身をもって「時は金なり」を伝えるパフォーマンス

「時は金なり」なんて格言もあるほど、時間は1秒でも過ぎてしまえば二度と取り戻せない貴重なもの。

デザイナーMaarten Baasによるパフォーマンスは、誰も思いつかないような新たな時間の使い方を試みています。

コツコツと時を刻む

Photo by Thijs Wolzak

上の動画は、アムステルダム・スキポール空港でのパフォーマンス。この時、12時間に渡り空港を訪れた人々に時刻を表示し続けました。一見、本当に時計の中に人がいるように見えますが、実は前撮りした映像を使用。ライブパフォーマンスではないとはいえ、完成までには相当な時間と労力を要したはずです。

1分ごとに針を描いては消すを繰り返し、12時間かけて時計の役割を果たすという奇妙な内容。ですが、動画を見始めると、地味な作業にもどかしさを感じるものの目が離せなくなります。

常に正確さを意識して時を刻むMaartenを見ていると、たとえ1分でも1秒でも時間は有効に使うべきだと思ってしまいます。もしかしたら、それに気づかせることが彼の狙いなのかも……なんて考えちゃうのは、深読みしすぎでしょうか?

時計はデジタル派という人は、上の動画を。ただ、やっていることはアナログなので、ジワジワ笑いが込み上げてきます。

他にも作品があるのですが、ひょっとしたら、お好みの時計が見つかるかもしれませんよ。

Licensed material used with permission by Maarten Baas, (Facebook), (Instagram)
Maarten Baasさんというアーティストが手がけていて、“時計の中にいる人”が短針と長針を書いたり消したりして、時刻を教えてくれるユニークなデザインです。
アーティストであるLor-Kさんの「Eat Me」というプロジェクトです。
0時から6時にかけて“しぼみ”、6時から12時にかけて“ひらく”。「Solstice Clock」は、まるで花が呼吸しているかのような壁かけ時計です。
上司、先輩、後輩、同僚、誰でもいいけれど、周囲にひとりは常に高いパフォーマンスを発揮している人がいませんか?記事内では、彼らが何を習慣にして、心がけている...
ミレニアル世代をターゲットにしている航空会社「Joon」。年々増える子持ちのミレニアルズを考慮してか、Cosy Joonという新サービスを開始です。
「The World Whisky Advent Calendar」は、中にウイスキーが入ったアドベントカレンダー。世界中からセレクトされた24種類をクリ...
ナイトサファリやシンガポール動物園を運営するWildlife Reserves Singapore(WRS)が、「動物園で象に演技させるのはやめる」と発表...
「Human Slinky」が今世界で話題だ!本当の呼び名は「Veniamin」と呼ぶらしいが、アメリカの人気オーディション番組「America's Go...
驚異的なパフォーマンスにはビックリで、アクロバティックな演奏がスゴい!
「Humism」は時が経つにつれて、ゆったりと変化していくようになっている。本来なら時計を見ているはずなのに、移りゆくデザインを見ているうちに時間を忘れて...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
集団行動がパフォーマンス?と思う人も多いかも知れません。が、YouTubeでは毎年話題!文字通り集団で行動することを指しますが、厳しい訓練のもと、針の穴に...
現代人には、「不確かな時間」こそ必要だ。
その姿はまるで、ヌンチャクを自在に扱うジャッキー・チェン。はたまた、優雅な演技を魅せるバトントワリング選手―。Twitter投稿からわずか5日で10,00...
全米の超人気ダンス番組「アメリカズ・ベスト・ダンス・クルー」で、史上最高レベルとの呼び声高いパフォーマンスを披露し、いまや振付師、総合演出家としても活躍す...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
本当です。たった9秒で終わるので、以下の動画をチェックしてみてください。そう、リングの中央に指を置くと、影がそのまま時刻を示す仕組み。なんとも幻想的な時計...
街角で突然看板を使ってパフォーマンスを始める男性・・・その得体の知れない絶技が凄すぎるとSNS上で話題沸騰中!一体何者だ?// Post by hello...
翌日に仕事があるにもかかわらず、友だちと飲み明かしてしまった。当然、寝不足で仕事はグダグダ…。そんな過ちを二度としたくない人へ。「New York Mag...
鮮やかな色の光が、木々のあいだを駆け巡る。森の中に大量のLEDを置いて…?と一瞬思ってしまいますが、これはすべて拡張現実(AR)での世界。森の映像にグラフ...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
アイルランドを拠点に活動するアーティストPáraic Mc Gloughlinさんによる作品は、ビデオドラッグのような感じです。
自分の背丈ほどもある6弦ベース(一般的にベースは4弦)を自在に奏でる少年。大人のミュージシャンたちの中に入っても、まったく引けを取らない洗練されたアレンジ...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。