アマゾンの強烈な幻覚剤「アヤワスカ」を求めて vol.3

夜8時。

昼間に案内された儀式をとり行う円形の小屋へ、電気など何もない真っ暗のジャングルを懐中電灯だけを頼りに向かった。

聞いたこともない虫の鳴き声が響いている。長時間の移動による疲れや空腹など気にもならないほど、アヤワスカの世界に胸が高鳴っていた。

小屋には、ロヘルと数人の弟子シャーマンがいた。深い暗闇に包まれたジャングルの中、ろうそくで照らされた小屋は何とも言えない怪しげな雰囲気でまさに「儀式」そのものだった。円形にマットが敷き詰められており、そこに座るよう言われた。

それから、まだかまだかとじっと待った。

ロヘルはその間、アヤワスカ茶にかすれた口笛でおまじないをかけていた。一時間半ほど経っただろうか。彼はようやく立ち上がり、アヤワスカを持ってゆっくりと僕の目の前へやって来た。そして、どろどろとして赤茶色く濁っているアヤワスカを無言で僕に手渡した。

心臓はバクバクと激しく脈打ち、緊張していた。日本からはるばる南米アマゾンまで来て、ついにアヤワスカを体験できると思うと嬉しくて仕方なかった。

匂いはあまりにも強烈だった。呼吸を落ち着かせ、意を決して一気に空腹の体へ流し込んだ。

飲んだ瞬間に顔はゆがみ、声にならない声を出し続けた。想像を絶するほどマズかった。うまい例えが見つからないが、腐ったコーヒーにお酢を入れたような味で苦味と酸っぱさ、そしてとてつもない深みがあった。

口の中にどろどろと残るアヤワスカ茶が無くなるのを嗚咽を漏らしながら必死に耐えた。そしてやっとの思いでマットに横になり、その時を待った。

30分ほど経った頃、音の聞こえ方に異変が起き始めた。

ジャングルの虫たちの声がより鮮明に聞こえる。聞いたこともないような重低音を奏でるカエルたち、バッタは飛び跳ね、コオロギは華やかに歌っていた。虫がどの方向に、どのぐらいの近さにいるのかさえも分かった。

まるで虫たちがこの夜を祝福してくれているかのようにその声は重なり合い、美しい一つの音楽が森に響いていた。同時に「キーン」という耳なりが大きくなったり小さくなったりしていた。

虫たちから「こっちの世界においでよ。早く早く」と誘われている感じがした。なぜだか眠くもないのにあくびが止まらない。

虫の声と耳鳴りが最高潮に達していた。耳の感覚は研ぎ澄まされ、耳鳴りはあまりにも大きくて鼓膜が張り裂けそうだった。

「キン、キン、キン、キン」と波も早く激しくなっている。その音にひたすら意識を集中させた。ものすごいエネルギーが耳から伝わって、まぶたの裏には幾何学模様の幻覚がくっきりと現れていた。

幾何学模様は虫のリズムに乗ってくねくねと動きを変えた。暗闇のジャングルの中、まぶたの裏は光り輝きカラフルだった。幾何学模様は奥へ奥へと僕を誘い、どんどん深くまぶたの裏を進んでいく。

そしてある時、僕は草原に立っていた。

この時、頭の中でイメージしたすべてのことができた。イメージと現実の間に隔たりは無くなっていた。夢なのか現実なのかわからない、狭間のようなふわふわした次元に意識は繋がっていた。

そしてその次元を僕は遊び尽くした。

草原に吹き抜ける風も、足の裏にあたる土も、草木の匂いも全て鮮明に感じることができた。イメージしたことがなんでもできるこのアヤワスカの世界が楽しくて仕方なかった。

ただただ目の前に広がる絶景の中を駆け抜けた。

青空の下、緑が一面に広がり、遠くには美しい男の顔が彫られた崖があり、その間を滝が流れ大きな虹がかかっていた。僕はその草原を走ることも、鳥になり大空を飛ぶことも自由自在だった。

手の上に地球を作って回した。神様みたいだった。こんなに自由な世界があるのだと僕はアヤワスカを飲んで一時間しないうちに、その虜となった。

Top photo: © X
強烈な幻覚、幻聴とともに嘔吐や下痢を引き起こすが、身体や心に溜まった毒を排出でき、その人に必要な「ビジョン」を見せてくれる。アヤワスカは地球上でもっとも強...
イメージの世界を遊び尽くしている時だった。シャーマンが儀式の歌を歌い始めたのだ。
とにかく、好奇心を抑えることが出来なかった。四六時中アヤワスカのことを考え、調べれば調べるほど引き寄せられていった。
アヤワスカの世界は、想像を絶するほど生々しく、美しいものだった。
養蜂家でありDJでもあるBioni Sampは、シンセサイザーを駆使しながらユニークな音楽制作を行っています。
ブッダは悟りを開く前に、数年にわたり生死の境を行き来するような苦行を続け、その後、苦行のみでは悟りを得ることができないということを理解したそう。苦行の一つ...
全身に広がる壮絶な気持ち悪さに耐え、アヤワスカを吐き出した。
僕は水中にいた。魚もいない、何もない水の中。それだけの世界だった。
静けさに包まれていた森が、朝日に照らされ明るくなっていく。一仕事終わった満足げなシャーマンの顔を見て、心を込めて「ありがとう」と言った。
すでに日本でも完全に市民権を得た「プロジェクションマッピング」。駅や寺社、水族館などあらゆるものを活かした作品を多く目にしてきたが、さすがにこんなテーマは...
5月21日にラトビア銀行が、蜂の巣型の5ユーロ「Honey Coin」を3,000枚発行しました。
「The Spheres」と呼ばれるアマゾンのシアトルの新オフィスには、50カ国から集められた40,000以上の植物が生息しています。その中には、“滝”ま...
「100 Books to Read in a Lifetime(生きてる間に読んでおきたい100冊の本)」は、アマゾン編集者が投票で選んだ「100冊」の...
「Miles」のユーザーは移動すればするほど彼ら独自のマイルをゲットできて、それをスタバやアマゾン、ターゲットのクーポンに交換できるようです。
研修や会議で「ん?今、なんて言った?」というような言葉が出てくることはありませんか?そんな疑問を解決すべく、知ってしまったら使いたくなるカタカナ語を紹介。...
31歳にしてヴァージン失いました。いい年して今さら。だって結婚するまでしちゃいけないって思ってたし。イタイって聞いてたし。 でも一度シテみたかったの。とい...
高さ20メートルもあるこの“木”、コットンを手で編んでつくられたもの。ブラジル出身のアーティストErnesto Neto氏によるインスタレーションです。初...
「麦茶」と「ベーコン」という、意外な組み合わせに驚くでしょうが、その味も驚きです。
入浴剤ソムリエの肩書を持つ、パラダイス山元さんがプロデュースした「蔓潤湯椿」。入浴剤なんてどれも同じ、と思っている人にこそ試してもらいたい逸品です。
紙粘土みたいな見た目ですが、こいつがスゴかった。
「FIRE」は温度によって髪色を変えてくれるカラーリング剤。まだ商品化されていないけれど、いつか使ってみた〜い!
ワインを飲んだ後、頭が痛くなったことはありませんか?アルコールを摂りすぎたことも原因ですが、ワインに含まれる酸化防止剤が原因とも言われます。酸化防止剤とは...
2015年11月24日。アマゾン社のジェフ・ベゾス氏が創設した航空宇宙企業「Blue Origin」社が、再利用可能なロケットを打ち上げ「垂直着陸」させる...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.53