心のスロットルを開けてくれる「不良漫画」

ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.37 
「湘南爆走族」

『湘南爆走族』は、吉田聡による暴走族を題材にした不良漫画だ。略して、湘爆(ショーバク)。1982年〜1987年まで少年KINGに連載されていた。

この漫画を読んで、俺はバイク乗りになった。

湘南爆走族の正式名称は、PURPLE HIGHWAY OF ANGELS 湘南爆走族。それは、二代目リーダーの江口洋助が走る理由に集約されている。

「集会がおわるとよ 夜明けの海岸線をつっぱしって帰るんだ
 明けはじめの道路ってのはよ むらさき色なんだよ
 建物も空もだ……シグナルもくそもねえ ただ走るのさ!
 そうすると…だんだんと景色が平面になってくる
 むらさきの中にはだれもいねえ おれひとり!
 いちばんいいなあって思う瞬間だね」

俺が、スロットルを全開にしてぶっ飛ばしたのは、夜明けの甲州街道。すべてがパープル一色に染まる瞬間に全身に風を感じながら走る。これは、バイク乗りにだけに与えられた特権だろう。

映画化されたのは、1987年。東宝は、『ビー・バップ・ハイスクール』に続いて、オーディションを開催した。主役の江口洋助役に抜擢されたのは、江口洋介。なんと偶然にも本名が一文字違いだったのだ。石川晃役は、織田裕二。7万人の応募があった中で、織田は髪を金と赤に染めたリーゼント姿で最終オーディションに臨んだとのことだ。

「そこに愛はあるのかい?」月9の『ひとつ屋根の下』でのあんちゃんと、「事件は会議室で起きてるんじゃない。現場で起きてるんだ!」と『踊る大捜査線』で叫ぶ青島刑事のスクリーンデビュー作は『湘南爆走族』だったのだ。

TABI LABOのライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。1分で読める記事を、毎日1本公開していくぜ。

「ポール・オースター」については、コチラ

古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.39
ヘルズ・エンジェルズは、アメリカの暴走族…ではない。日本の族と比べてはいけない。奴らは、世界最凶のモーターサイクルギャングだ。収入元は、非合法なものばかり...
リーゼント、グラサン、ライダースジャケット、白いドカン(太いズボン)。横浜銀蝿の不良スタイルは、独特で新鮮だった。
goro’sは、原宿にあるインディアン・ジュエリーショップ。80年代〜90年代、渋谷で遊んでいた奴で、ゴローさんを知らない人はいない。そして、チーマーと呼...
ブルーチーズと発酵バターのソフトクリームが楽しめるフランス生まれのチーズ&バター専門店beillevaire〒106-0046 東京都港区元麻布3丁目11...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
TABI LABOのライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。1分で読める...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.48
漫画『マスターキートン』の原作には、珠玉を散りばめたような数々の名言がある。
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.53
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.44
『ドラえもん』で知られる藤子・F・不二雄氏の作品で1番僕が好きなのは『21エモン』かもしれない。宇宙へ旅に出たくて旅をする少年21エモン。そのキャラクター...
TABI LABOのライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.45
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.50
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.30 「銀河鉄道999」小学生の頃、手に入れた宝物のひとつに銀河鉄道999のパスがある。アンドロメダ星雲を目指して宇宙...
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.16 「中野ブロードウェイ その1 まんだらけ」俺が中野に住んでいた頃、ご多分にもれず、中野ブロードウェイに通った。そ...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.42
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.47
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.40
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.43
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.55