イスラエル政府、「難民狩り」に100万円の報酬を約束。

「彼らは難民ではない。仕事を探しにきた侵入者だ」

イスラエル首相Benjamin Netanyahu氏は、昨年の8月に、紛争や迫害を逃れて来た難民について、こう言い放ったそうです。

賛否はあれど、程度の差はあれど、現在は多くの国が「難民の受け入れ」を表明しています。しかし、イスラエル政府は先の首相の発言に続く、支援活動に逆行しているとも言える政策を打ち出しています。

全世界を敵にしてでも
生き残る「イスラエル」

先日、イスラエル政府の管轄である「Population and Immigration Authority」は、“侵入者”を管理する監査官の求人広告を出しました。その仕事は、移民・難民を見つけ出し、取り調べをし、必要に応じて捕まえるという内容。さらに、応募の結果、選考された人には、約100万円の報酬を出すと約束しています。

イスラエル政府が「難民狩り」をするバウンティハンターを雇うと言い換えれば、分かりやすいでしょう。

難民援助活動をしている「国連UNHCR協会」の調べによれば、イスラエルには約27,000のエリトリア人、約7,700のスーダン人の移民・難民がいるようです。加えて、パレスチナ問題をはじめとした中東情勢の不安定化。

2015年には、難民の受け入れを問われた安倍首相が「女性と高齢者の活躍などの国内問題を優先する」という旨の発言をしました。イスラエル政府には、同じような考えがあるのかもしれません。

しかし、問題となっている求人広告の前に、彼らはこのような声明も発表しています。

2018年3月までにイスラエルを退去する“侵入者”には…
1、約38万円の付与
2、航空券の支給
3、渡航文書のサポート

要するに、移民・難民を国外に追いやるために、自主退去を推奨しているのです。

この政策に対し、「国連UNHCR協会」は、イスラエルに辿り着くまでに拷問や虐待、強盗を経験した難民たちの過酷な経験を紹介しながら、こう言っています。

「『お金を持っていると勘違いされるため、不安でしかたない』と難民たちは言っている。

UNHCRは、イスラエル政府と難民たちを保護できる代替案を見つける準備を整えています」

ホロコーストの教訓から、イスラエルは「全世界を敵に回してでも生き残る」という国家方針があるとも言われています。これが、彼らの移民・難民政策にどれくらい関係しているのかまでは判断できませんが、迫害の歴史を受け継いでいる彼らだからこそ、できる援助もあるのではないでしょうか。

Top Photo by Amir Levy/ullstein bild via Getty Images

先住民を迫害したアメリカの反省。

※うまく表示されない場合はコチラから。

起業家大国とも言われているイスラエル。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、日本においての女性起業家10名のうちの1人として選ばれ、イ...
飛躍的に増えた外国人観光客は、2020年開催の東京オリンピックでひとつのピークを迎えると言われている。国際社会における「ホントのおもてなしとは何か?」とい...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
ナイトサファリやシンガポール動物園を運営するWildlife Reserves Singapore(WRS)が、「動物園で象に演技させるのはやめる」と発表...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
ユニセフが2016年9月に発表した「移民・難民危機レポート」によると、世界では約5,000万人もの子どもたちが、ふるさとを奪われているそうです。しかし難民...
ワーキングホリデービザを取得できるとして、海外で働きたいと考えている人が注目しているカナダでも、移民・難民の権利に関する問題は未だに根絶できていません。
ニュースでは、ヨーロッパ各国が難民受け入れ問題で混乱していたり、アメリカでもトランプ大統領がその受け入れを制限したりと、世界的に大きな話題となっている、難...
シリア出身のペインターAbdalla Al Omariさんは、最近ベルギーで難民として認定されたという。そして始めたのが「The Vulnerabilit...
このUSB充電器は安くて便利だから買ったわけじゃなくて、蛍光イエローの色が気に入って購入。
2024年のオリンピック開催地にパリが選ばれたことを機に、フランスの人権団体はアスリートと難民を比較した動画を作成しました。どれも30秒ほどですが、短い時...
自国で戦争があり命からがら難民として逃げてきた若者たちのグループ。現在はギリシャの難民キャンプで暮らしている彼らは自分達の「声」を届けるために雑誌をつくる...
イギリス、ロンドンにオープンしたショップ「CHOOSE LOVE」は、難民が実際に使う生活用品を手に取って見た上で購入し、実際にヨーローッパや中東の難民の...
紛争や貧困に苦しむ中東やアフリカの国々から、ヨーロッパへと海を渡る人々。ひところに比べその数は減少したものの、難民流入と受け入れ問題で欧州全体が大きく揺れ...
パッケージで微笑む女の子がかわいい福岡の「お子さまめんたいこ」。出汁が効いた唐辛子抜きの明太子で、お子さまと言わず辛いものが苦手な人にもぴったり。おにぎり...
イスラエル北部のゴラン高原にの白ワイン「ガムラ・リースリング」。最先端を行く科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせることで、国際的な評価の高い白ワイン。焼き...
家を失った難民たちの仮設住宅として、まったく新しい構造の折りたたみ式テントが登場しました。避難所暮らしの生活を、少しでもストレスなく暮らせるように開発され...
Instagramアカウント「@hotisraeliarmygirls」では、イスラエルの女性兵士たちの日常を公開している。兵役中でもおしゃれをしたり、ビ...
気象の変動が激しいサハラ砂漠では、意外にも豪雨が続くことも多いそうです。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の報告では、この水害により難民キャンプ用に設...
デザイナーMagnus Maarbjergさんが、2050年あたりの未来を予想している。少しばかり悲観的なイメージを受けるが、日本に暮らしている人は他人事...
トランプ大統領の入国禁止令に反対するために、制作された一つの動画。主人公となるLaylaとその家族は難民となり、“安全な暮らし”を求めて国を渡り歩きます。...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
内戦が続くシリアでは、国内でも多くの人が自宅を離れて避難生活を送っています。そんな彼らのために、MIT(マサチューセッツ工科大学)の生徒たちが、厳しい冬の...