子どもからおじいちゃんまで。お茶の間に愛された不良たち

ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.34 
「横浜銀蠅」

リーゼント、グラサン、ライダースジャケット、白いドカン(太いズボン)。そんな不良スタイルは、独特で新鮮だった。横浜銀蝿は、「ツッパリ」や「暴走族」といったキーワードで、80年代前半に若者の人気を得たロックンロールバンドだ。

正式名称は、THE CRAZY RIDER 横浜銀蝿 ROLLING SPECIAL。当時、「日本一長い名前をつけてやろうとこの名前にした」とTBSの生放送の音楽番組「ザ・ベストテン」で語っていたのを俺は覚えている。

メンバーは、翔、Johnny、TAKU、嵐。このメンバーでの活動期間は、1980〜1983年のわずか3年。文字通り、太く短かい活動歴ではあったが、「ツッパリHigh School Rock'n Roll(登校編)」「お前サラサラサーファー・ガールおいらテカテカロックンローラー」などのキャッチーなタイトルの楽曲は、解散後35年ほど経った現在でも、しっかりとこの耳に残っているほど。インパクトあったもんな。

Johnnyのソロデビューシングル「ジェームス・ディーンのように」も流行った。この曲、当初は、「サタデー・ナイト・フィーバー」で主人公を演じたジョン・トラボルタをイメージして「トラボルタのように」する予定だったとのこと。でも、ジェームス・ディーンの方が、かっこいいとのことで変更になったようだ。

横浜銀蝿は、多くのアーティストにも影響を与えた。不良キャラのバトンは、その後、廻り廻って、氣志團へと受け継がれたと言ってもいいだろう。

TABI LABOのライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。1分で読める記事を、毎日1本公開していくぜ。

「NANA」については、コチラ

古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.39
goro’sは、原宿にあるインディアン・ジュエリーショップ。80年代〜90年代、渋谷で遊んでいた奴で、ゴローさんを知らない人はいない。そして、チーマーと呼...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.40
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.28 「私立探偵 濱マイク」 「俺の名前は、濱マイク。探偵だ」横浜の黄金町を舞台にして活動する探偵を主人公にしたハード...
チューインガムの原材料を見直したら、必要なのは6つだけだった。
あのカルティエが9月21日〜30日の期間限定でコンビニ「カルチエ」を表参道にオープンしました。
『湘南爆走族』は、吉田聡よる暴走族を題材にした不良漫画だ。この漫画を読んで、俺はバイク乗りになった。
TABI LABOのライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。1分で読める...
ハワイに帰った時の一曲目は、竹内まりやの『夢の続き』だ。この曲に特別な想い入れがあるのは、川島透監督の映画『ハワイアン・ドリーム』の主題歌だったからだ。公...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.47
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.44
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.45
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.43
TABI LABOのライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
モンティ・パイソンは、60〜70年代にイギリスで活躍した伝説的なお笑いグループ。革命的な笑いは、アメリカの「サタデー・ナイト・ライブ」をはじめとして様々な...
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.6「Xmas Express」TABI LABOライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.50
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.53