【広島県】ピリ辛でサクサク。名物のかまぼこ「がんす」の愛され力

「がんす」は、広島市草津町あたりの方言で「〜です」「〜でございます」という意味ですが、考案された当時「ハンバーグのように、子どもから大人まですべての人に好かれる商品にしたい」という気持ちから普段からよく使う「がんす」を採用したとのこと。

この方言は国民的アニメキャラクターが使っていたこともあって、広島だけでなく全国的にも馴染みやすい名前になりました。

どんなコラボでも色褪せない
広島かまぼこ「がんす」

©2018 Takeshi Kimura

広島名物の「がんす」はいわゆる揚げかまぼこの一種で、魚のすり身と玉ねぎを程よいバランスにして、そこににんにくと唐辛子を練り込み、パン粉をまぶして揚げたもの。玉ねぎの甘みと後からくる唐辛子の辛さがたまらない、どこか懐かしい味です。

おにぎりに海苔を巻いて食べる「がんむす」や、パンズで挟んだ「がんすバーガー」などのアイデア商品も数多く販売されていて、一部の地域ではご飯の上に乗せてソースをかけ、ソースカツ丼のようにして食べる「がんす丼」も流行っているのだとか。

広島では古くからうどんやおそばに載せて食べたり、子どものお弁当のおかずに入れたることも。また、オーブントースターで表面を軽く炙るとお酒にもよく合います。

かまぼこの街「草津」で
約200年続く郷土料理

広島県は瀬戸内海に面していて、古くから漁業で発展してきました。とくに牡蠣が有名ですが、鯛やイワシなど、魚も多く獲れます。その中でも主にスケトウダラなどに、地元草津市場で獲れた新鮮な魚を混ぜることで、この風味豊かな味を実現しているそうです。

草津漁港がある草津の街には、かつて70軒以上のかまぼこ屋が軒を連ねていたほど、かまぼこは広島で親しまれているのです。当時の草津では「がんす」に焼きにんにくを入れていて、坂井屋では今でもこの伝統の味を守り続けています。

近年では「がんす娘。」というマスコットキャラクターもいるほど、広島の人々に愛されている郷土料理のひとつです。

©2018 Takeshi Kimura

購入は、坂井屋より。

Top image: © Takeshi Kimura

そこにある、それがいい。TABI LABOの国内トピック『JAPAN LOCAL』をまとめて見るならコチラ

あかてんは、漢字で書くと「赤天」。島根県の西部、浜田市で食べられている名物で、魚のすり身に赤唐辛子を練りこみ、パン粉をまぶして揚げたもの。表面はサクサクで...
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
冷蔵庫のなかった時代から続く郷土料理には、地元で採れた食材を塩や味噌などを使って保存食に加工したものが多いのですが、福島県の「にしんの山椒漬け」は、遠く北...
大分県では昔から、お刺身などを食べたときに残った “切り身の端っこ”をタレに漬け込んで保存する食文化がありました。ちょっと不思議な名前の料理「りゅうきゅう...
アメリカのスポーツメディア『ESPN』の記事によれば、ウォリアーズはファンクラブに向けて、スタジアムに入るためのパスを月100ドル(約11000円)で販売...
「カランダッシュ」は、エスプレッソマシンメーカー「ネスプレッソ」の「セカンドライフプロジェクト」のパートナーとして、「849 カランダッシュ+ネスプレッソ...
厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...
青森県で古くから愛されているご飯のお供と言えば「味よし」。普通であれば、山菜漬けや、魚介の塩辛をイメージするからもしれませんが、「味よし」は数の子、昆布な...
香川の名物と言えば、やっぱりうどんでしょうか。90年代後半から始まった大うどんブームは一過性のもので終わらず、香川には現在でも多くのうどん目当ての観光客が...
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
れんこんのシャキシャキとした食感と、鼻にツンと抜けるからしみその香りは、ご飯もお酒もすすみます。ご存知の、熊本が誇る郷土料理「からし蓮根」。遡ること約40...
神戸風お好み焼きの特徴は、牛すじをこんにゃくと一緒に甘辛く炊き上げた「ぼっかけ」を使っていること。もともと神戸牛や但馬牛などの畜産が盛んだった近畿地方で、...
イカを使った漬物と聞くと、ついつい一番身近なイカの塩辛をイメージしてしまいますが、この「するめ糀漬け」はまったく別モノ。その名の通り、塩ではなく糀(こうじ...
日本を代表する料理「寿司」にも欠かせない存在、海苔。佐賀県は日本一の海苔の産地であり、栄養に満ちた有明海で太陽の光をたっぷり浴びて育ったものは、贈答用とし...
イケメンと動物の最高ショットはもちろんのこと、今年も売り上げは野生動物保護のために寄付される予定!
聞きなれないかもしれないが、「多島美(たとうび)」とは、瀬戸内海など内海に浮かぶ、小さな島々が連なる様子を形容した言葉だ。連なる島々にはそれぞれ魅力がある...
滋賀県は、その面積の6分の1を琵琶湖が占めていて、海のない滋賀県にとって琵琶湖で穫れる鮎や鴨は貴重なタンパク源でした。とくに琵琶湖北部の長浜市には鴨料理を...
鹿児島の名産といえば、黒豚に奄美のサトウキビから作るお砂糖、それに地元産の麦味噌を加えて作った「黒豚みそ」が有名。ご飯のお供としてはもちろん、野菜スティッ...
広島の知られざる魅力を詰め込んだ、究極のガイドブック「カンパイ!広島県」の第3弾「広島秘境ツアーズ」が発表されました。その人気ぶりは凄まじく、明日の6月2...
山梨県のお蕎麦屋さんで食べるべき一品、それが「鳥もつ煮」。砂肝やハツ、レバーにキンカンと、鳥肉の様々な部位を甘辛く照り煮にしていて、お酒との相性も◎。もと...
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
宮城県・仙台の山奥には、絶品の「あぶらあげ」を目的に、地元の人も足繁く通う場所があります。それは、三角形の形をしていることから「三角定義あぶらあげ」と名付...
徳島県、美馬地方で万能の薬味として親しまれている「みまから」。これが実は、とんでもなく辛い食べ物なんです。激辛薬味「みまから」の原料は、古くからこの美馬地...