最新のクラフトビールの原料は「マリファナ」

ハイネケンが所有するカリフォルニア醸造所Lagunitas Brewing Companyが、マリファナを原料としたビール「Supercritical」を発表した。

こちらのビール開発には、Vepe会社であるAbsoluteXtractも関わったらしい。ハイにならないような成分加工が施されているようで、味はパイナップルやシトラスに似ているとのことだ。

世界的に存在を
見直されつつあるマリファナ

食料や衣料、工業製品、そして医療用と世界的に存在価値を見直されているマリファナ。

「Supercritical」は、北カリフォルニアで育まれた新鮮なマリファナの芳醇な香りだけを抽出しIPAビールに仕上げたとのこと。ハイになる成分THC(テトラヒドロカンナビロール)は含まれていないので、純粋に香りと風味をアロマ的に楽しむことができるようだ。

とは言っても、現在「Supercritical」が味わえるのは、カリフォルニア州のバーのみと非常に限られたエリア。カリファルニア州に行く予定のある人は、ぜひ、バーに立ち寄ってみるのもいいだろう。

それにしても、動画の1分13秒あたり、LagunitasのマイスターJeremy Marshallの表情をみれば、どれだけ芳醇な香りかを想像することができる。

Licensed material used with permission by Lagunitas Brewing Company
アメリカでは大麻の合法化が進んでいますが、実際に吸ってみるとどんな感覚になるのかを女性たちが教えてくれます。彼女たちが話すのはセックス、健康、仕事について。
アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコの地方検事局は、マリファナの合法化の動きを受けて、それに関係する犯罪歴を消去すると発表しました。その決断の裏には...
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
この街の美しい大聖堂にフォーカスしているのですが、たとえばかの有名なノートルダム大聖堂だって印象が異なります。
米国のマサチューセッツ州でマリファナ入りのピザが登場した。2017年7月現在、米国でマリファナが合法化されていのは首都ワシントンD.C.及び、28州にも上...
「Elite Daily」のライターGeorgina Berbariさんは、おそらく自分の経験も踏まえながら、様々な研究を証拠にマリファナと運動の関係を語...
大麻に関わる情報を地図を元に提供する「Weedmaps」、大麻版アマゾン「Leafy」、大麻ビジネス版セールスフォース「Baker」、大麻版UberEAT...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
アメリカで広がる大麻合法化の流れをうけて、前回はその税金の使われ方やテクノロジー業界の大麻ビジネスについて紹介した。今回は、急増する大麻サービスに触れつつ...
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
日本では絶対にあり得ない、衝撃的な映像が「Cut.com」に取り上げられ、話題を呼んでいます。なんと、マリファナを3人のおばあちゃんが吸引し、談笑(という...
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
日本では絶対にあり得ない、「Cut.com」による、あの衝撃映像シリーズが帰ってきた。今回は、マリファナを3人のおじいちゃんが吸引して、会話する様子を収録...
東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。53杯のビ...
だんだん暖かくなってきて、ビールもますます美味しい季節になってきました。この頃は缶ビールを「生ビール風」に注げるアイテムなんかもありますが、どうせなら本物...
ビールが苦手な人には理解してもらえなさそうだけど、どうしても飲みたくなる気持ち、とても分かります……。そんなときは我慢せず、グビッと行きましょう?