1981年、ヨーロッパ全土を震え上がらせた少女の実話

ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.45 
「クリスチーネ・F」

ドイツのベルリンに滞在時、どうしても寄りたかったのが、Berlin Zoo(ベルリン動物園)駅

世界最大級の動物園に行きたかったワケではなくて、映画『クリスチーネ・F』の舞台となったからだった。

ベルリンの壁が崩壊する7年前、1981年に公開された本作品は、13歳で売春に手を染めて、ヘロイン中毒となる少女クリスチーネ・F(クリスチアーネ・ヴェラ・フェルシェリノヴ)の伝記映画。

そのショッキングな内容は、公開当時、ドイツ人たちに大きな衝撃を与えたことでも知られている。

彼女のボーイフレンドも男娼としてカラダを売って、親友はオーバードーズ(薬物の過剰摂取)で14歳の若さで命を落とすことになる。この年齢は、当時ドイツ国内で最年少のヘロイン中毒死であったとのことだ。

俺がこの映画を知ったのは、小6のとき。テレビCMで映画の予告篇を観たことがきっかけだった。

実際、駅に降りたつと、お洒落なカフェやレストランがあったり、高級クラシックホテルのウォルドルフ=アストリアが眩しかったりして、一見すると華やかな印象だった。

けど、周辺を歩いてみるとスキッド・ロウ(都会で失業者・路上生活者・ホームレス・酔っぱらい・麻薬中毒者などがたむろするエリア)なヤバい空気感は色濃く残っていてさ。

この映画、VHSでは、青少年に有害という理由で約4分がカットされた。DVDでは完全版に戻されたが、ドイツ国内では16歳以上向け、イギリスやアメリカでは18歳以上向けのレイティングが設定されているようだ。

まあ、それほど重い作品なので、観る時は覚悟を決めて観るべし。

TABI LABOのライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。1分で読める記事を、毎日1本公開していくぜ。

「カルチャークラブ」の記事は、コチラ

「オン・ザ・ロード」の記事は、コチラ。

『ドラえもん』で知られる藤子・F・不二雄氏の作品で1番僕が好きなのは『21エモン』かもしれない。宇宙へ旅に出たくて旅をする少年21エモン。そのキャラクター...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.51
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.39
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
5万4千枚もの写真をつなげて作られたこの作品の臨場感は4Kならではのもの。葉の上で光る水滴、まっすぐに空へとのびる木々。朝日を受けて輝く湖面。3分40秒間...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.44
TABI LABOのライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。1分で読める...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.46
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.47
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.52
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.50
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.40
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.53
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.43
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.6「Xmas Express」TABI LABOライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点...
モンティ・パイソンは、60〜70年代にイギリスで活躍した伝説的なお笑いグループ。革命的な笑いは、アメリカの「サタデー・ナイト・ライブ」をはじめとして様々な...
立派な門構えから一歩足を踏み入れると、緑あふれる自然に歓迎された。その向こうには大きな日本家屋の屋根が見える。千葉の房総、長南町(ちょうなんまち)で現代に...
TABI LABOのライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。
俺らの世代、中坊(中学生)の時のヒーローは、吉川晃司だった。グラサン、片側がハネあがったヘアースタイル、ピンクのスーツに細身のネクタイ、そして、バック宙。...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.49
ヘルズ・エンジェルズは、アメリカの暴走族…ではない。日本の族と比べてはいけない。奴らは、世界最凶のモーターサイクルギャングだ。収入元は、非合法なものばかり...
goro’sは、原宿にあるインディアン・ジュエリーショップ。80年代〜90年代、渋谷で遊んでいた奴で、ゴローさんを知らない人はいない。そして、チーマーと呼...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.42