妖艶なメイクの「グラミー賞最優秀新人賞」

ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.44 
「カルチャー・クラブ」

妖艶なメイクと奇抜なゲイファッションに身を包んでパフォーマンスをするボーイ・ジョージを観たのは、俺が中2の頃。流れていたのは『カーマは気まぐれ』という曲だった。

♫カーマカマカマカマカ〜メレオーン♫という歌詞は、オカマは気まぐれってことなのかと思ったけど、カーマとは仏教用語の「カルマ(業)」のことだったのだ。

ビジュアル面が注目されながら、数多くのヒット曲を飛ばしたのは、1981年にロンドンで結成されたカルチャー・クラブ

ボーカリストのボーイ・ジョージのソウルフルな歌唱力、そして、ポップでキャッチーなメロディは多くの人々の心をとらえた。1984年には、グラミー賞最優秀新人賞を受賞している。

カルチャー・クラブと言えば『タイム』『君は完璧さ』『ミス・ミー・ブラインド』『イッツ・ア・ミラクル』『チャーチ・オブ・ザ・ポイズン・マインド』『戦争のうた』あたりが鉄板だけど、意外に知られていない名曲が存在する。

それは、1983年にリリースされたセカンド・アルバム『カラー・バイ・ナンバーズ』のB面ラストの曲として収録されているビクティムズ』(邦題:いつも二人で)だ。

実はこの曲、シングルは英国のみリリース。暗すぎるという理由で日米でのシングルリリースは『ミス・ミー・ブラインド』にふりかえられた過去を持つのだ。

しかしながら、ファンの間では隠れ人気曲なのである。懐かしいという人だけではなく、はじめてという人にも、是非、聴いて欲しい。

2年前、16年ぶりの来日を果たしたカルチャー・クラブ。ボーイ・ジョージは、ヒゲを生やしてずいぶんとボーイッシュなビジュアルに変わってしまったけどね。親日家ということなので、また来て欲しいな。

TABI LABOのライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。1分で読める記事を、毎日1本公開していくぜ。

「カンナビスカップ」については、コチラ

古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.39
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.45
TABI LABOのライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。1分で読める...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.50
「#IMWITHKAP」という彼に賛同する意味のあるハッシュタグが刺繍されているデザインです。
伊豆大島、奄美大島など、日本には50以上もの “大島” があるそうですが、ここで紹介したいのは、愛媛県にある癒しの楽園「八幡浜大島(やわたはまおおしま)」...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.40
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.47
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.43
モンティ・パイソンは、60〜70年代にイギリスで活躍した伝説的なお笑いグループ。革命的な笑いは、アメリカの「サタデー・ナイト・ライブ」をはじめとして様々な...
『キャドバリー』の「デイリーミルク」。
TABI LABOのライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.53
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.46
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.6「Xmas Express」TABI LABOライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点...
チューインガムの原材料を見直したら、必要なのは6つだけだった。
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.51
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.42
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.48
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.49