風刺イラストがあぶり出す「現代社会の深く濃い闇」

現代社会は、IT社会と呼ばれている。

確かにデジタル機器が発達して、誰でもネットが使えるようになった。それによって多くの人の生活は豊かになり、多くの恩恵を受けて生活している。

しかし、便利になった反面、現代人は様々なストレスを抱えはじめた。実際「こころの病」にかかる人が増えていると聞く。

日本人アーティストのアボガド6氏が描いたイラストには「現代社会の深い闇」が生々しく表現されている。

5624931366731776

Image by avogado6

勉強しろ。スポーツしろ。お稽古事をしろ。いつも笑顔でいろ。ただ詰め込むのって、教育って言えるのかな?

6250474160259072

Image by avogado6

通勤は地獄。君だってそう感じる時があるだろ。この電車名は、「生命線」。

 

4594283231313920

Image by avogado6

セックスレスでもいいじゃん。子どもだって3Dプリンターでつくっちゃおうよ。

6400183835295744

Image by avogado6

鬱に効く薬って、一体何なんだろう。もしかして、本当はぬくもりみたいなものだったりするのかもしれない。

5194601010823168

Image by avogado6

家族ごっこは、家族とは似て非なるもの。

4843099276705792

Image by avogado6

翼をさずかるタイミングがもう少し早ければよかったのにね。

6338193498570752

Image by avogado6

ねえ、ねえ、疲れてない?愛想笑いは体に毒だよ。

5534259909492736

Image by avogado6

君の居場所はどこなんだい?手遅れになる前に探すべきだよ!

5968999183548416

Image by avogado6

消耗しきっているね。働きすぎてるみたいだからゆっくり休んでよね。

4930818615017472

Image by avogado6

どこにいても監視されている。この街には、数え切れないほどのカメラがあるし、ネットの向こうには、数えきれないほどの他人の目がある。

6715582745411584

Image by avogado6

いい子だね。そう言ってもらいたい?でも、よく考えてごらん。君は誰かに操られてるだけだから。

4692221907435520

Image by avogado6

甘い言葉にはご用心。ネット社会は巧妙な罠が待ちかまえているから。

5753920643137536

Image by avogado6

今日も一生懸命働いてね。エネルギーがなくなっても大丈夫。取り替えちゃえばいい話だから。知らなかった?君たちは使い捨てなんだよ。

シ、シニカルすぎる。イラストもどぎついよなぁ。でもこれ、案外あたってない?ま、これは僕たちへの反面教師なのかもしれないね。

4月から新社会人になった人へ

おめでとうございます。
これから人生いろいろあると思います。
辛いことも愉しいことも。

僕もいろいろありました。

自棄になったこともありました。
夢を追うばかりにすべてを失ったこともあります。

でも、ひとつだけ老婆心ながら伝えたいのは、コレ。

デカい夢を描いて、叶えてみよう。

でも、本気でやらなければ絶対に夢は叶わないということも伝えておきます。

どうか、自分自身が一生をかけられるもの。

夢中になれる夢をみつけてください。

Licensed material used with permission by アボガド6
映画やマンガに登場する、生ける屍たち。一度は死んでいるのにも関わらず、何かに執着するように彷徨う彼らは、なんとも不気味です。Gunduz Aghayevは...
世の中はもの凄いスピードで変化していく。たとえば携帯。最初は持ち運べる電話というだけで驚きだったはずなのに、着メロが作れるようになり、カメラが付いた。する...
鳥かごの中で仕事をする小鳥、自殺する時計…。ポップなイラストの中に現代社会の闇を描いているのは、Elia Colomboさん。彼が発している強烈なメッセー...
現代社会は闇だとか、生きづらいとか。そんな批判をすることもできますが、だからこそ面白いこともきっとあるはず。Francesco Bongiorniさんが今...
Igor Morski(イゴール・モルスキー)は、現代社会を風刺した多数のイラストを発表しているポーランドのアーティスト。温暖化や監視社会、まるで何かに操...
イラストレーターMarco Melgratiが描くのは、「社会の闇」を感じる作品。彼のイラストは、世の中へのちょっとした嫌味を感じてしまうものばかり。会社...
社会の闇を感じるイラストを見つけました。スーツが「喪服」のように見えてしまうサラリーマンたちを見ていると、仕事とは人生において何なのだろう。そう思わずには...
現代社会をシニカルに描くフランス人イラストレーターJean Jullienさんが、画集「MODERN LIFE」をリリース。さっそく話題になっています。1...
晴れて爽やかな朝であっても、会社に行くのが憂鬱だったらどんよりした顔にもなってしまいます。上司と上手く行かなかったり、社内で差別を感じたりなど、悩みは人そ...
もしも彼らが2017年に足を踏みいれたら、夢と希望で溢れた物語は、どう変化してしまうだろう?と考えたTom Ward Studio。現代の闇を感じさせるに...
今の時代だいぶ働きやすくなったのかもしれないけれど、まだまだ「社会の闇」が存在するのも事実。会社に全てを捧げることに疲れた……。もし、こんな悩みをもつ人が...
2014年、ロンドンのクリエーターSteve Cuttsによる社会風刺アニメが、世界的な話題となった。消費や欲望、自然破壊といった“見えづらい日常”の行く...
幸せって、みんなと同じ道を目指すこと? 人の価値は見た目で判断されてしまうの?イギリスのイラストレーター・John Holcroftさんは、そんな現代人へ...
カラフルでハッピーなインスタ映えを意識する写真が増える中で、Mimmi Strinnholmは「闇」のある写真を公開し続けている。彼女の魔女をイメージさせ...
気になるあの子は、シャワーの中だとどんな感じなんだろう、笑っているけど本当は何か他のことを考えていたりして?などなど。女子の“謎”を解明していくイラストです。
今の世の中に、満足していてもそうじゃなくても、 Jan Siemenの10枚のイラストを見て感じたことについてじっくり考えてみて欲しい。案外、自分の人生に...
アゼルバイジャン在住の風刺画家、Gunduz Agayev氏。彼が国ごとに違う“正義”の捉え方を少し過激なイラストで表しています。「この作品を作るのに15...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
島に引き続き、闇スポット第2弾。今回は危険な「湖」をまとめました。全部足を運ぶことはできるけれど、命に関わるので近づかないで、エンタメに楽しんで見てくださ...
アルビノの人に対する差別を知ってもらうべくフォトグラファーMarinka Masséusは写真を撮ります。タンザニアには、彼らを殺害したら幸運が訪れるとい...