勇気を出して水着を脱いだら、開放感のトリコになった。

欧米の銭湯や温泉では、水着を着る場合がほとんど。個人のプライバシーをより意識する価値観が影響しているのかもしれません。

ベルギー出身のNickさん・Linsさんにとっても、数年前まではそれが当たり前のことだったそう。だけど、勇気を出して裸になったときから、逆に水着を着ることに違和感を覚えるようになったのだとか。

始まりは、1つのクーポン。

兼ねてから旅が共通の趣味だったという二人。自分の知らない食事を食べることや、新しい人に出会うことが大好きだと語ります。言葉の通じない場所で道に迷うことでさえ、アドレナリンが出ている感覚がしてエキサイティングなのだそう。

そんな彼ら、あるとき友だちからギフトとして、リラックスサービスを無料で提供してくれるクーポンを貰いました。選択肢は3つ。

・マッサージ
・貸切お風呂
・公共サウナ

ここで一度も体験したことのない「公共サウナ」をチョイスすることは、チャレンジ好きとして必然でした。だけど、注意深くクーポンを見てみると、そこには「水着禁止」という文字が。

人前で裸体を晒すという
「未知の経験」

恥ずかしそうだけど、どうせタダだから試してみようと決め、公共サウナへと足を運びました。「思い返せば、あそこはヌーディストが集まる場所だったみたい」と、NickさんとLinsさん。

実際に行ってみると、ジャグジーやサウナなどの様々な施設があったそう。予想していたように、湯船に浸かっているときとサウナに入っているときには、誰も水着を着ていませんでした。また、ほとんどの人がタオルもつけていないことにも驚いたようです。

誰かにジロジロと見られないかな?と心配していた2人は、その時の様子をブログにこう綴ります。

「やっぱり抵抗はあったけど、すぐに誰の目にもとまっていないことが分かりました。周りを気にしているのは、私たちだけでした」

時間が経つに連れてその雰囲気に慣れてくると、とてもリラックスしている自分たちがいることに、NickさんとLinsさんは気づいたのだとか。

ありのままでいられる
開放感の虜に

それからというもの、リラックスできる感覚を求めて、何度も同じ場所へと足を運んだそう。また、ヌードキャンプをしたり、ヌーディストビーチで時間を過ごすことも多くなりました。

ありのままでいられるヌーディズムの魅力にハマっていくと、他の国の同じ文化も体験してみたいと考えるように。そこで、NickさんとLinsさんは、世界へと飛び出したのです。

イタリアやクロアチア、オーストリア、ブラジルなど、さまざまな国を訪れては裸になってその写真をInstagramに投稿している二人。将来的にはアジアにも行ってみたい、とブログに書いてあったので、日本に来る予定はないのか?と質問してみました。

「今はヨーロッパにいるんだけど、次の目的地はスリランカとインドかな。その後が日本なんだ。きっと、来年の夏くらい。

やっぱり楽しみなのは『温泉』の文化だよ。今から、もうワクワクしてる。もしも何か行くべき場所があれば、ブログのコメントを通して教えてほしいな」

Licensed material used with permission by Naked Wanderings
自然な状態に近づくためのチャレンジ。それが裸で食事をすることである。という定義はさておき、いま世界では超開放的な「ヌード・レストラン」が大流行中。今度はベ...
「NUDE/ヌード」と聞いて、いちばん最初に連想する言葉はなんですか?
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
写真集『脱いでみた。』を、先日発売したばかりのフォトグラファー・花盛友里さん。そこに写っているのは、ヌードなのにおしゃれでかわいい、自然体の女子たち。そん...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
Instagramから美しい写真を掘り起こして、表彰しようとはじまったのが「PHOTOBOX INSTAGRAM PHOTOGRAPHY AWARDS(P...
サーファーとして海を拠点に生きてきた兄妹が創設したブランド「Fair Harbor Clothing」。ここの水着は、使用済みのペットボトルをリサイクルし...
海で拾ったプラスチックのゴミでできたインスタレーション「Skyscraper」。9月16日までベルギーで開催されているアートの祭典「2018 Bruges...
砂漠とヌード女性。かっこいいコラージュ作品なんだけれど。よく見ていると、ほのかな「違和感」に包まれる。でもそれすらも結局は「かっこいい」と思ってしまいます。
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
「Helpper」は、シェアリングエコノミーの利点を介護に応用したサービス。身体に不自由を抱える人や高齢者は、家事や買い物の代行を頼めるようになっている。...
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
年越しそばを食べたり、108回鐘を鳴らす文化が日本にあるように、世界各国には独特の新年の祝い方があります。なかでも、ヨーロッパ諸国のクセがすごい。中央ヨー...
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
四半世紀に渡ってヨーロッパ暮らしをしているというジャーナリストの片野優さんと、ライターの須貝典子さん夫婦。彼らは雑誌の取材でヨーロッパ中を駆け巡り、そこで...
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
ケヴァン・チャンドラーさんは脊髄性筋萎縮症という難病を抱えており、普段は車イスで生活しています。自身がバックパックとなって友人に背負ってもらい、世界を旅す...
水着の季節に気になるのがアンダーヘアの処理。欧米人はアンダーヘアーを処理することは常識で、女性のみならず男性も手入れしている。海外では、アンダーヘアーを完...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
Gallagherさんのインスタには、義足のカバーを黒板にして、地名のペイントをしている様子がアップされています。それに気づいた周りの人からは、「イケてる...