものは早めにゲットしておくのがおすすめ!

ひとりでも
簡単に付けられる◎

Photo by Koki Yamasaki

好きな場所に貼ってから、かかる時間は20分ほど。と言っても、そのうち15分はインクを浸透させるために押さえている時間だから、テレビでも見ながらゆっくりどうぞ。

要点だけ押さえたHow toは、こちらの記事へ!

Photo by Koki Yamasaki

付け終わった直後は、思った以上に色が薄くて不安になるかもしれないけれど、時間をかけてゆっくりと濃くなってくるから、説明書によると24時間〜36時間くらい前に付けておくのがベスト。

2週間で落ちるのは、表皮にしかインクを浸透させていないから。肌のターンオーバーが始まると同時に、一緒に薄れていくのだ。けれど、水に濡れてもヨレたり、1日で消えてしまう心配はナシ。ただし、クレンジングには気をつけてね。

Photo by Koki Yamasaki

ふたりで試してみた結果、肌に異常が出ることもはなく、24時間後にはくっきりと色が出てていた。inkboxが「オーガニックである」と言うのは、ゲニパという果実の果汁を酸化させてたものをインクとしてを使っているから。浸透させると言っても、自然のものなら抵抗なく使いやすいでしょ?

手首に入れると目につきやすいから、友達に会うと「いつの間にタトゥー入れてたの!?」って意外そうにまじまじと見てきたのだけど、綺麗に色が出ている状態だと近くで見ても結構リアルなんだよね。このワンポイントのおかげで、今日はオシャレしようかな、髪型変えようかなとテンションが上がるし、夏の間にリピートしたい!

Licensed material used with permission by inkbox.jp
コチラの記事では、2週間限定のタトゥー「inkbox」自体の紹介をしたけれど、ここでは簡単な使い方について。貼り付ける箇所によっても変わるけれど、基本的に...
モスクワのタトゥー・アーティスト、Roman Melnicovさんによる、緻密で美しい煙のタトゥー。
ヴァージン・クルーゼズ(Virgin Voyages)がタトゥーにフィーチャーしたクルーズを出港させるようです。ちなみに業界初のサービス!
アメリカ・ポートランドを拠点にしている彫り師Kayla Newellさんによる作品です。昼と夜でデザインが変わるのがポイントです。
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
明るい場所から、暗い場所へと移動すると発光するタトゥー。暗闇でブラックライトに反応するUVインクで彫ったタトゥーは、海外で最先端のスタイルとして確立されつ...
一昔前に比べてファッションとしてタトゥーを彫る人が増えた今、「タトゥーはアートだ」という声を耳にしたことがある人も少なくないはず。同意できずにいた人も、A...
Mambotattooerさんのインスタに載っている作品は、ポップなものばかり。
背中や肩に絵がれたスカル、蛇、バラの花…タトゥーに好んで用いられるこれらのデザイン。それを3Dで表現してみたら……。イギリス在のアーティストBilly B...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
8月31日、ロシアのドミノピザが「私たちのロゴのタトゥーを入れてくれたら、100年の間“年100枚”のピザをプレゼントします」と発表しました。
タトゥーと言えば、基本的には一度入れたら一生ものというイメージ。いくら興味はあっても、その後の人生とどう付き合っていくのか熟慮が必要になるだろう。気軽に楽...
Ryan Kellyは、過去に自傷行為をした時の傷跡を隠したいという人のために、無償でタトゥーを彫っている。「Scars Behind Beauty」とい...
スタジオジブリの映画が海外でも人気なのは、言わずもがな。ですが、あまりに好きすぎてタトゥーを彫っている人たちがいることをご存知ですか?トトロからカオナシま...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
まるで機械の基盤のような、不思議な模様。そう言われてもなお理解に苦しむけど、これタトゥーなんだそう。
スマホに保存したり、財布の中にしまっていたり、自分にとっての大切な写真は常に持ち歩きたい。そうすることで、いつも大好きな人たちとの思い出にひたることができ...
刺青の場所と図柄だけを見て、6人のうちの誰がその持ち主かを当てていくクイズゲーム。これがなかなか難しい。それぞれの刺青には、親友や家族との思い出やその人の...
この手に癒され続けて来たのだから、スタンプのようにペタッと残しておきたくもなりますよね。最近のインスタでは、#pawtattooで見るとわかる通り、実際の...
デビッド・ベッカムは、大のタトゥーフリークでもあります。ただし、その刻まれた数々のタトゥーは、彼の愛する妻や子どもたちの名前、大切な家族を表していると言い...
一見すると、指先まで袖のある黒いドレスを着ているようにしか思えないこの写真。ところが、彼女がまとっているのはドレスではなく、黒一色ベタ塗りのタトゥーなんで...
ド派手なタトゥーを全身にびっしりと入れた子どもたちが、ニュージーランドを中心に急増しているそう。一体なんで…。もう気づいた人も多いかもしれない。これは、エ...
もしも、タトゥーのない自分の姿を見たら、その人はどんな反応をするのだろう。そんな思いつきから、イギリスの写真家、スティーヴン・バートンは1冊の写真集をつく...