「細かく分ければ2,185」人間のすべての感情をナンバリングした大学院生

人間が抱く全ての感情を数えたら、いくつになると思う?

文字に起こせば、嬉しい・悲しい・疲れたなど一言で終わってしまうけれど、簡単に言葉にできない感情の方が、きっと多い。嬉しいのなかに、<切ない>が混じっていることもあるし、悲しいのなかに<怖い>が混じっていることもある。全ての感情を、言葉に当てはめるのは難しい。

従来の心理学では、人間の感情は<喜び・嫌悪・驚き・悲しみ・怒り・恐れ>の6つが基本とされていました。全ての感情が、この6つのどこかしらから生まれている、という考えだ。

ところが今月、それをひっくり返す論文が発表された。

感情を研究しつづけた男性が、
「2,185」の数字を出す。

2017年9月にその論文を公表したのは、カルフォルニア大学のAlan S.Cowenさん。神経科学の分野で、機械学習を学んでいる大学院生だ。

彼は男女800人以上を対象にした調査で、感情の分布を示してみせた。その内容はこう。数千もの映像をチーム分けして見てもらい、それぞれどんな感情(情動)を抱いたかを報告してもらうというもの。その結果、人間の基本的な感情は27種類で構成されているということがわかった。

感嘆 敬愛 憧れ 楽しい 不安 畏れ
退屈 気まずい 同情 冷静 混乱 渇望
うっとり 嫌悪 共感 狂喜 羨望 興奮
恐れ 悲しい 恐怖 ワクワク 懐かしい
喜び 優越 満足 ムラムラ(性的興奮)

この中のいくつかを組み合わせることで、全ての感情が生まれてくるんだそう。その総数は、じつに「2,185」だとか。

【Emotion Map】
これが、人間の感情の全て

大掛かりな実験をしてこの数を導き出しただけでももすごいこと。だけど、何にいちばん感心させられるかって言えば、この「Emotion Map」だ。

画像はレプリカで、タッチしても何も起きないのだけれど、彼は2,185の感情をアルファベットで色分け。さらにそこから該当する感情がどんなものか、クリックすると「イメージ映像」がポップアップ表示される感情マップをつくってしまったのだ。

とにかくこの凄さ、実際に体験してみるのがはやい。ぜひどうぞ!


 

ページ左上

ページ最上

さて、触ってみた人はわかると思うけれど、該当する感情が、どんな“配合”になっているのか、数字とグラフでも表れるようになっている。

一体どれだけの手間と時間をかけて、こんなマップを制作したのか……もはや、研究結果よりも、彼自身に対して興味が湧いてしまった。もっと詳しい話を聞かせてほしいと申し込んだところ、3分も経たないうちに「Of course!」と返信が。

当時の私の感情を、Alanさんのマップに当て込んで示すならば、楽しいとワクワクが混じり合った「1410番」。ホームランボールをキャッチした少年が、きゃっきゃとはしゃいでいる映像が出てくる感情だった。

制作期間、まさかの1日

まず、最初に知りたかったこと。制作にどれだけの時間を費やしたのか?その返答がこちら。

実験に参加してくれた数百人分の情報と結果をまとめるのは、本来かなりの労力が必要なんです。でもクラウドソーシングを使用したら、思ってたよりも簡単に制作に必要なデータを収集できました。実験の次の日には、あらかたまとまっていたんです。

独自で開発した計算ツールで、感情の数字を割り出すなど、主にマップを作成する手順を自動化していたので、そんなに時間はかかってないんですよ(笑)。

てっきり、何年もかけているかと思っただけに、この答えに拍子抜け。おそるべし、カルフォルニア大学院の機械学習スキル。

今まで、機械学習のデータや研究結果は文書でまとめられて終わっていた。でも技術を応用して、もっと実際に可視化、体験できるように公表したら良いのに…、と彼はずっと思っていたそう。

短い時間だけれど、話を聞いている間、終始楽しそうに研究のことを語ってくれた。人の脳や感情の動きを知ることが、シンプルに好きでたまらないのだろう。

人の感情を数字で表すことは、何よりも難しく、何よりも僕を魅了するんです。

全ての感情を、番号で捉えている男性。おもしろすぎる思考回路を覗きに、一度でいいから会ってみたい。

Licensed material used with permission by Alan S.Cowen, (map), (report)
現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
世間のムードはまだまだ重たい。そこで、少しでもポジティブになってもらいたいと思い、「幸福度」に関する研究結果をいくつか紹介。
今月、米「プリンストン大学」の研究者たちは、家庭菜園がサイクリングやウォーキング、外食と同じく「感情の幸福度」の向上に影響するという研究結果を発表。その詳...
ワンちゃんはマブダチ!ファミリー!そう思っている人も多いはず。じつは、彼らも人間の感情をちゃんと理解していると科学的に示された研究結果があります。2014...
ドイツの職人による手作りのミニマル財布が応援購入サービス「Makuake」にて予約を受け付けている。
オーストリアのグラーツ大学の研究チームによれば、多少のアルコール摂取が創造性が上がると判明。ただし、過剰摂取だと創造性が上がらないという結果も出たうえで、...
イェール大学とオックスフォード大学の研究結果によれば「運動はメンタルヘルスに効果的」だと判明。また「運動はお金よりも人を幸せにする効果がある」との事実も。
学歴社会では「社会が頭の良い大学に行くと、人生が上手くいく」というイメージを植えつけますが、実際にどれくらいの弊害が生まれているのでしょうか。この疑問を人...
米国「アーカンソー大学」の研究者は、カフェインが問題解決とブレインストーミングの2つの実行能力にどう影響するのかの研究結果を発表。その結果はカフェインは問...
ストレスを感じる状況では一人称よりも三人称で自分に話しかけた方が感情をコントロールしやすくなるということ。これはミシガン州立大学とミシガン大学の研究者らが...
「Makuake」で販売中のフィットネスバイク「BIKEBOX」は、静音式で移動もカンタン、収納幅は11センチとコンパクトで家庭的だ。
イギリスの大学が長く寝た方がウエストのサイズが細くなるという研究結果を発表しました。これまでも睡眠の重要性は語られてきたことですが、さらに注目したいところです。
人は総じてより楽しい感情を持ちたいと考えているけれど、実際の感情が「希望していた感情」であるほど、人生の満足度が高い。それが怒りであるか、喜びであるかは関...
先日、「ノッティンガム大学」の研究チームは、米天文学誌『アストロフィジカル・ジャーナル』において最新の研究結果を発表。その論文によれば、計算上、銀河系には...
フードロス問題に関して、アメリカ・コーネル大学が「食料品店を増やすことが、有効なフードロス対策になる」という研究結果を発表。近くに食料品店があれば、消費者...
書くときは青色のボールペンを使う。さらには、耳栓をしてささやきながら暗記する。嘘か真か、巷には色々な暗記術が溢れています。でもこれからは、方法だけでなく、...
1938年の創業以来、オリジナリティに長けたイノベーティブなアウトドアウェアを提供し続ける「コロンビア」より、秋冬のキャンプ向けアパレルコレクションが発売。
昨年約110万人が来場した大人気映画祭「HIBIYA CINEMA FESTIVAL(日比谷シネマフェスティバル)2020」が、10月16日〜11月8日、...
記憶力UP・仕事が捗る・前立腺がんのリスク低下・気持ちがポジティブに。セックスと健康にまつわる意外な研究結果まとめ
「緑や自然の中に身を置くと、なんだか穏やかな気持ちになるな〜」。そんな感覚は、多くの人が体験値として持っているでしょう。「HIGHER PERSPECTI...
偶然出会った本のなかから人生の道しるべになるかもしれない金言・名言を探す旅。今回は 「迷える青少年」に向けた指南書をご紹介します。
ちょっと気持ちを高めたいときや気合を入れたいときに役立つのが、そう、“音楽”ですよね。アッパーな曲を聴いているとダウナーな気分も不思議と上向いてくるし、き...
困難とされていたマグロの完全養殖に、約30年の年月をかけて成功した近畿大学。そのマグロが「近大マグロ」として販売されていることはよく知られています。でも、...
「マッコーリー大学」と「シドニー大学」の研究チームが、2015年から2017年のオーストラリア・ニューサウスウェールズ州でのTwitter投稿を「We F...