人生を左右するあの悩みにとことん付き合ってくれる「LINEアカウント」

部屋探しってまずはネット検索からはじまります。ただ、物件情報が更新されていないサイトがちらほらあって、スタッフからこんなことを言われるケースも多いですよね。

「その物件、もう埋まっちゃいました」

コマメに検索してやっと見つけた好みの物件。ここで自分が生活している様子とか、家具のレイアウトとか、いろいろと妄想を膨らませつつ不動産屋に問い合わせたのにこの言葉が返ってくるとけっこうがっかりするんです。

「満室の物件情報なんてすぐに取り下げてよ!」「時間のムダだった……」なんて投げやりになって、部屋探しへのモチベーションが下がったりして。

じゃあ、部屋探しそのものを
プロに任せちゃおう!

株式会社エイブルが展開している『エイブルAGENT』。エイブルAGENTのスタッフがオンラインで部屋探しをしてくれる(しかも無料)このサービスを使えば、リアルタイムでチャットコミュニケーションがとれるので、だいぶストレスは少なくなるはずです。

使うための手順はとってもシンプルで、スマホかPCからサイトにアクセスして、約1分程度で済む登録をするだけ。

5609829187977216

上の画面のように住みたい駅(最大5駅まで選べます)や家賃の上限など、ごくごく一般的な質問に答えればOKです。

あとは、プロがオススメの部屋を提案してくれます。コミュニケーションはすべてメッセージで。気に入る部屋があるまで、とことんやり取りが可能です。

5628055955439616

送られてきた部屋の詳細を見て、気に入れば「内見したい!」を、気に入らなければ「惜しい!」をクリック。

5539398166773760

こんな個人的な疑問にも丁寧に答えてくれます。

店舗に足を運んで、プロと一緒に物件を見てまわるのはスタッフの人にワガママを言い難いという問題がありますが、『エイブルAGENT』なら自分が本当に思っている要望を、気兼ねなく伝えられます。

すぐに引っ越す予定がなくても
本気で提案してくれる

6491624896987136

まだ引っ越しするかどうか迷っている人でも利用可能。住みたい駅が具体的に決まっていなくても、通勤通学先の最寄り駅と希望の通勤時間を登録すれば、エイブルAGENTのスタッフが総動員で条件に当てはまる部屋を探してくれます。

自分で検索しても、知識の範囲でしか部屋を探せません。でも、実際には知らない駅にも住みよい部屋があるかもしれないし、広さや階数だって間取りや周囲の環境によって優先順位が変わってくる部分もあるはず。そういった自分にとっての「掘り出し物件」をプロの目で探してくれるのはかなりうれしい!

パキスタン出身で医者のRehan Munirさんは、アメリカで仕事経験を積むためにニューヨークで部屋探し。インターネットに自己紹介と写真を掲載したところ、...
家族のもとで暮らし、安定した仕事に就き、休日は地元の友人に会う。たしかに、これもステキな人生ですが、果たしてあなたにとって「最高の人生」と言えるでしょうか...
プライベートなやりとりだけではなく、いつの間にか仕事でもコミュニケーションツールとして当たり前になりつつあるLINE。でもちょっと待って!もしかして私、恋...
新年を迎えたところで心機一転、引っ越しを予定しているあなたへ。「Elite Daily」に寄稿するライター、Briana Bellさんが「引っ越しをする際...
世の中には「引っ越し好き」と「引っ越し嫌い」な2種類の人がいます。あなたの周りにも、ほら、思い当たりませんか?でも、引っ越しの作業って大変ですよね。部屋の...
それまでまったく光の当たらなかった選手が、優れた指導者と出会うことで一気にその才能を開花させ、スターダムにのし上がる。これは、スポーツの世界でよく目にする...
好きな人から、LINEを無視された場合は悲しくなりますよね?既読無視の場合には、尚更嫌われているのかと気になってしまいます。また、未読無視の場合には、何か...
彼氏にメールやLINEをしても、無視されていたら心配になったり、不安が募ることはよくありますよね。彼氏にもそれなりの都合があったり、受け止め方の違いであっ...
私たちの人生は、つねに失敗とも付き合っていかなければなりません。だけど、それに正面から向き合うことはなかなか難しい。今悩みを抱えている人は、自分の選んだ道...
3Bとは、彼氏にすると女性が幸せになれないよ、という職業のこと。実際にこの3Bの男性と付き合った人は、ことごとく幸せになっていません。でもどこか憎めない、...
幸せを生む材料は、日常の中に無限に散らばっています。ただ、日常生活では様々なことに気を取られて悩み、その幸せに気づけないこともあります。しかしその悩みの中...
ニューヨーク在住のレベッカさんは6年前、アリゾナ州フェニックスの動物保護シェルターから生後3ヶ月のピットブル犬・Bubbaを引き取りました。一般的に攻撃的...
アートを買うきっかけってどんなとき?購入する背景は様々だし、金額もピンキリ。富裕層とそうでない人で感覚の違いもある。中目黒高架下の並びにあるギャラリーで、...
「Smartables」は、僕たちの生活を便利にしてくれるスマートテーブルです。例えば、充電器として、スピーカーとしても。他にもある便利な機能を紹介します。
「ふつうのアイロンって面倒。家の中のどこに置けばいいかもわからないし」という人におススメなのが、スチームアイロン。ハンガーに掛けたままアイロン出来るから便...
汚い部屋だと、探し物をするのに時間がかかったり、変な虫が出たり、悪臭が漂う原因になったりと、デメリットが多いです。そんな悩みを解消するために、きれいに片づ...
「Weirdo」という単語を辞書で引くと、変人、奇人、危険人物、危ないやつ、といった言葉で訳されますが、そんな男性を見つけたら、絶対に付き合ってほしいと語...
ルービックキューブのような、現実にはありえないこの部屋。
「Kickstarter」に登場した、世界一スマートなデジタルメジャー「Bagel」。まず、測定法が3つ。1つ目はストリング式と呼ばれる定番の巻尺、2つ目...
ミネソタ大学のキャスリーン・ヴォース教授は、散乱した部屋で活動をしていた方が、よりクリエイティブになるということを、研究で明らかにしました。"ただのだらし...