刺激と出会いを求めるクレイジーなクリエイティブ社交界

ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.58 
「Cannes Lions」

世界最大の広告祭であるCannes Lionsは、フランスの地中海沿いのビーチリゾートであるカンヌで開催される。

現在の正式名称は、「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル(Cannes Lions International Festival of Creativity)」。

カンヌ国際映画祭で、ハリウッドセレブや世界のムービースターが、フラッシュライトを浴びながら歩くのがレッドカーペット。テレビや雑誌で報道されるセレブ感ぷんぷんのゴージャスな祭典に見入った人も少なくないだろう。

その1ヶ月後の毎年6月、同じ場所で広告祭が開催されるのだ。レッドカーペットが敷かれているのは、「パレ・デ・フェスティバル・エ・デ・コングレ(Palais des Festivals et des Congrès)」。通称パレと呼ばれる会場に、世界中の広告業界のクリエイターたちが集合する。そして、ジャーナリストたちもしかり。その数は、約100ヵ国から、16,000人以上とも報告されている。

広告を超えた様々な業界からの注目度も益々高まって、参加人数も年々伸びている印象だ。

2014年から新設されたヘルス部門や2016年に新設されたエンターテインメント部門、エンターテインメントフォーミュージック部門を合わせた今年2018年は、全26部門。

そこに約75,000点を超えるクリエイティブ・ワークがエントリーされるのだが、目玉は最終日のラストステージで表彰されるフィルム部門だ。

開催期間は、一週間。40万円近くするパスを首から提げて、朝から晩まで、世界中から集められた広告のシャワーを浴びる。クリエイターたちは、毎晩、ビーチ沿いで開催されるパーティーをはしごしていくのがパターン。

パーティーは、多種多様で、グローバルな広告代理店制作会社が主催することもあれば、国や地域ごとの団体が主催することもある。中には、プール&BBQパーティーもあったりする。

表向きのパーティーが終われば、ホテル マルチネスの脇にある通称「ガターバー」に集合して、朝までパーティーは続く。刺激と出会いを求めるクリエイティブ社交界。毎年、バーの前の路上は、明け方まで人だかりができることになる。

その気になれば、一晩で世界中にクリエイターのネットワークができる。

クリエイターにとってCannes Lionsは、年に一回、クレイジーで素敵な奴らに再会すると同時にクリエイティビティを磨きに行く場所なのである。

モンティ・パイソンは、60〜70年代にイギリスで活躍した伝説的なお笑いグループ。革命的な笑いは、アメリカの「サタデー・ナイト・ライブ」をはじめとして様々な...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.48
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.6「Xmas Express」TABI LABOライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点...
TABI LABOのライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。1分で読める...
なんてかっこいいアルバムなんだ! って思って、聞きはじめて最初の数秒でもっていかれた。
「Pricerooms.com」は、旅行する際、徹底的に安いホテルを探したい人向け。予約を済ませた後もさらにお得なプランを探し続けてくれるんです。
TABI LABOのライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.46
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.47
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.44
シャキーム・グリフィンは今年シアトル・シーホークスからドラフト指名を受け、4月にNFL入りを果たしました。
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.45
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.40
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.43
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.50
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.53
ヘルズ・エンジェルズは、アメリカの暴走族…ではない。日本の族と比べてはいけない。奴らは、世界最凶のモーターサイクルギャングだ。収入元は、非合法なものばかり...
goro’sは、原宿にあるインディアン・ジュエリーショップ。80年代〜90年代、渋谷で遊んでいた奴で、ゴローさんを知らない人はいない。そして、チーマーと呼...
『ドラえもん』で知られる藤子・F・不二雄氏の作品で1番僕が好きなのは『21エモン』かもしれない。宇宙へ旅に出たくて旅をする少年21エモン。そのキャラクター...