アマゾンの強烈な幻覚剤「アヤワスカ」を求めて vol.6

アヤワスカの世界は、想像を絶するほど生々しく、美しいものだった。

もう自分の意識では何もコントロールできないところまで来ていた。そして、衝撃的な「生のビジョン」を見た。まるで映画を見せられているかのように。

僕の体はどんどん小さくなっていった。しかし、手を見るとそれが小さくなっているのではなく、若返っていることに気がついた。僕は赤ちゃんに戻った。

しかし、それで終わりではない。体はもっともっと小さくなっていく。

突然、モーツァルトの音楽が聞こえてきた。懐かしい。僕は母のお腹の中にいた。とてつもない安心感に包まれている。(日本に帰って母親に確認したら、僕がお腹の中にいるときはずっとモーツァルトを聞かせてくれていたそうだ)

気がつくと僕は、数億といる精子の一匹になっていた。そして卵子を目指して進んでいた。

周りの精子は壁に衝突したり、お互いにぶつかり合ったりして消えていく。それを横目に僕はどんどん進んでいく。数億の精子の中、ただ一匹、僕だけがトンネルの先にいる美しい卵子に辿りついた。

卵子に飛び込んだ瞬間、強烈な光を浴びた。そして、たくさんの人の顔を見た。直感的に先祖だとわかった。

この時、気づきが降りてきた。僕が生まれたのは奇跡そのものだ。僕の両親が出会ったのも奇跡。両親が生まれたのも奇跡。両親のおじいちゃん、おばあちゃんが出会い、生まれたのも奇跡。その前だって……。

何かひとつ違っていたら、僕は存在すらしていない。そもそも生まれたこと、生きていることが奇跡そのものなのだ。生命を受け、生きていること自体、なんて素晴らしいことなんだろうか。

僕はこのとき「存在することの価値」をみなぎるように体感した。

そして気づいた。生きることはそれ自体がゴールだということに。存在はある目的に向かって進んでいるのではないということに。

僕はお金や地位や名誉、何か人生のゴールを達成しようとしてきた。そうしていく内に生そのものを忘れてしまっていた。

ゴールは常に未来にあり、生はまさにこの瞬間にある。何かを達成しようとすれば、今を取り逃がすことになる。そして生を達成する必要はない。僕はもう生きているから。

ゴールなんてどこにもない。もしゴールがあるならそれは遅かれ早かれ達成されてしまう。そのあと、どうするのだろう?

生きている間は生きよう。強烈に今を生きよう。

Top photo: © Sebastian Kaulitzki/Shutterstock.com
強烈な幻覚、幻聴とともに嘔吐や下痢を引き起こすが、身体や心に溜まった毒を排出でき、その人に必要な「ビジョン」を見せてくれる。アヤワスカは地球上でもっとも強...
とにかく、好奇心を抑えることが出来なかった。四六時中アヤワスカのことを考え、調べれば調べるほど引き寄せられていった。
イメージの世界を遊び尽くしている時だった。シャーマンが儀式の歌を歌い始めたのだ。
夜8時。昼間に案内された儀式をとり行う円形の小屋へ、電気など何もない真っ暗のジャングルを懐中電灯だけを頼りに向かった。
ゆで卵ではなく「煮卵」でつくるタマゴサンド。
「世界一クリーンなフェス」として高い指示を受けていたフジロックに、ある異変が......。フットウエアブランド「KEEN」が「FUJI ROCK FEST...
全身に広がる壮絶な気持ち悪さに耐え、アヤワスカを吐き出した。
僕は水中にいた。魚もいない、何もない水の中。それだけの世界だった。
静けさに包まれていた森が、朝日に照らされ明るくなっていく。一仕事終わった満足げなシャーマンの顔を見て、心を込めて「ありがとう」と言った。
すでに日本でも完全に市民権を得た「プロジェクションマッピング」。駅や寺社、水族館などあらゆるものを活かした作品を多く目にしてきたが、さすがにこんなテーマは...
プーケットにある「Baba Nest」。ラグジュアリーホテルの最上階にあるこのカフェからは、パノラマの絶景を堪能できます。しかも、視界を遮る障害物はなく3...
「The Spheres」と呼ばれるアマゾンのシアトルの新オフィスには、50カ国から集められた40,000以上の植物が生息しています。その中には、“滝”ま...
「100 Books to Read in a Lifetime(生きてる間に読んでおきたい100冊の本)」は、アマゾン編集者が投票で選んだ「100冊」の...
「Miles」のユーザーは移動すればするほど彼ら独自のマイルをゲットできて、それをスタバやアマゾン、ターゲットのクーポンに交換できるようです。
高さ20メートルもあるこの“木”、コットンを手で編んでつくられたもの。ブラジル出身のアーティストErnesto Neto氏によるインスタレーションです。初...
入浴剤ソムリエの肩書を持つ、パラダイス山元さんがプロデュースした「蔓潤湯椿」。入浴剤なんてどれも同じ、と思っている人にこそ試してもらいたい逸品です。
紙粘土みたいな見た目ですが、こいつがスゴかった。
すべて「生」の野菜からできたアクセサリー。
ワインを飲んだ後、頭が痛くなったことはありませんか?アルコールを摂りすぎたことも原因ですが、ワインに含まれる酸化防止剤が原因とも言われます。酸化防止剤とは...
もう9月ですが、まだまだ「蚊」対策を怠ってはいけません。彼らが活動するのに適した温度は約25℃〜30℃と言われており、10月頃まで私達の血を求めてくるでし...
「FIRE」は温度によって髪色を変えてくれるカラーリング剤。まだ商品化されていないけれど、いつか使ってみた〜い!
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
Kate FennerさんがInstagramに投稿を続けているのは、コメント付きの虫たちのイラスト。実は、自分の幻覚や幻聴をそのまま表したものだという。...