毎年、アムスで開催されてるブッとびフェス

ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.43 
「カンナビス・カップ」

世界にはブッとんだイベントが数多く存在する。

その1つが、毎年、アムステルダムで開催されている「カンナビス・カップ」だ。主催しているのは、アメリカのマリファナ雑誌『ハイ・タイムズ』。1987年に同誌編集長であるスティーブン・ヘイガーによってはじまったお祭りの最大の目的は、どのマリファナが1番ブッとぶのかを決めること。

また、会場となるスペースには、パイプやボングやヴェポライザーなどの新製品の展示、各種セミナー、そして、ライブコンサートなんかもあったりしてかなり楽しめる内容となっている。そこは、マリファナの新種や個性的な品種が出回るいわば見本市のような役割も担っていて、世界中からの愛煙家たちが集う裏スポットでもあるのだ。

審査料を払えば、自ら審査員となることができるってのも支持される大きな要因の1つだろう。米国で合法化の流れが起こると、カンナビス・カップは2010年に米国内でも開催される運びとなった。現在では、メディカル・カンナビスカップとして米国内外において多くの注目を集めている。

ちなみに、現在、米国でマリファナが合法化されているのは首都ワシントンD.C.および29州にものぼり、全州の半分以上を越えている状況。どの州って?って人は、こちらの記事まで。

昨年観た映画でオモロイと感じたのが、『スーパー・ハイ・ミー』。あの『スーパーサイズ・ミー』のマリファナ版。なんと、マリファナを30日間吸い続けたらどうなるかを実験するドキュメンタリーなのだ。コメディアンのダグ・ベンソンによるブッとんだジョークはかなり笑える。

TABI LABOのライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。1分で読める記事を、毎日1本公開していくぜ。

「ハイラックスサーフ」については、コチラ

古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.44
TABI LABOのライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。1分で読める...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.53
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.47
マリファナの販売店「Nuwu Cannabis」がスポンサーになっている、随分と型破りなチームです。
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.58
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.45
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.40
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.49
ちゃっかりアイラインまで引かれてます(笑)。
TABI LABOのライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。
モンティ・パイソンは、60〜70年代にイギリスで活躍した伝説的なお笑いグループ。革命的な笑いは、アメリカの「サタデー・ナイト・ライブ」をはじめとして様々な...
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.6「Xmas Express」TABI LABOライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.42
フィレンツェで、9月4日から新たな条例が施行されました。街中にある4つの通りで、食べながら車道や歩道、家や店の前で立ち止まることを禁止しているものです。一...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.48
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.54
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.50
ヘルズ・エンジェルズは、アメリカの暴走族…ではない。日本の族と比べてはいけない。奴らは、世界最凶のモーターサイクルギャングだ。収入元は、非合法なものばかり...