誰にも似ていない。何にも属さない。社会現象にまでなったロックバンド

ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.22 
「BOØWY」

BOØWYは日本で一番かっこいいロックバンドだ。

氷室京介、布袋寅泰、松井恒松、高橋まこと。バンドメンバー全員が、ここまでかっこいいバンドって奇跡だろう。逆立てたヘアスタイル、黒づくめのステージ衣装、ステージのパフォーマンスやポーズ…その全てが斬新だった。もちろん、ビジュアルだけではない。

『MORAL』『INSTANT LOVE』『BOØWY』『JUST A HERO』『BEAT EMOTION』『PSYCHOPATH』の6枚のアルバム。その全てのアルバムに収録されている全ての曲がかっこいいのだ。

かっこいいばっかりで、うるせーな!他の言い方は、ねーのか?と突っ込まれそうだけど、ホントにかっこいいんだからしょーがない。

そんなBOØWYの中で、俺の一番好きな曲は、DREAMIN'。この曲は、ライブのラストナンバーに選ばれることも多く解散宣言を行った1987年12月24日の渋谷公会堂でもアンコールの最後に演奏された。

♬Oh Yeah, I'm only dreamin', I'm only dreamin' for me♬ 「自分のために夢を見ろ」その歌詞は、バンド解散から30年経った今でも、俺の背中を押してくれる。そして、あの頃と何も変わってないんだって想える。本当は、いろいろなものが変わってるかもしれないけど、この曲を聴いている間は少なくともそう想えるんだ。

BOØWYのマネージャーだった土屋浩が紺待人のペンネームで書いた『大きなビートの木の下で』は、痛快ロック・ドキュメント。バンド結成秘話だけでなく、メンバーの美学にも触れることができる。

TABI LABOのライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。1分で読める記事を、毎日1本公開していくぜ。

「ダーリーズ」については、コチラ

古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.50
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.44
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.27 「イカ天」イカ天知ってるか?後輩のライター(男性24歳)に聞いたら、イカの天ぷらですかという答が返ってきた。うん...
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
静岡・浜松市のグルメといえば、うなぎか餃子。どちらもメジャーですが、もうちょっとディープに楽しむなら「うなぎの刺身」なんていかが? 蒲焼きでも白焼きでもな...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.47
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.40
TABI LABOのライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。1分で読める...
TABI LABOのライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.45
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.43
モンティ・パイソンは、60〜70年代にイギリスで活躍した伝説的なお笑いグループ。革命的な笑いは、アメリカの「サタデー・ナイト・ライブ」をはじめとして様々な...
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.6「Xmas Express」TABI LABOライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.48
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.53
俺らの世代、中坊(中学生)の時のヒーローは、吉川晃司だった。グラサン、片側がハネあがったヘアースタイル、ピンクのスーツに細身のネクタイ、そして、バック宙。...
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
ヘルズ・エンジェルズは、アメリカの暴走族…ではない。日本の族と比べてはいけない。奴らは、世界最凶のモーターサイクルギャングだ。収入元は、非合法なものばかり...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.49
goro’sは、原宿にあるインディアン・ジュエリーショップ。80年代〜90年代、渋谷で遊んでいた奴で、ゴローさんを知らない人はいない。そして、チーマーと呼...
『ドラえもん』で知られる藤子・F・不二雄氏の作品で1番僕が好きなのは『21エモン』かもしれない。宇宙へ旅に出たくて旅をする少年21エモン。そのキャラクター...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.56
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.42