「ハイになった」若者たちのガチ政治討論。

何かと目が離せないアメリカの政治情勢。国内で起こるデモや事件は絶えず、多くの人々の関心を集めています。

そこで動画メディア「Cut」が、民主党支持、共和党支持、そして無党派支持の若者を一人ずつ招き、今の政治を語り合う企画を用意しました。その手にはマリファナ。

でも、今回の動画で注目すべきは「政治を語り合う」姿勢のほう。若者たちは自分たちの支持政党について、そして相手の支持政党について、自分たちの意見を熱く論じています(最初は)。

学生時代をアメリカで過ごした私の経験からも、授業で、カフェでと、日常的な場面で政治について話し合うことがあるほど、身近なこと。果たしてハイなままでも、真剣に政治の話し合いなんてできたのでしょうか。

若者3人の主張
それぞれに違う政治思想

集まった3人の年代は同じぐらいですが、人種もバラバラ。席順も、政治思想の方向を表しているのかもしれないですね。

左:シャキーラ(以下:民主)
中:アンソニー(以下:無党)
右:チェルシー(以下:共和)

“フェイクニュース”について

無党:「今までより、負の雰囲気を感じるよね」

民主:「それは何故だと思うの?」

共和:「正直に言えば、ソーシャルメディアのせいだと思う」

無党:「その通り。俺もそう思う」

民主:「でもそれって、今の大統領だって原因があるんじゃないの?共和党がどんな人に代表されてるって事とか」

共和:「それは一つの要素かもしれないけれど、主な原因ではないと思う」

民主:「原因ではないって?」

共和:「うん」

無党:「じゃあ"フェイクニュース"とかいうのも、本当だと思ってる?」

共和:「でもニュース局は、どこもバイアスがかかってるんじゃないかな」

民主:「それは、どのニュース局がどのように見せたいかによると思うわ」

無党:「そうそう、(応援)グッズも購入できるようにね!」

アメリカのアイデンティティとは?

無党:「みんな同感なのは、みんな“アメリカン”である事だよね」

共和:「そう、それをトランプが取り戻してくれるの」

無党:「でも彼は、“白人アメリカン”を取り戻しているんだと思うよ」

カメラマン:「彼が大統領になった事で、(人種)差別意識が強くなったと思う?」

無党&共和:「うん」

共和:「100%」

民主:「もちろんでしょ」

無党:「俺、貧しいメキシコ人として育ったからさ。『国へ帰れ』とか言われたことあるよ」

民主:「それはひどいね」

無党:「でもそれは、俺はもう、そういうコメントで押しつぶされないようにしてるけどね。でも黒人の人たちにとってはまた全然違うだろうね」

民主:「この前も、ちゃんとした格好していないだけで、その店員がセキュリティを呼んできたの。そこで私は自分は黒人なんだ、って初めて気づいたわ」

投票することは、
国民の義務だと思う?

無党:「100%、国民の義務だと思うよ」

民主:「私は投票に行っていないわ。なんかクソみたいなのに投票したって意味ないもの」

共和:「そう、私も同じような理由で投票しなかったわ。人をクソみたいに扱うような人を投票したって、その人に投票した自分自身にコミットできないもの」

民主:「投票してないの?」

共和:「していないわ」

民主:「それはいいわね」

無党:「何だよ、君たち〜ちゃんと投票しなよ〜」

民主:「投票行ったの?」

無党:「ちゃんと行ったよ!バーニー・サンダースって書いたし!」 

今回紹介するのはここまで。

本編では、政治家に対して過激な発言などもあります。割とハイになっても、それぞれの主張は崩れるずに、和気あいあいとしていることが意外でした。3人とも、自分たちの生活に直接影響があることも分かっている上での主張で、それぞれに強い意思と、相手へのリスペクトがあるのでしょうね。

Licensed material used with permission by Cut, (Youtube), (Twitter), (Facebook)
人種差別は未だ失くならない。むしろ、昔と比べてより複雑化している。「StyleLikeU」が制作した動画では、自らの経験を語りつつ服を脱いでいく出演者たち...
2017年は、1960年代の公民権運動の原型ともいえる、最初の反人種差別を訴えたデモから、ちょうど100年目。そこで、ライターEmily Beckerはこ...
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
監督を務めたのは、黒人女性監督のディー・リース。人種差別や偏見を真正面から描いた本作品は、2017年のサンダンス映画祭でプレミア上映された際に絶賛の嵐だっ...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
「The World Whisky Advent Calendar」は、中にウイスキーが入ったアドベントカレンダー。世界中からセレクトされた24種類をクリ...
目の見えない人に「あなたはレイシストですか?」と聞く「Cut」の動画。視覚障害者は肌の色が見えないので差別はないのかと思いきや、訛りや話し方で予想するとい...
ブルックリン・ネッツでプレーするジェレミー・リン選手は、元NBAオールスター選手であるケニオン・マーティンから人種差別発言を受けました。でも、彼の機転の効...
人種、宗教、性別、セクシャリティ。世界では未だに、そういったラベルによって人々が判断されてしまうという現実があります。築かれる壁、深まる断絶、広がる悲しみ...
白人至上主義を掲げる「オルタナ右翼」を支持する男性と「ブラック・ライブズ・マター」ムーブメントを支持する女性。一見、意見が合うことがなさそうな印象の2人だ...
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
「Professor of Hip-Hop」の名前で知られているA.D. Carsonは、ヒップホップが研究分野。Ph.Dを獲得したクレムゾン大学に提出し...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
7月8日に開催された欧州最大のLGBTのパレードとも言われるロンドン・プライド・パレード。7月20日に行われた組織調査によると、マイノリティ人種のLGBT...
僕がキューバに訪れた時には、よく中国語で話しかけられた。また、アメリカでは韓国人に間違えられることが多かった。見た目が似ているからだろう。その度に、どこの...
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
アメリカに住む黒人たちにとって、毎年2月は大きな意味がある。「Black History Month(黒人歴史月間)」または「African-Americ...
アメリカのショピングセンターで撮影された一枚の写真。若い男性がお年寄りの手をとりエスカレーターを下る瞬間が捉えられています。この何気ない優しさがSNSで拡...
家族のみんなの肌の色が違うという理由から、人と違うことを個性だと考えていたフォトグラファーChesterfield Hectorさんは、母親の死を原動力と...
Google Chromeの拡張機能を使ってトランプ大統領のツイートを8歳児のクレヨン手書きフォントに変換してみたら……。
女性の活躍が進んでいるとはいっても、人数としてはまだまだ男性の方が多い政治の社会。もしもそれが、逆転したら?そんなイラストを公開した「College Hu...
「#BeingBlackandMuslim」。このハッシュタグにインスパイアされたフォトグラファーのBobby Rogersさんは、9人の男女のポートレー...
ここ数週間、毎日のように流れるイスラム教徒に対する米入国制限のニュース。アメリカ国内でも賛否が分かれ、その様子は多くの人が肌で感じていることでしょう。ここ...
アメリカの女性向け雑誌「O, The Oprah Magazine」。この5月号では、フォトグラファーのChris Buck氏による、3枚の写真が掲載され...