世界を飛び回るSAKIEさんに聞いた「“今”の旅はこうやって楽しむ」

パスポートのコピーを持っていくべきとか、クレジットカードは複数枚持っていくべきとか、海外旅行する時って、ちょっとした、でも重要な豆知識ってたくさんありますよね。事前に知っているかいないかで、いざという時に旅を楽しめるかが変わってきます。

そんな豆知識も時代が変われば変わるもの。今回は、世界中を飛び回るSAKIEさんに旅先で役立つ最新情報をお伺いしました。

SAKIE

海外のハイスクールでティーン時代を過ごしたのをきっかけに、その後もインスピレーションを求め様々な国へ。現在は 様々な国を旅し、旅系媒体・旅行会社等とコンテンツや記事の作成、またイベントや店舗の空間ディレクション、企業のSNSアカウント用写真の撮影、他にタブロイド紙でのコラム連載執筆やSNSのセミナーを開催。

Q:いろいろな国へ旅されているかと思いますが、ここ最近訪れた国や地域で知った、旅先で役立ったものはありますか?

何と言っても交通機関系のアプリですね。数年前と比べると格段に移動は便利になったと思います。わたしはハワイに行くことが多いのですが、オアフ島ではレンタカーで観光するのが一般的です。でもオアフ島のレンタカーってすごく高くて、その次の移動手段として挙がるのがバス。ただ市営バスって時刻表がなかったり、あったとしても時間通りに来ないことがほとんどだったんです。それが去年オアフ島を訪れた時に現地の方から「新しくできた、市営バスのアプリは必須だよ」と教えてもらいました。

GPSで現在地周辺のバス停を教えてくれて、そこには何分後に、どこ経由のどこ行きのバスが来るのかをマップ上で確認することができます。今までは、いつバスが来るのか分からず待ちぼうけすることがあったので、とても便利だと思いました。

「こっちのバス停は20分くらい待ちそうだから、あっちのバス停に行こう」とか「このバスは遠回りするから、次のバスに乗ろう」とかを考えることができるので、効率的に楽しい旅行ができるようになったと思います。旅行中は一分一秒も無駄にしたくないですからね。オアフ島では絶対に持っておくべきアプリだと思います。

交通手段で言えば、レンタサイクルがある旅先では絶対に自転車で観光することをお勧めします。「あ、このカフェかわいい」とか「この家の外観ステキ」とか、車やバスでは出会うことができない景色に出会うことができるから。

レンタサイクル系のアプリは主な観光地だと世界中にあります。オアフ島には去年ようやくできたようで、早速使ってみましたが、予想以上に便利でした。市街地は一方通行が多く、車だと時間がかかる場所でもスイスイ移動できます。何と言っても、アプリで現在地周辺のステーションが表示され、どこが満車なのかをすぐに確認できるので、行ったら自転車が一台もなかったとか、停めたくても満車で別のステーションに行かなければならないとかが起こりません。

支払いもクレジットカードだけで、再度利用するときもカードを読み込ませるだけです。スマホにアプリを入れておくだけで、グッと旅の楽しみ方は変わってきます。旅先にレンタサイクル系のアプリがあるかはぜひチェックしておいて欲しいですね。あと、海外では手信号が当たり前なので、出発前には復習も忘れずに。

あと、海外ではタクシーアプリも必須です。とくにアメリカではタクシーを捕まえることが難しいので、必ず出発前にはアプリを入れておきます。事前に目的地を入力し、クレジットカード情報も登録しておけば、乗る前に料金も分かりますし、ドライバーと話さなくてもいいので、海外旅行に慣れてない方は必須だと思います。

Q:確かに。現地での交通手段はずっと便利になりましたね。それ以外で旅先で役に立ったものはありますか?

航空会社のアプリは事前にダウンロードしておくといいと思います。わたしは搭乗チェックインはスマホで済ませます。とくに帰国の時は事前にチェックインすることで、当日空港で並ばなくて済むので、ギリギリまで旅行を楽しむことができます。またLCCなど機内エンターテイメントがない時でも、スマホでエンターテイメントを配信していたりするんです。

あと、わたしはよく海外で買い物をするので、通貨アプリもよく使いますね。インターネットに繋がっていれば、為替レートを常にアップデートしてくれる ので計算が面倒な通貨の時は助かります。それに空港や街中で両替するときにも「この両替所、レートいいの?悪いの?」みたいな時ってあると思うんですけど、そういう時は参考までにささっとチェックできるので助かっています。

Q:どこでもネットに繋がっていることで、旅はずっと楽しく、便利になりますね。インターネットはどうしていますか?

空港でルーターを借りたり、携帯キャリアの海外ローミングサービスを使ったりしています。やっぱりインターネットがあるかないかでは、旅の快適さが全然異なるのでネット環境は必須ですね。出発前になると「ネットどうする?」っていうやり取りを友達と延々としています。ルーターは安く借りられるのですが、意外とバッグの中でスペースを取られたり、友達とシェアしていると一人行動ができないので、携帯キャリアの海外ローミングサービスと料金を比較しながら、毎回どれがいいかを議論しているところです。

24時間980円!?
205の国と地域で
どこでも快適なネット環境を。

そんな旅慣れたSAKIEさんも驚いた、docomoのパケットパック海外オプション。国内で契約しているデータ量が、海外でもいつもと同じように使えます。いつものスマホをそのまま使えるから、出国前に空港で並ぶ必要もなく、現地で別行動するときも安心。申し込み(無料)はネットや電話など簡単にできて、使うときは現地で好きなタイミングでアプリの利用開始ボタンを押すだけなので便利。24時間980円一律定額で、世界205の国と地域のどこでもいつでも、快適なネット環境とともに旅を楽しめます!

今なら、人気のハワイなど、15の国・地域で1時間300円から利用できるおトクなキャンペーンを実施中!

2019年1月31日(木) 24:00(日本時間)までの限定キャンペーンなので、ぜひこの機会をお見逃しなく!

 
docomoユーザーのあなた、次回の旅先ではパケットパック海外オプションを使ってもっと楽しく、快適に旅してみては?
Advertisement
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
使い方はカンタン。あなたが今まで訪れたことのある国や都市をピンするだけ。実際にやってみて思ったのは、世界地図を見ながらやると旅の記憶が鮮明に蘇ってくるとい...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
ハワイ生まれの大学生であるAllison。22歳という年齢で50カ国以上を旅した彼女は、法律事務所で働きながら、SNSのコンテンツ制作の仕事をこなして旅費...
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
旅行したいなって思うけど、面倒なことが多いしお金もかかる。そんなあなたは、長期休暇がもらえたとしても、家でゴロゴロしてしまいがち?もっとストレスなく旅行を...
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
旅先から絵葉書を送るのって正直面倒。とはいえSNSで写真を送るだけって、どこか味気ない気がします。そんな人にぴったりなのが、SNSと絵葉書のいいとこ取りが...
Agoraphobic Traveller(広場恐怖症を抱える旅人)と自称するJacqui Kennyは、驚くことにたくさんの旅行写真を自身のInstag...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
「Collective Evolution」において、ライターのSarah Gibson氏が、少ない予算で旅を楽しむ10の方法を紹介しています。特に初めて...
「Nice Balls」は、男性の体にぶら下がっているアレをモチーフにしたスクイーズ。要するに、ギューっと握って、ストレス解消ができるグッズです!
この世界には、2種類の人間がいる。それは旅行を心から楽しむ「旅人」と、実はうまく楽しめていない「観光客」。納得なものから、うーんなものまで。ライターであり...
今までに20ヵ国を旅したイラストレーターのJaquelineの旅行の仕方は、まず目で見て感じて思いっきり満喫すること。それから、ノートに“感じた色”をのせ...
「旅をしたい」「自分の殻を破りたい」。そう語る若者はたくさんいますが、21歳のテイラー・グリーソンは、並々ならぬ努力でそれを体現した旅人のひとりです。彼の...
世界にはさまざまなカップルがいますが、Eser Aksan ErdoganさんとVolkanさんはパイロットとして働く夫婦。ふたりとも別々に世界各国を飛び...
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
iPhoneひとつあれば、旅の記録と記憶は美しく残せる。世界のiPhone Photographersの貴重な瞬間を捉えた写真の数々を観ると、旅にあらため...
この記事を読もうとするときに、頭を下に向けて読んでいたら、あなたはスマホ首になっているかもしれません。MuscleWatching高稲トレーナーが紹介する...
つい先日、某有名観光地の旅館で仲居さんを6年やっていたという20代後半の女の子と話す機会があった。その子は、今でもお客さんからもらったお礼の手紙や、感謝の...